アーキテクチャ

WebFOCUSの仕組み
- データを「価値」となる「情報」としてユーザーに届ける -

WebFOCUSは、企業活動に伴って蓄積される様々なデータを、あらゆるユーザに提供します。

WebFOCUSによって、それぞれの役割や立場の利用者が、利用シーンに適した表現で情報を活用できるようになります。

WebFOCUSの仕組み

WebFOCUSアーキテクチャ

利用者から要求される定義にそって、各データソースからリアルタイムにデータを取得します。

取得したデータを、必要な形に加工/レイアウトし、利用者側へ出力します。

WebFOCUSアーキテクチャ

※利用可能なデータソースについては、データソースページを参照してください。

※WebFOCUS TurboV の詳細については、WebFOCUS TurboVを参照してください。

アプリケーション開発イメージ

最も高度で柔軟性が高いアプリケーションは、レポート開発者が開発・提供します。

レポート開発者やエンドユーザーが作成したレポートは、
リポジトリDBで共通コンテンツとして管理して、ポータル上で公開設定を実施します。

アプリケーション開発イメージ

※エンドユーザーのレポート作成はWebブラウザから実施します。

※最も高度な開発を実施できるIDEである「App Studio」は、開発者が使用するPCへ設定します。

 PCに必要な要件についてはシステム要件ページをご覧ください。

アプリケーション実行イメージ

レポート開発者やエンドユーザーに開発されたアプリケーションは、ポータル上で公開され、
各利用者へ適切な権限やアクセス権、提供手段によって提供されます。

アプリケーション実行イメージ

開発者、エンドユーザーが作成したレポートやアプリケーションは、共通コンテンツとして利用できます。