価格&ライセンス

WebFOCUSの価格の考え方と、
ライセンス体系についてご紹介します。

WebFOCUSのライセンスは、CPU(core)単位で、
ユーザー数は無制限。
全社規模での利用はもちろん、
顧客や取引先向けのサービスとしても
活用していただけます。
WebFOCUSなら、将来の展開を見越した予算計画を可能にします。

ライセンスエディション

利用規模やニーズに合わせて最適な選択をしていただけるよう、
3つのエディションをラインナップしています。
お客様の課題や環境にあわせて最適なご提案をさせていただきたいため、
詳細価格についてはお問い合わせください。

WebFOCUS EVO Suite

Premium

セルフサービスから、業務レポートの提供、モバイル活用まで、すべての機能を利用できます。
多種多様なアプローチで、あらゆるユーザーの意思決定ニーズを満たす基盤として利用したいお客様に最適です。

6コア~
WebFOCUS EVO Suite

Standard

セルフサービスや業務レポートの配信など、幅広い情報展開を可能にします。
パワーユーザの数が多く、現場の業務効率の向上を目指すお客様に最適です。

4コア~
WebFOCUS EVO Suite

Select

レポーティング、ガイデッドなど、ユーザーの業務に必要な機能を中心に利用できます。
ユーザーの業務オペレーションに沿った情報参照アプリケーションを提供したいお客様に最適です。

2コア~
  • すべてのエディションに、開発/ステージング環境のライセンスが含まれています。
  • 3種類のRDBMSデータソースに接続できるアダプタが含まれています。
  • 「WebFOCUS EVO Suite」は、パッケージの総称です。

グループ会社での利用について

資本関係が50%を超えていればグループ会社間、関連会社間でも利用・環境の共有が可能です。

インターネット環境での利用について

社外の顧客やビジネスパートナーへのサービス提供の一環として、 WebFOCUSで作成したアプリケーションをご利用いただけます。
有償サービスの一部コンテンツとして利用する場合も、WebFOCUSとしては特別な課金はありません。
WebFOCUSを利用したサービスを提供する場合は、提供元の社内で保有するデータを社外へ提供することが前提となるため、顧客やパートナーのデータを受け取って運用することはできません。

ライセンス体系

利用環境や投資方針などのニーズに合わせて最適な選択をしていただけるよう、
2つのライセンス体系をご提供しています。
お客様の課題や環境にあわせて最適なご提案をさせていただきたいため、
詳細なライセンス体系についてはお問い合わせください。

パーペチュアルライセンス

永続的な使用権を購入することで、ソフトウェア資産として保有していただくことができます。

初年度の購入費用、および、年間保守費用が必要となります。年間保守費用は、初年度より必要です。年間保守費用をお支払いいただくことで、サポートサービスのご利用が可能となります。

サブスクリプションライセンス

利用期間に対して費用をお支払いいただくことで、期間限定で使用権をご利用いただくことができます。

ソフトウェア資産の購入費用ではなく、利用料として利用期間中の費用をお支払いいただくことで、ソフトウェアをご利用いただくことができます。ご利用期間中は、サポートサービスのご利用か可能となります。

  • サブスクリプションライセンスは、「WebFOCUS EVO Suite」が対象です。
  • サポートサービスの詳細については、サポート&サービス を参照してください。