TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>HPE Unified Functional Testing>事例>QuickTest Professionalで定型業務の自動化を!

HPE Unified Functional Testing

QuickTest Professionalで定型業務の自動化を!

なぜ機能テストツールで定型業務の自動化が図れるのか

QuickTest Professionalは、ユーザ操作を正確に記録/再生し、機能テストと回帰テストを自動化するツールです。
このキャプチャリプレイツールとしての特性を日々発生する定型業務に応用することで、データ登録やデータのメンテナンスなどの処理を自動化できます。

QuickTest Professionalによるデータ登録の流れ
(クリックで拡大します)


バッチでの処理は不都合な場合が多い

単純にバッチ処理でデータを登録/変更すればいいのでは、という疑問もあるかと思います。しかし、以下の理由から、バッチが組みにくいケースが多くあります。

  • 内部統制上、バッチによるデータ変更を禁止されている
  • パッケージ製品を導入しているため、内部構造が把握できず、プログラムが組めない
  • バッチでの書き換えによる、データ不都合トラブルが起きないかが心配

新規にデータを登録するケースですと、データが何も入っていない状態のため、バッチで登録も可能ですが、データのメンテナンスやデータの保証などを考えると、アプリケーション画面からの登録が確実です。
このような理由のため、QuickTest Professionalを活用いただいている事例が多数あります。


特にデータ登録での活用による効果が抜群

定型業務の自動化においては、データ登録やデータメンテナンスなどのケースで効果が得られやすいです。下図は、マスターデータの登録作業の実績値を示しています。

データ登録自動化における費用対効果(クリックで拡大します)

手入力処理で実施すると、1ヶ月以上も工数がかかると見込まれていたものが、QuickTest Professional を活用することで、約1週間でデータ登録が完了した事例もあり、自動化による効果は抜群です。

日次や月次処理などの定型業務が発生する場面がある場合は、ぜひQuickTest Professionalで自動化してみませんか?

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る