TOP>ニュース/新着情報>アシスト、オープンソース(OSS)のセキュリティ&コンプライアンス管理ソリューション「WhiteSource」を販売開始

2017年11月01日(水) 製品/サービス

アシスト、オープンソース(OSS)の
セキュリティ&コンプライアンス管理ソリューション
「WhiteSource」を販売開始

~ 導入しやすいSaaSモデルでOSSの脆弱性とコンプライアンスのリスクを回避 ~


2017年11月1日
株式会社アシスト
GDEPソリューションズ株式会社

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下、アシスト)と、GDEPソリューションズ株式会社(本社:東京都文京区、URL:http://www.gdep-sol.co.jp/ 、以下、GDEPソリューションズ)は、GDEPソリューションズが日本国内での販売代理店となっているイスラエルWhiteSource, Ltd.のオープンソース・セキュリティ&コンプライアンス管理ソリューション「WhiteSource」を、アシストが本日より販売開始することを共同で発表します。

 ビジネススピードの加速に伴い、システム開発の現場で短納期、コスト削減、高品質がますます求められる中、「アプリケーションを自前で作る」のではなく、既存のOSS(オープンソースソフトウェア)を単独または組み合わせて利用する手法が急増しています。しかし、OSSのライセンスは70種類以上と多岐にわたる中、ライセンスポリシーを順守できず訴訟リスクが発生するライセンス違反の問題やOSSの脆弱性によるセキュリティリスクなどがあり、開発中も開発後も継続して安全なOSSのバージョンかどうかを厳密に管理していかなければなりません。これを人手で対処することは至難の業であることが大きな課題となっています。

 「WhiteSource」は、プログラミング言語、開発ツール、開発環境を問わず、アプリケーションのどこにどのようなOSSが使用されているかを瞬時にレポートで可視化し、独自の膨大なOSS情報データベース(2017年10月現在で300万コンポーネント/7,000万ソースファイル、セキュリティに関する脆弱性は約23万件をカバー)と自動的に照合し、脆弱性やライセンス違反などの問題の示唆や重要度を含めた詳細、さらに解決策をリアルタイムにレポートします。また、「WhiteSource」は、SaaS型サービスにて提供され、インフラが不要なことに加え、常時最新の情報で問題を検知することができます。開発の初期段階に問題を解決しておくことで、後工程での修正の手間やコストを大幅に削減できるだけでなく、開発後の運用段階においても、継続的にセキュリティと品質を監視することで、使用しているOSSに問題が生じた場合に迅速な対応が可能となります。

 アシストはGDEPソリューションズとの強力なパートナーシップのもと、顧客企業、SaaSを含むソフトウェアベンダーなどを対象にWhiteSourceを展開し、2018年末までの販売目標として、200社への導入を目指しています。また、来る12月4日にはアシスト主催で「知らなかったじゃ済まされない!潜在するOSSリスクの対処法」と題したセミナーを開催するなどマーケティング活動も積極的に行っていきます。なお、GDEPソリューションズはマーケティング、技術サポートの両面でアシストを支援していきます。

 株式会社マインド 代表取締役社長 屋代 真吾様より以下のコメントを頂戴しています。

このたびのアシスト様、GDEPソリューションズ様の発表を心より歓迎いたします。当社は、勤怠管理を中心とした業務システム開発で培った技術を活かして、アシスト様にもご利用いただいている純国産 OSS人事・給与・勤怠ソリューション「MosP」をはじめとするITサービスを少人数精鋭で提供しております。OSS開発に伴う様々なリスクに迅速かつ継続して保守可能なWhiteSourceが広がることで、業界全体にも大きなインパクトがあり、開発生産性が飛躍的に向上するものと大きな期待を寄せております。


「WhiteSource」の機能、販売価格、関連イベント情報について

機能


(1)脆弱性・セキュリティ対策
セキュリティ確保のために、脆弱性を持つOSSの使用をWhiteSourceが指摘し、解決策を提示。
OSSを含んだ製品/システムのリリース後も、自動トラッキングとアラートを提供。

(2)ライセンス違反・訴訟リスク対策
多様なライセンスポリシーをサポートし、ライセンス情報とリスクアセスメントを提示し、リリースマネジメントを自動化。

(3)オープンソース利用の見える化
世界中のOSS情報(300万コンポーネント/7,000万ソースファイル)を12のデータベースに蓄積して継続的にアップデートしており、どこにOSSが使用されているか、コンポーネントを自動検出して、リスクも含めてリスト(インベントリーレポート)を提出。

(4)バグ/アップデート対策
重大度別にソフトウェア・バグトラッキングを実施し、解決策を提示。バグやアップデートされていないコンポーネント使用を回避。

詳細URL:http://www.whitesource.jp/

販売価格


998,000円~(税別、1年間の使用料)

※上記はWhiteSourceを利用する開発者数 10、使用しているプログラミング言語 3種類、WhiteSourceが監視するアプリケーション数 10の場合の価格です。開発者数、プログラミング言語、アプリケーション数により販売価格は異なります。

関連イベント情報


イベント出展:「IoT Technology 2017」(ブース番号 D-09)
会期:11月15日(水)~11月17日(金)
会場:パシフィコ横浜
URL:http://www.jasa.or.jp/expo/

セミナー開催:「知らなかったじゃ済まされない!潜在するOSSリスクの対処法」
日時:2017年12月4日(月)13:30~17:00
会場:アシスト市ヶ谷オフィス セミナールーム
申込および詳細URL:https://mp.ashisuto.jp/public/seminar/view/8631

ニュースリリースに関するお問い合わせ


GDEPソリューションズ株式会社 広報担当:戸波 あずさ
TEL:03-5802-7050
Email:pr@gdep-sol.co.jp

株式会社アシスト 広報担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「WhiteSource」に関するお問い合わせ


GDEPソリューションズ株式会社 営業・マーケティング本部 営業部
TEL:03-5802-7050
E-Mail:gdepsales@gdep-sol.co.jp

株式会社アシスト 社長室 担当:橋本、大井
TEL:03-5276-3621
E-Mail:ws@ashisuto.co.jp



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る