TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ソリューション>ENISHI>ENISHI実践ソリューション>ENISHIインフラ構成管理ソリューション

ENISHI

ENISHIインフラ構成管理ソリューション

ENISHIインフラ構成管理ソリューションとは

構成管理情報の統制を図るための器を「つくり」、必要な情報を適切なタイミング、頻度で「貯め」、必要な時に他プロセスで利用可能なように「つなぐ」。全てのオペレーションの基本情報として有効な構成管理情報を「活用する」ために、インフラ構成管理をステップアップしていくためのソリューションです。

システム運用の土台(構成管理基盤)のステップアップによる運用改善の実現

課題

  • 人依存、個別管理
  • 構成管理情報は、管理者ごとにばらばらに管理されているので、インシデント発生時のシステムに対する影響調査や対応に活用したくても活用できない。
  • 人依存、管理負荷
  • 構成管理は、共通の項目を一元的に管理しているが、更新作業などマンパワーに依存するケースが多く、負荷が高い。また、常に最新状態とは限らず、必要なときに活用できない。
  • 障害対応プロセスの統一
  • 構成管理は、共通の項目を一元的に自動化して管理しているが、障害対応(インシデント管理)やシステムの変更と連動していないため、効果的に活用できない。

改善

  • 構成管理情報を一元化できるようにし、全社で統制された状態に改善する。担当者間での構成情報の共有やシステム上の変更作業の影響度合いなども把握できるようになる。
  • 構成情報が、自動的かつ定期的に最新化されるような仕組み作りを行う。システム環境と管理情報のGAP期間を最小化し、活用できる情報としての鮮度を保つようにする。
  • インシデント対応や変更作業など、他プロセスで利用可能なように連携を図り、構成管理だけでなく、他管理プロセスの効率化、品質向上に活用できるようにする。

構成管理情報連携キット「CIコネクタ」

構成管理情報連携キット 「CI(Configuration Item)コネクタ」は、JP1で自動採取したサーバ類の構成情報をHP Service ManagerのもつCMDBに自動的に取り込みます。また、JP1がもつインベントリ属性などもCMDB取り込み時に自動でマッピングされます。

構成管理情報の採取及びCMDBへの反映を自動化することで、インシデント対応や変更作業などの時に必要な情報が常に最新の状態で保持され、インシデントや変更作業などの影響範囲を即座に把握することもできるようになります。

構成管理情報連携キット 「CIコネクタ」

関連製品/サービス

JP1

JP1は、国内トップシェアを誇る統合システム運用管理ソフトウェアです。システムの自動化や稼働性能監視、資産管理等を統合的に 行うことができます。JP1のことなら、実績豊富なアシストにご相談ください。

  • システム全体の監視、ジョブ運用等の一元管理を実現
  • システム規模に合った最適な投資で開始可能
  • 様々なプラットフォームに対応

詳細へ

HP Service Manager software

HP Service Manager softwareは、運用管理のプロセスを体系化し、各プロセスの情報を一元化、共有することで、正確性、効率性、確実性、信頼性のあるITサービスの提供を支援するソフトウェアです。

  • 利用者に負担を掛けないシンプルな操作性
  • 自社に最適な環境に簡単にカスタマイズ
  • 全世界で選ばれるつづける信頼性

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る