JP1サポート技術者ブログ

JP1サポート技術者ブログ>【JP1/AJS3】検証環境と本番環境で同じ実行エージェント名を使用することで、移行作業にかかる負荷とミスを大幅に軽減!

  • ジョブ管理
2019.12.23

【JP1/AJS3】検証環境と本番環境で同じ実行エージェント名を使用することで、移行作業にかかる負荷とミスを大幅に軽減!

【JP1/AJS3】検証環境と本番環境で同じ実行エージェント名を使用することで、移行作業にかかる負荷とミスを大幅に軽減!

JP1/AJS3では、ジョブの実行先として実行エージェント名という論理的な値を設定します。実行エージェント名と実際にジョブを実行するサーバ名をマッピングすることで、指定のサーバでジョブを実行します。実行エージェント名にはサーバ名を指定することが多いと思いますが、検証環境と本番環境で異なる実行エージェント名を使用している場合、ジョブ定義移行時に毎回変更する必要があり、また入力ミスのリスクもあります。そこで今回は、検証環境と本番環境で同じ実行エージェント名を使用することで、リスクなく移行する方法をご紹介します。


構成

今回は以下のように本番環境の「HONBAN-AP」サーバと「HONBAN-DB」サーバを、検証環境の「KENSYO-APDB」サーバが兼任している構成を例に挙げます。検証環境で確認したジョブ定義をそのまま本番環境に移行する運用を想定しています。
※ 定義移行に関しては、 コチラ のブログを是非参照ください。


設定方法

実行エージェント名を本番と検証で以下のように同じ名前にし、実際にジョブを実行するサーバ名にそれぞれ紐づけます。

環境 実行エージェント名 実行サーバ名
検証環境 HONBAN-AP KENSYO-APDB
HONBAN-DB KENSYO-APDB
本番環境 HONBAN-AP HONBAN-AP
HONBAN-DB HONBAN-DB

〇検証環境のJP1/AJS3-Managerで実行するコマンド

【Windowsの場合】
> ajsagtadd -a HONBAN-AP -s KENSYO-APDB
> ajsagtadd -a HONBAN-DB -s KENSYO-APDB

【UNIX系の場合】
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsagtadd -a HONBAN-AP -s KENSYO-APDB
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsagtadd -a HONBAN-DB -s KENSYO-APDB

〇本番環境のJP1/AJS3-Managerで実行するコマンド

【Windowsの場合】
> ajsagtadd -a HONBAN-AP -s HONBAN-AP
> ajsagtadd -a HONBAN-DB -s HONBAN-DB

【UNIX系の場合】
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsagtadd -a HONBAN-AP -s HONBAN-AP
# /opt/jp1ajs2/bin/ajsagtadd -a HONBAN-DB -s HONBAN-DB

※「KNAC1123-E」のエラーが出力される場合は、 コチラ のブログを確認して対処をしてください。


上記設定をすることで、下図の動作をします。

検証環境と本番環境で同じ実行エージェント名を使用する事で、移行時にはジョブ定義の変更をする必要がなくなるため、作業ミスが軽減されます。


まとめ

上記の方法はサーバ更改時などでも活用できるため、物理的な作業ミスの軽減に加えて、ミスできない本番環境への移行作業やサーバ更改時における精神的な負荷軽減の一助になれば幸いです。


製品正式名称(略称表記) および機能対象バージョン

JP1/Automatic Job Management System 3 (JP1/AJS3) 09-00以降


JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない3,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

2007年7月アシストに中途入社し一貫してJP1の顧客サポートを担当。「JP1サポート技術者ブログ」の編集リーダー。「JP1認定シニアコンサルタント」の資格保有者。このブログでは、知って便利な情報を紹介したいと思います。

休みの日は、家族の食事を毎食作り、子どもと一緒に遊んでいます。
最近はホットヨガにはまってます。

本田 祐次

関連している記事

  • ジョブ管理
2019.07.29

【JP1/AJS3】起動条件付きジョブネットの滞留を解消する3つの方法

ジョブの実行遅延を防ぐ! 起動条件付きジョブネットの滞留時に、コマンドを利用して簡単に解消する方法をご紹介します!

  • 統合管理
  • ジョブ管理
2019.04.19

【JP1/IM2】【JP1/AJS3】別環境のジョブネット同士の接続性を表示

JP1 Version 12では、別環境のジョブ同士の接続性を表示する機能が実装されました。『システムが複数あると障害がすぐに検知できない…』と困っていた方は必見!対応時間の大幅な短縮が期待できます。

  • ジョブ管理
2019.03.25

【JP1/AJS3】JP1 Version 12新機能 -稼働状況レポートの出力-

2019年1月にリリースされたJP1 Version 12の注目機能「稼働状況レポートの出力機能」をご紹介。ジョブの実行状況やスケジューラーサービスの処理量がコマンド1つで簡単に取得できます!

JP1オペミスを防ぐ9Tips資料ダウンロード イベント管理最適度アセスメントサービスの詳細 JP1/AJS3ジョブ定義アセスメントサービスの詳細

ページの先頭へ戻る