TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>システム運用管理>HPE SiteScope>技術情報>HP SiteScopeの便利な「0ポイント」モニタたち

HPE SiteScope

HP SiteScopeの便利な「0ポイント」モニタたち

SiteScopeは、監視項目の数に応じて課金されるというポイント制ライセンスを採用しています。実はモニタの中には必要なライセンスが「0ポイント」のモニタがいくつか存在します。

これらの「0ポイント」モニタを活用いただくことで、複数監視モニタを組み合わせることができ、より便利に監視を実行できます。
SiteScopeの「0ポイント」モニタの種類はいくつかありますが、本ページでは既存ユーザ様でもよく活用されている、「eビジネストランザクションモニタ」について、ご紹介します。

eビジネストランザクションモニタ

概要

複数のモニタを順番に実行させることができるモニタ

活用メリット

個々の監視モニタは独立して動作するため、監視を順序づけることは出来ませんが、eビジネストランザクションモニタを活用することでビジネスロジックに合わせた順序のある監視を行うことが可能です。

活用例

~ECサイトの「お問い合わせ」フォームの監視~

  • URLシーケンスモニタでWeb上のフォームから「お問い合わせ」を実施し正常に受付完了ページが表示されることを監視。
  • データベースクエリモニタで、お問い合わせデータが登録されたことを監視。
  • メールモニタで、受付された事がユーザに通知されるメールが送信されることを監視。

設定手順

eビジネストランザクションモニタの実行頻度に応じて、定義された順番に複数モニタが実行されます。

手順1.eビジネストランザクションモニタの設定例
(クリックで拡大します)

eビジネストランザクションモニタの設定完了
(クリックで拡大します)

eビジネストランザクションモニタ設定後のモニタ実行
(クリックで拡大します)



他の0ポイントモニタ

他にも「0ポイント」のモニタには、コンポジットモニタ、フォーミュラコンポジットモニタがあります。

コンポジットモニタ

概要

任意の複数のモニタの監視ステータス(エラー・警告・正常)のパーセントをレポートしてくれるモニタ

活用メリット

単体での発生は問題のないエラーでも、複数同時にエラーが発生すると問題となる事象を迅速に検知することができます。

フォーミュラコンポジットモニタ

概要

任意の2つのモニタの監視結果を加減乗除し、計算結果を得られるモニタ

活用メリット

データベース監視やネットワーク機器のSNMP監視を行っている際、単純に得られた値を監視するのではなく、その値から比率などを計算しないと監視として意味を成さないケースがあります。このモニタを利用することでそれらの値を導き出し、アラートとして設定することができます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る