TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Citrix XenDesktop / XenApp>製品情報>Citrix保守に関する新サービスオプション「LTSR/CR」のご案内

Citrix XenDesktop / XenApp

Citrix保守に関する新サービスオプション「LTSR/CR」のご案内

従来のCitrix製品は、メジャーバージョンごとにライフサイクル(EOM/EOL)を設定し、それぞれの時期に応じた不具合修正を提供していましたが、2016年1月11日のCitrix Summit 2016にて、保守に関する新サービスオプション(LTSR/CR)が発表され、同日より提供が開始されました。


新サービスオプション「LTSR/CR」とは

Long Term Service Release(以下、LTSR)
 -長期間にわたって安定運用を志向するリリース
 -正式リリースから5年間のメインストリームサポートと、5年間の延長サポート(別途有償契約が必要)を提供する
 -不具合修正は、定期的に提供される累積アップデート「Cumulative Update(以下、CU)」にて実施される
 -新機能は、次期のLTSRにて実装される
 -入手にはソフトウェアメンテナンスが必要

Current Release(以下、CR)
 -従来に比べ、短いサイクルで新しい機能や価値を実装するリリース
 -ライフサイクルは、従来どおりメジャーバージョンごとに設定される
 -不具合修正は、次期のCRにて実装される(バージョンアップが必要)
 -入手には、SA(Subscription Advantage)またはソフトウェアメンテナンスが必要
   (ただし、弊社とサポート契約される場合は、SAではなくソフトウェアメンテナンスが必要)

  • お客様は、お持ちの保守契約に応じてLTSR/CRが選択可能です。
  • LTSR/CRは、お客様が利用するバージョンにより決定されます。
  • 2016年1月11日以前に出荷されたバージョンは、今後もバージョンごとに設定されたライフサイクル(EOM/EOL)に基づいて、
    それぞれの時期に応じた不具合修正が提供されます。
  • 本サービスに関する詳細は、Citrix社サイト をご覧ください。

アシストの推奨

Citrix製品の取り扱い経験とお客様の運用事例を考慮した結果、アシストは以下の理由から、LTSR対象バージョンの選択を推奨します。

理由①
最大5年間のメインストリームサポートが保証されており、システム計画が立てやすいです。メインストリームサポート終了後も5年間の延長サポートプランがあります(延長サポートは別途契約が必要)。

理由②
不具合修正は、同バージョンでCU(累積アップデート)という形式でリリースされます。バージョンアップの必要がないため、新機能追加によるデグレード等のリスクが低減でき、安定運用が可能です(CRの場合、不具合修正は次期のCRに含まれバージョンアップが必要)。

1.LTSR/CRのサービスオプション比較

LTSR CR
必要な保守契約 ソフトウェアメンテナンス※1 SA※2、またはソフトウェアメンテナンス
ライフサイクル 正式リリースから5年間のメインストリームサポート+5年間の延長サポート※3 従来の製品ライフサイクルポリシー(詳細
不具合修正 CUにて提供※4 提供しない(次期のCRで修正)
リリーススケジュール 12~24ヶ月 3~9ヶ月
新機能の実装 提供しない(次期のLTSRで実装) 提供しない(次期のCRで実装)

  • ※1 SA(※2)とメーカのサポートを統合したもの。
  • ※2 Subscription Advantage。バージョンアップ権。
  • ※3 5年間の延長サポートには、別途有償の契約が必要。
  • ※4 リリース目安は3~9ヶ月。

2.LTSR/CRのリリースサイクル

release_image

3.LTSR/CRの適用バージョン

LTSRは「ver7.6 LTSR」以降から、CRは「ver7.7」以降から適用されます。


●7.6LTSR CU1で適合されるコンポーネント一覧

コンポーネント バージョン 備考
VDA for Desktop OS 7.6.1000
VDA for Server OS 7.6.1000
Delivery Controller 7.6.1000
Citrix Studio 7.6.1000
Citrix Director 7.6.1000
Group Policy Management Experience 2.5.1000
StoreFront 3.0.1000
Provisioning Services 7.6.2
Universal Print Server 7.6.1000 以下のみ対象
・Windows 2008 R2 SP1
・Windows 2012
・Windows 2012 R2
Session Recording 7.6.1000 Platinum Editionのみ対象
  • 7.6LTSR CU1互換コンポーネントや対象外コンポーネントなど詳しい情報は、Citrix社サイト をご覧ください。

Citrixについて詳しく知りたい方へ

gaiyo

Citrix XenDesktop/XenAppの違い、アシストの実績・サポートについてご覧いただけます。

seihin

Citrixの構成図、エディション、システム要件、サポート情報等をご覧いただけます。

jirei

Citrixの導入実績についてご覧いただけます。

trial

Citrixの無料評価版のお申し込みはこちら

seminer

関連セミナーのお申し込みはこちら




中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る