TOP>ニュース/新着情報>神奈川県民共済、標的型攻撃への対策強化のため「ダブルブラウザ・ソリューション」を採用

2018年04月23日(月) お知らせ

神奈川県民共済、標的型攻撃への対策強化のため「ダブルブラウザ・ソリューション」を採用


2018年4月23日
株式会社アシスト


株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下:アシスト)が提供するクライアント仮想化製品「Ericom」(開発元:イスラエルEricom Software Ltd.)を基盤とした標的型攻撃対策「ダブルブラウザ・ソリューション」が、神奈川県民共済生活協同組合(主たる事務所:神奈川県横浜市中区桜木町、URL:http://www.kenminkyosai.or.jp/)に、情報漏えいリスク極小化の目的で採用されたことを発表します。

全国で初めて「県民共済」として神奈川県民のための共済制度の発売を開始した同組合では、組合員の個人情報をはじめ、いくつもの機密情報を厳重に管理してきましたが、年々巧妙化する標的型攻撃への更なる対策として入口対策および出口対策を強化するために「ダブルブラウザ・ソリューション」を採用しました。

「Ericom」および「ダブルブラウザ・ソリューション」に関するお問い合わせ

株式会社アシスト 仮想化事業推進室 担当:青木
TEL:03-5276-3475
Ericom詳細URL:https://www.ashisuto.co.jp/ericom/
ダブルブラウザ・ソリューション詳細URL:
https://www.ashisuto.co.jp/product/theme/virtualization/doublebrowser.html

※ 記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。


ダブルブラウザについてさらに詳しく知りたい方へ、資料プレゼント中!


ダブルブラウザ・ソリューションの基盤製品である「Ericom(エリコム)」について詳しく知りたい方向けに、関連資料を無料でご提供します。

ダブルブラウザのことがよく分かる説明資料をはじめ、Ericom製品の概要や機能について網羅的に紹介した「説明資料」や、お問い合わせの多い3つの導入規模別にまとめた「価格/構成資料」、Ericomがどのような課題解決に役立つのかまとめた「活用事例集」などダウンロードいただけます。その他、30日間無料でお試しいただける製品評価版も無料でダウンロードいただけますので、貴社のご検討状況に合わせてご利用ください。

ページの先頭へ戻る