TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ビジネスルール管理(BRMS)>Progress Corticon>アメリカ医療保険制度に大変革をもたらすビジネスルール管理システム

Progress Corticon

アメリカ医療保険制度に大変革をもたらすビジネスルール管理システム

Corticon State Map

アメリカの医療保険制度改革(通称:オバマケア)により、政府からの医療給付と、身近な医療保険が実現しました。この制度によりアメリカ保健福祉省において、州レベルでの受給資格の決定方法が大きく変わりましたが、その裏では最先端のビジネスルール管理システムが導入されています。

メディケイド(低所得者・身体障害者向け公的医療保険制度)のような政府出資による医療保険受給者が、更に多くなったことは素晴らしいことです。その反面、受給資格システムのルール変更を実際に行う政府機関にとっては問題です。連邦政府がメディケイドのような事業を規制する一方で、各州は事業を管理する責任があり、受給資格を決定するための独自ルールを別途有しているからです。そして厄介なことに、受給資格の一連のルールを定期的に変更されます。その結果、援助に遅れが出る場合があり、公的支援が必要な人々に計り知れない影響を与える可能性があります。

ビジネスルール管理システムが広まった経緯

医療保険制度改革(通称:オバマケア)では、州が市民のメディケイド認定に利用する受給資格システムを最新化する必要がありました。このタイミングでビジネスルール管理システムが導入され、レガシーシステムと手作業が同居、自動化し、柔軟に受給資格が正確かつ効率的に認定されるようになったのです。

この事実を受け、連邦政府は社会福祉機関が市販のルールエンジンを購入し各州の規則を再利用することを促すため、奨励金を提供しました。その結果わずかな費用で多くの州がルールエンジンを購入し実装することができたのです。そして、多くの州は、この技術を医療給付の受給資格のためだけでなく、生活保護、食料援助、児童保護など多様な福利厚生事業の「総合的な受給資格」のために使い始めています。これらの総合的な受給資格システムは州にも市民にも多大な効果をもたらしました。

Progress Corticonの導入効果

現在、20の州がProgress Corticon(プログレス コーティコン)を受給資格システムの一部として使用しています。Corticonを使うことにより、連邦政府や州政府から要求された刻々と変化する受給資格要件をシステムへ簡単に反映できます。以前の多くのシステムと異なり、Corticonは複雑なビジネスルールを変更するために綿密なコーディングを必要としません。Corticonがあれば、州の機関が変更を素早く行えるだけでなく、コードを書き直すために必要な費用も削減します。

ルールは常に変化するもの

医療以外にも、刻々と変化する受給資格の要件に翻弄されながら運用を行わざるをえない政府事業はいくらでもあります。いずれにせよ、受給資格システムの柔軟さを保つことが、大衆の満足とミスの減少を大きく後押しするでしょう。

Corticonのような、医療保険制度改革(通称:オバマケア)の奨励金で購入された新しいシステムの使用を広げることで、全体的に手作業でコーディングする必要性を低減することができるため、政府機関は長期的にコストを削減することにもなります。

ルールというのは常に変化するものです。これらの変化に効率よく対応する技術が求められ、作業の単純化や市民へのより良いサービス提供に貢献するためにビジネスルール管理システムが注目され始めています。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る