JP1サポート技術者ブログ

JP1サポート技術者ブログ>【JP1/AJS3】本番リリースに向けた、ジョブ定義移行方法

  • ジョブ管理
2018.08.29

【JP1/AJS3】本番リリースに向けた、ジョブ定義移行方法

【JP1/AJS3】本番リリースに向けた、ジョブ定義移行方法

失敗の許されない、ジョブ管理システムの本番リリース作業。トラブル無く運用を開始するには、①開発環境でジョブ定義を作成・検証する、②ジョブ定義を本番環境へ移行する、③新しいジョブ定義に切り替えて本番運用を開始する、という3つのステップを正しい方法および手順で行っていきます。

この記事では、②の「ジョブ定義を本番環境へ移行する」際に利用するコマンドをご紹介します。JP1/AJS3 を利用したジョブ管理システムの本番稼働を予定している方、必読です。

「ユニット定義」をエクスポート/インポートする手順

JP1/AJS3のジョブグループ、ジョブネット、ジョブなどの構成情報を「ユニット定義」と呼びます。
このユニット定義を、「ajsprint」コマンドでエクスポートして、「ajsdefine」コマンドでインポートします。「ajsprint」を実行すると、ユニットの定義情報が開発環境に任意のファイル名でエクスポートされ、「ajsdefine」を実行すると、ファイルの内容に基づいて本番環境にユニットが定義されます。

以下のユニット構成を例に、コマンド実行例をご紹介します。

スケジューラーサービス AJSROOT1 配下にルートジョブグループ JobGrp_A があります。
JobGrp_A には JobNet_A1JobNet_A2 が同じ階層にあります。


ユニット定義のエクスポート方法(ajsprintコマンド)

スケジューラーサービス配下全てをエクスポートする場合

ワイルドカード「*」を指定することにより、スケジューラーサービス配下全てのユニット定義をエクスポートできます。

Windowsの場合
> ajsprint -F スケジューラーサービス名 -a /* > 任意の出力ファイル名

UNIXの場合
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsprint -F スケジューラーサービス名 -a "/*" > 任意の出力ファイル名

※スケジューラーサービス名は、上記画像の「AJSROOT1」の事になります。


ジョブグループ単位・ジョブネット単位でエクスポートする場合

コマンドオプション「-a」に、エクスポートしたいジョブグループ名、ジョブネット名を指定します。

JobGrp_A配下全てをエクスポートする場合、 -a /JobGrp_A と指定します。
JobNet_A1配下のみエクスポートしたい場合は、 -a /JobGrp_A/JobNet_A1 と指定します。

Windowsの場合
> ajsprint -F スケジューラーサービス名 -a /JobGrp_A > 任意の出力ファイル名

UNIXの場合
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsprint -F スケジューラーサービス名 -a "/JobGrp_A" > 任意の出力ファイル名


ユニット定義のインポート方法(ajsdefineコマンド)

コマンドオプション「-d」に定義先ユニット名を指定します。

スケジューラーサービス配下にインポートする場合、 -d / と指定します。
JobGrp_A配下にインポートする場合、 -d /JobGrp_A と指定します。

Windowsの場合
> ajsdefine -F AJSROOT1 -d 定義先ユニット名 出力したファイル名

UNIXの場合
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsdefine -F AJSROOT1 -d 定義先ユニット名 出力したファイル名

【マニュアル】

『JP1 Version 11 JP1/Automatic Job Management System 3 コマンドリファレンス』
○3. 通常の運用で使用するコマンド
  ajsprint
   http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3021/30213B1920/AJSO0122.HTM

  ajsdefine
   http://itdoc.hitachi.co.jp/manuals/3021/30213B1920/AJSO0097.HTM


まとめ

ジョブネットの本番リリースなど、ジョブ定義を移行する際に、ajsprint、ajsdefineは汎用的に使える便利なコマンドなので、是非ご活用ください。


製品正式名称/略称標記 および機能対象バージョン

JP1/Automatic Job Management System 3 - Manager/JP1/AJS3-Manager


JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない3,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

木原 桜子

アシスト北海道新卒2期生。札幌でJP1サポート業務に従事して4年目。後輩も増え、札幌JP1チームの中堅として日々奮闘中。

関連している記事

  • 統合管理
  • ジョブ管理
2019.04.19

【JP1/IM2】【JP1/AJS3】別環境のジョブネット同士の接続性を表示

JP1 Version 12では、別環境のジョブ同士の接続性を表示する機能が実装されました。『システムが複数あると障害がすぐに検知できない…』と困っていた方は必見!対応時間の大幅な短縮が期待できます。

  • ジョブ管理
2019.03.25

【JP1/AJS3】JP1 Version 12新機能 -稼働状況レポートの出力-

2019年1月にリリースされたJP1 Version 12の注目機能「稼働状況レポートの出力機能」をご紹介。ジョブの実行状況やスケジューラーサービスの処理量がコマンド1つで簡単に取得できます!

  • ジョブ管理
  • 統合管理
  • パフォーマンス管理
  • ネットワーク管理
  • 資産管理
2019.02.07

【JP1】Version 12の新機能一覧

2019年1月22日、統合システム運用管理製品「JP1」から3年ぶりとなるメジャーバージョン「Version 12」がリリースされました。新製品に実装された機能を紹介します。

イベント管理最適度アセスメントサービスの詳細 JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービスの詳細

ページの先頭へ戻る