TOP>ニュース/新着情報>オカモトホールディングス、データ準備ツール「Paxata」でExcel作業から脱却!

2018年06月21日(木) 事例

オカモトホールディングス、データ準備ツール「Paxata」でExcel作業から脱却!

~ ERPシステム刷新の要となるマスターデータの名寄せやデータクレンジングを半自動化 ~


2018年6月21日
株式会社アシスト


 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下:アシスト)は、日本国内で総販売代理店を務めるデータ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata(パクサタ)」(開発元:米Paxata, Inc.)のクラウドサービス「Paxata Cloud」が、株式会社オカモトホールディングス(本社:北海道帯広市、URL:http://www.okamoto-group.co.jp/ 、以下:オカモトグループ)のデータ準備ツールに採用されたことを発表します。

 オカモトグループは、6社11カンパニーにわたる多角化事業を全国に展開しており、スポーツクラブの「JOYFIT(ジョイフィット)」やガソリンスタンドの「オカモトセルフ」、書籍を中心とする「岡本書店」など、幅広いサービスを提供する生活応援企業です。

 オカモトグループではこれまでカンパニーごとに管理していた会員データの統合を決定、名寄せやクレンジングを行ってデータを整備することになりました。また、ERPシステムの入れ替えに伴いわずかな期間でのデータ整備が急務となる中、これまでExcelを利用してデータ加工を行っていた同社では、以下のようなハードルが予測されました。

Excelでのデータクレンジング・プレパレーションの課題

  • 住所や電話番号などの半角全角の修正、値の分割などに膨大な時間がかかる
  • データの統合や名寄せは、現場では難易度の高い作業になっている
  • データの中身について、隅々まで完璧に理解しないと作業を始められない
  • 長い時間かけて苦労して実行してみたら違う結果が出てくる、それが最後にならないとわからない
  • 手作業に依存する部分が多く、属人化が進み、標準化を図れない
  • Excelを十分に使いこなせる人員が多くなく、マクロなど高度な知識を身につけ応用できない

 これらの課題を解決できる選択肢を検討したところ、外注ではデータクレンジングに数百万円の費用がかかることが判明。そこで従来どおりExcelで作業するか、自分たちでデータを準備する手法がないかを模索している時に「Paxata」を知り、導入を決めました。Paxataを採用した経緯や評価は、下記のとおりです。

Paxataの導入を決めたポイント、評価

  • 複数のデータを寄せて合わせる結合処理が瞬時に完了し、あっというまに必要なデータを準備できる
  • 専門的な知識やITリテラシーを必要とせずにすぐに使い始められる
  • データの中身を事前に理解しなくても、データの中身を見ながら直感的に扱える
  • 加工処理の結果をプレビュー画面で逐次確認できるから、最後になって違うデータが出てくるような時間と工数のロスがない
  • 処理の内容と手順を登録しておくと、次回から自動化できる

Paxataの適用業務

  • グループ全体にわたるマスタの統合、名寄せ、クレンジング
  • 経理部での入金の消し込み

(将来的には)

  • プロモーションやマーケティングのセグメント抽出
  • 国勢調査などオープンデータと組み合わせた商圏分析や顧客理解の促進


 オカモトグループでは、クラウド環境ですぐに使い始められる「Paxata Cloud」を選択し、本年4月から利用を開始しています。

 同社 副社長執行役員、兼 オカモトグループ管理統括本部長の宮原氏は、Paxataについてこのように評価されています。

「初めてアシストからPaxataを紹介された際、同席していた経理のメンバーから『社内で1週間待たせているデータ準備の案件がある』と相談したところ、データを持って来てくださいということになりました。データをPaxataに取り込んで一緒に加工してもらったところ、すぐにその場で必要なデータが仕上がり驚いたというエピソードがあります。Excelよりも簡単に、しかもExcelよりも大量のデータを扱えることに衝撃を受けました。

Excelは現場のメンバーにとって難易度が高いことも多く、ほんのわずかなつまずきがネックになって、データに向き合うのをやめてしまったり、あきらめて手作業で対応するようなことが起きがちです。Paxataなら、これまで苦労していたデータの結合や名寄せがごく初歩的な操作であっというまに完了しますから、その秀逸さを評価しています。自分たちでデータを扱えるようになれば、愛着もわくし、データの活用をよりいっそう進められます。」


ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

「Paxata(パクサタ)」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 東日本技術本部 担当:古賀
TEL:03-5276-3653
URL:https://www.ashisuto.co.jp/paxata/



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


データ準備に必要な10のポイントとは?資料のダウンロードはこちら


データの加工や結合をExcelで行っていませんか?

Excelは扱えるデータの種類や件数に制限があったり、VLOOKUPなどの複雑な関数を記述しないと必要なデータを準備ができません。企業のデータ・プレパレーションの観点から、Excelでのデータ準備を解決するポイントを「10の理由」にまとめています。


ページの先頭へ戻る