TOP>ニュース/新着情報>トウ・ソリューションズ、キユーピーグループのワークスタイル変革を支えるデータ基盤に「Paxata」を採用

2019年01月21日(月) 事例

トウ・ソリューションズ、キユーピーグループの
ワークスタイル変革を支えるデータ基盤に「Paxata」を採用

~ データ分析を始める前の「データ加工」の効率を改善し、業務をシンプル化 ~


2019年1月21日
株式会社アシスト


 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下、アシスト)は、日本国内で総販売代理店を務めるデータ・プレパレーション製品「Paxata(パクサタ)」(開発元:米Paxata, Inc.)が、株式会社トウ・ソリューションズ(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.to-solutions.co.jp/ 、以下、トウ・ソリューションズ)のデータ基盤に採用されたことを発表します。


【本リリースのポイント】

  • キユーピーグループ共通のデータ基盤を整備し、データ準備ノウハウの共有スペースとして活用する
  • データ準備にかかる工数を大幅に削減して業務をシンプル化し、ワークスタイル変革を実現する

データ分析やデータ活用が進むほど、事前のデータ準備が課題に


 キユーピーグループでは早くからデータ活用を積極的に進め、分析から導かれた結果や施策を業務改善に役立ててきました。しかし、データを活用しようとすればするほど、そのデータを準備するまでに多くの手間と時間がかかるようになり、従来から利用しているExcelではデータを思いどおりに加工できず、スピーディに分析へと進めないことが課題となっていました。

<データ加工におけるExcelの課題>

時間的制約 Excelの加工処理を行う時間を確保できず、より効率的な作業が求められる
データ量の増加 数10万件のデータを扱おうとすると処理時間が膨大となり、フリーズも頻繁に発生する
データ加工の複雑化 データによって種類や形式が異なり、データ加工が複雑化かつ高難易度化している
スキルに頼った加工 スキルに高低があり、業務時間の増大など働き方のボトルネックの要因になっている
ゼロからのスタート 毎回最初からデータを作り直す必要があり、負荷が高い

データ準備がワークスタイル変革のカギに!


 キユーピーグループでは同時期にワークスタイル変革をグループ全体で推し進めており、業務の効率化を図る「業務のシンプル化」に取り組んでいました。同グループではこの業務シンプル化の活動の基礎となる、「夢多゛採り(むだどり)活動」を10年以上前から推進しており、製品、仕事、人材を含めた品質の向上を最大の目的としています。「夢多゛採り」とは単に無駄をとるのではなく、夢をいっぱい勝ち取りたいという想いをこめた名前です。グループ内のあらゆる部門でExcelを使った手作業のデータ加工が行われ、個人の生産性が課題となっていたため、データ準備への取り組みはワークスタイル変革に直結するカギとして急ピッチで進められることになりました。


Paxataをグループ共通のデータ基盤として採用


 キユーピーグループのデータ活用戦略を主導するトウ・ソリューションズは、データ・プレパレーション製品「Paxata」の導入を決定し、データ加工にかかる作業効率の大幅な改善と、セルフサービス化とデータマネジメントを両立できるデータ基盤を整備、2018年1月よりキユーピーグループ全体で利用を開始しています。


15部門がセルフサービスでデータを準備


 Paxataの利用部門は、営業や品質保証、研究開発、管財、人事、マーケティング、ロジスティクスなど多岐にわたり、データの種類や加工内容に拠らず様々な業務で効果を発揮しています。

<Paxataを利用しているデータ準備の例>

店名マスターの名寄せ作業 店名マスターの名寄せにPaxataを活用し、町名等の登録表記のゆらぎを統一
POSデータ加工作業 POSデータ140店舗毎のExcel集計シートをテーブル化し、データ加工時間を12時間から15分に短縮して約98%の工数を削減。1週間以上かかっていたデータの準備が即日で可能になり、新鮮なデータによるタイムリーな分析を実現
社内アンケートの報告作成 Paxataのデータ分割やデータ結合の機能を活用し、Excelで60分かかっていた処理がわずか5分に短縮され、約90%の工数を削減
テストデータ作成作業 膨大な工数が必要なテストデータの作成にPaxataを活用し、作業の効率化と
高品質なデータ作成を実現


 Paxataのユーザー評価として、「これまで苦労していた大量データを簡単に扱えるようになった」、「加工前後のデータをプレビューで比較できるため、思いどおりにデータ加工を進めていける」「ピボットテーブルをテーブル形式に戻せるため、データの活用用途が広がる」、「定型のデータ加工を自動化できる」など、新しいデータ活用の手法にメリットを実感する声が数多く挙げられています。


適用範囲やデータ規模を拡大し、グループ全体への展開を目指す


 キューピーグループでは、これまで属人化され、個人のスキルに依存していたデータ準備のノウハウの共有スペースとしてPaxataを活用していきます。今後はさらにPaxataの利用業務を拡大し、機械学習やRPAとの連携をはじめ、POSデータのフル活用、社内・社外データの集約、製造ラインのIoTデータ活用といった分野において、グループ全体のデータ活用を推進していく予定です。


事例詳細URL:https://www.ashisuto.co.jp/case/industry/information/to-solutions_paxata_2019.html


Paxataについて


Paxataは、分析や機械学習に必要となるデータをスプレッドシート上のGUI操作だけで簡単にすばやく準備できるデータ・プレパレーション・プラットフォームです。これまで情報システム部門やデータサイエンティストが難易度の高い関数やスクリプトをコーディングしながら作成していたデータを、ビジネス部門のユーザーが自分たちで準備できるセルフサービスが特長です。
https://www.ashisuto.co.jp/paxata/


ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報担当:田口
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/


「Paxata」に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 東日本技術本部 情報基盤技術統括部 担当:宇野、古賀
TEL:03-5276-3653
URL:https://www.ashisuto.co.jp/paxata/




※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。


上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る