TOP>ニュース/新着情報>アシスト、データ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata」の日本語版、販売開始

2016年10月25日(火) 製品/サービス

アシスト、データ・プレパレーション・プラットフォーム
「Paxata」の日本語版、販売開始


2016年10月25日
株式会社アシスト
広報部

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大塚 辰男、略記:アシスト)は、日本国内で総販売代理店を務めるデータ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata(パクサタ)」(開発元:米Paxata, Inc.)の日本語版を本日から販売します。

 セルフサービスBIの登場により、企業ユーザが自分自身でデータ分析を行える環境が整備されつつありますが、一方で、分析用データの収集、結合、変換、整形だけでなく、欠損値や外れ値の確認・修正といった補完作業など、分析に利用するデータの準備・品質担保作業に担当者の80%以上の工数を費やしていると言われています。さらに昨今のビッグデータ、IoT、AIといったIT技術の進展に伴い、ビジネスのデジタル化が急速に進行し、データは増大し、多種多様化していく中、企業のIT部門が社内外のすべてのデータを管理・統制し、ユーザ部門に提供していく従来のアプローチではビジネススピードに追随していくことが困難になってきています。そこで、より多くの企業ユーザが、ビジネスに直結する最新かつ高い精度のデータを、セルフサービスで準備・活用でき、IT部門の業務負荷を大幅に軽減する「データ・プレパレーション」が新たな解決策として大きな注目を集めています。

 アシストが本日から日本語版を提供する「Paxata」は、Hadoop、Sparkをベースとし、人工知能、機械学習、インメモリ、コンシューマー・エクスペリエンスといった革新的なテクノロジーを活用したデータ・プレパレーション・プラットフォームであり、全世界では大手企業を中心に50社以上の導入実績があります。「Paxata」はユーザ部門によるセルフサービスでのデータ活用に最適で、同時にIT部門の負荷軽減も実現し、全社のデータ活用に大きく貢献する次の4つの特徴を備えています。


(1) データ・プレパレーションに必要な機能をすべて搭載、コーディングが一切不要

様々な種類やフォーマットのデータソースを追加・格納、データのゆらぎを含め整備・変更、整形、フィルタリング、データ統合、生成データの活用まで、業務に応じてユーザ単位で管理・制限できます。利用したいデータはすべてスプレッドシート上に可視化され、コーディングレスかつポイント&クリックで作業できるため、データの中身を把握しているユーザ部門での利便性が高まり、IT部門における個々の細かいニーズに応じたデータ準備が不要になります。

複数データセットの結合画面例

複数データセットの結合画面例


(2) AI(人工知能)の活用

目視でデータの中身を精査し精度の高いデータへと加工していく作業は手間と工数がかかります。Paxataでは、AI技術を活用し、様々な推奨パターンをレコメンドします。例えば複数のデータセットを結合する場合、データセット内のすべての値を走査し、結合キーの組み合わせをデータのマッチ率と併せて提示したり、フリーフォーマットで書かれたデータ内容が類似している場合、類似データをすべて修正候補として提示します。これにより、ユーザは分析に適したデータを容易にかつスピーディに確定させていくことができます。

類似データのグルーピング画面例

類似データのグルーピング画面例


(3) 分散コンピューティング

膨大なデータに様々な加工を施しリアルタイムに結果を確認しながらデータセットを作り上げていく一連の処理の最適化を目的として、PaxataではSparkベースのインメモリ分散処理エンジンとデータセットを格納するストレージにスキーマレスなデータ管理が可能なHDFSを採用しています。


(4) ETL/EAIツールとの共存でデータ活用をさらに拡大

Paxataで加工した精度の高いデータをETL/EAIツールと連携させ全社で再利用可能にすることでデータ活用の拡大が図れます。


 アシストは、「Paxata」の提供を通じてデータ・プレパレーションという新しい分野を顧客企業に積極的に紹介し、ユーザ部門およびIT部門双方の生産性向上、柔軟かつ迅速なデータ活用による企業力向上に寄与していく考えです。また、「Paxata」の販売に関しては、直販に加えビジネスパートナー経由での活動に注力し、2017年12月末までに30社への導入を目指しています。

Paxataについて

Paxataのデータ・プレパレーション「処理フロー」と対応データソース


Paxataのデータ・プレパレーション「処理フロー」と対応データソース


Paxataのシステム構成


Paxataのシステム構成


販売価格


16コア 9,600,000円(使用権+サポートの年間サブスクリプション、税別)
※最小契約コア数:16コア(追加1コア:600,000円、税別)
※データ加工・変換処理を実施する「Pipeline Worker Servers」のコア数合計に対して課金

Paxata, Inc.について


CEO:Prakash Nanduri
設立:2012年
URL:http://www.paxata.com/

Paxata社は、データドリブン経営を実現するデータ・プレパレーション・プラットフォームの提供を目指して製品の開発を行っています。2013年11月に製品版をリリースして以来、幅広い業種で50社以上の企業に導入されています。

株式会社アシストについて


代表取締役会長:ビル・トッテン/代表取締役社長:大塚 辰男
設立:1972年3月
従業者数:1,070名(2016年4月現在)※グループ会社含む
本社:東京都千代田区九段北4-2-1
URL:https://www.ashisuto.co.jp/

アシストは、特定のハードウェア・メーカーやソフトウェア・ベンダーに偏らない、幅広いパッケージ・ソフトウェアを取り扱う会社です。「パッケージ・インテグレーター」として複数のソフトウェアと支援サービスにアシストのノウハウを組み合わせ、企業の情報システムを情報活用、運用、データベースを中心に、近年ではクライアント仮想化やビジネスルール管理分野も拡充し支援しています。今年も“「お客様の最高」のために”というスローガンのもと、これらの分野にさらに注力し、顧客企業の立場に立った製品選定と独自の組み合わせによる製品/サービスの提供を一層強化し、活動していきます。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報部 担当:田口、吉田
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「Paxata」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤事業部 ビジネス推進部 担当:宇野
TEL:03-5276-3653
詳細URL:https://www.ashisuto.co.jp/product/category/data-preparation/paxata/



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る