TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>HPE LoadRunner>技術情報>Adobe Flex の負荷テストは LoadRunner でしっかり対応!

HPE LoadRunner

Adobe Flex の負荷テストは LoadRunner でしっかり対応!


RIA(Rich Internet Application)の代表的な技術の1つである、「Adobe Flex」にフォーカスを当て、負荷テストツール LoadRunner の対応状況、及び操作性についてご紹介します。

AMF バイナリ通信も LoadRunner で対応!
リクエストのパラメータ化も可能!

Adobe Flex の AMFバイナリ通信と負荷試験ツールの問題

これまでの HTML ベースのアプリケーションでは比較的クライアントとサーバ間で流れる通信データが増大する傾向にありました。Adobe Flex は、クライアントとサーバ間の通信データ圧縮を実現しており、AMF によるバイナリ通信によって、ネットワークパフォーマンスの向上を実現しています。

業務オペレーション時の http 通信データをキャプチャし、スクリプト化する仕組みの負荷試験ツールが多く、この場合バイナリデータがそのままスクリプト化され、ユーザからのリクエストデータをパラメータ化できません(例:ログインIDや商品コードなどの POST データ)。
つまり、負荷試験の要件を満たすことができないケースがあります。

httpのみではバイナリデータのスクリプト


AMF バイナリ通信を XML で可視化!視認性の高いスクリプト

LoadRunner の Flex 仮想ユーザは AMF のバイナリ通信に対応しており、クライアントとサーバ間の通信データを XML 形式にて可読性の高いスクリプトを生成します。これにより、ユーザからのリクエストデータを自由にパラメータ化することが可能になります。リクエストデータをユーザごとに可変にすることで、本番環境と同等の通信を再現させ、圧縮効果の妥当性やサーバパフォーマンスを事前に把握することが可能になるのです。

XML形式のスクリプト

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る