TOP>事例>金融/証券/保険>Progress Corticonの導入により生命再保険引受における97%の疾患をルール化

Progress Corticonの導入により生命再保険引受における97%の疾患をルール化

トーア再保険株式会社

導入製品/サービス…
Progress Corticon  


トーア再保険様 Progress Corticon導入事例

国内唯一の総合再保険専門会社として、損害再保険と生命再保険の両事業を展開するトーア再保険では、生命再保険の引受査定業務を効率化するため、自動査定システムを構築。ルールエンジンにはProgress Corticonを採用し、290疾患の査定ルールを登録。対象となる疾患の97%の査定標準をルール化しました。今後は、ノウハウの蓄積や共有を進め、さらなる査定品質の均一化、標準化、効率化に取り組んでいく方針です。

トーア再保険株式会社

導入のPOINT


1. Progress Corticonを中核とした生命再保険の引受自動査定システムを構築
2. 専門知識の浅い事務担当者にもルールに基づく査定が可能となり査定者の負担が軽減
3. 査定負荷軽減により創出された時間で査定者がセミナー講師を担当するなど企業価値の向上に貢献

課題

  • 生命再保険の引受査定は特殊かつ複雑な業務であり、1件あたりの処理にも時間がかかっていた
  • 査定者は人員が限られている上、商品開発サポートなど引受査定以外の業務にも対応する必要があった
  • 再保険会社間の契約獲得競争が厳しくなる中で、回答時間の短縮も含めた競争力の強化が求められていた

対策

  • 自動査定システムのルールエンジンとしてProgress Corticonを導入
  • 290疾患の査定ルールを登録、引受査定を自動化
  • 査定ルールの容易な登録/変更を実現

効果

  • 専門知識の浅い事務担当者にもルールに基づく査定業務が可能となり、査定者の負荷が軽減
  • 査定者が査定以外の業務にも注力できるようになったことで、顧客支援という新たな企業価値を創出
  • 査定業務の効率化に加え、ノウハウの蓄積/共有/査定品質の均一化にも寄与

システム概要イメージ


システム概要


PDFダウンロード

本事例をまとめたPDF資料を今すぐダウンロードいただけます。印刷や社内共有等にご活用ください。


会社名 トーア再保険株式会社
概要 総合再保険専門会社として、国内で唯一、損害再保険と生命再保険の両事業を展開。顧客となる保険会社(元受会社)のニーズへ柔軟に対応しながら、社会や人々の安心を支えている。
本社 東京都千代田区神田駿河台三丁目6番地
設立 1940年10月
資本金 50億円
従業員数 329名(2015年3月現在)
URL http://www.toare.co.jp/
取材日 2015年9月

関連製品/サービス

Progress Corticon

Progress Corticon(プログレス コーティコン)は、全世界40カ国で採用されているビジネスルール管理システム(BRMS)特化型ソフトウェアです。Corticonは複雑なビジネスルールをビジネス運用の”ありのまま”の姿で表現できるBRMSで、業務の専門家とIT部門の協調を促し、企業に競争力と柔軟性をもたらします。

  • 100%コーディングレス
  • 1クリックでルールの論理性を自動検証
  • DeTIアルゴリズムによる優れたパフォーマンス

詳細へ

事例に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

ご興味のある事例がございましたら、お気軽にお問い合わせください。より詳しい情報をお届けします。

ページの先頭へ戻る