Database Support Blog

  • Oracle Database
  • Exadata
2022.06.28

こんなのあったんだ!Exadataの便利ツール ExaWatchar・Exachkをご紹介

Exadataは大規模なデータベースマシンのため、運用や監視に労力がかかります。EMCCを始め統合管理ツールも多く存在しますが、Exadataにデフォルトで実装されている便利なツールを用いることで、より効果的な運用につなげられます。便利なツールExaWatchar・Exachkを詳しくご紹介します。

  • Oracle Database
2022.06.21

マルチテナントのPDB数はどう見積もる?最適なエディション選択と検討のヒント

マルチテナント構成Oracle Databaseに採用され早数年が経過。21c以降の従来構成廃止に伴い、19cが従来構成もテナント構成の両方を選べる最終バージョンに。従来構成維持とテナント構成変更を思案する方に向け、「PDBの最適数」に焦点を当てバージョンアップ後の構成を考えてみます。

  • AWS
2022.06.14

Amazon Redshiftとは?特徴や料金、使い方を徹底解説

データ活用のために「Amazon Web Services(AWS)」を利用されるお客様が増加しています。本稿では、AWSでデータ活用を行う際には欠かせない「Amazon Redshift」にフォーカスし、の特徴や料金、使い方まで幅広くお伝えします。

  • PostgreSQL
  • EDB
2022.05.25

アシストがPostgreSQLグローバル開発グループのSponsor一覧に掲載されたので、中の人に話を聞いてみた!(前編)

アシストは2009年からPostgreSQLのプロダクトサポートを開始、2010年に日本PostgreSQLユーザー会への協賛会員として参画、2012年にPostgreSQL エンタープライズ・コンソーシアムに参画しています。現在JPUGで活躍する田中・喜田の両名がどのような活動をしているのか2回にわたってお届けします。

  • Oracle Database
  • Oracle Cloud
  • PostgreSQL
  • AWS
  • Exadata
2022.05.24

入社2年目がレポート!Cloud Database Days 2022技術セッションの見どころ

2022年5月26日~6月3日に開催される「Cloud Database Days 2022」。その中でも10個に分かれた技術セッションについて、ポイントを押さえてそれぞれご紹介いたします!

  • その他
2022.05.24

【Cloud Database Days 2022】視聴ガイド

2022年5月26日~6月3日に開催される「Cloud Database Days 2022」。動画はどのように視聴するのか簡単にご説明します。

  • Oracle Database
2022.05.20

Oracle Databaseライセンスの定義とルールを正しく理解する ~第3回:仮想化環境編~

今回はOracle Databaseライセンス「仮想化環境編」です。これまでエディション、ライセンスの種類、カウントの方法、という基本的な内容を説明してきましたが、より構成に踏み込み、「ハードウェア分割の基本的な考え方」や「仮想化環境の考慮点」=Soft Partitioning理解のポイントを説明しします。

  • AWS
2022.05.19

AWS Organizationsとは?その仕組みと実現できること、ユースケースを解説

AWSアカウントはセキュリティ観点からシステムや本番/検証/開発環境毎に分離することが推奨されています。しかし、AWSの利用が進むとアカウントが膨大となり、管理統制の問題が顕在化します。本稿ではこうした課題を解決するAWSサービス「AWS Organizations」について幅広く解説します。

  • Oracle Database
2022.04.27

DBエンジニア厳選!DB基盤に効果的なOracle EE基本機能5選

DB基盤刷新を検討中の方に向けてOracle Database Enterprise Editionの『基本機能』をご紹介します。プリセールスエンジニアとしてお客様とお話をしながらよく聞くお悩みや課題をベースにOracle Database歴15年の筆者が独断で選出したおすすめ機能をランキング形式でご紹介します。

  • Oracle Cloud
2022.04.14

【Oracle Cloud】opcユーザー以外のssh接続を許可する方法

Oracle Cloud上にComputeインスタンスやDBシステムを構築すると、システム管理者ユーザーであるopcユーザーが作成されますが、お客様の中にはopcユーザー以外からSSH接続を必要とするケースもあるかと思います。今回は、opcユーザー以外のユーザーからSSH接続を行う方法をご紹介します。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. 6
  7. 7
  8. 8
  9. 9
  10. 10

NEXT

XID周回問題はもう怖くない アシストwebinar ウェビナー 開催予定 アシストサポートセンターのご紹介

ページの先頭へ戻る