TOP>ニュース/新着情報>アシストとイーセクター、「RPA」分野で協業

2017年09月26日(火) 製品/サービス

アシストとイーセクター、「RPA」分野で協業

~ RPAと推論型AIの融合により真の「働き方改革」の実現へ ~


2017年9月26日
株式会社アシスト
株式会社イーセクター

 株式会社アシスト(本社:東京都千代田区、URL:https://www.ashisuto.co.jp/、以下:アシスト)と株式会社イーセクター(本社:東京都渋谷区、URL:https://www.esector.co.jp/ 、以下:イーセクター)は、アシストが取り扱う推論型ルールエンジン「Progress Corticon」(開発元:米国Progress Software Corporation)とイーセクターが販売する開発型ソフトウェアロボット「ROBOWARE(ロボウェア)」を組み合わせて「RPA」分野で協業することを発表します。
※ RPA(Robotic Process Automation) ソフトウェアロボットによる業務プロセスの自動化

 日本政府が推進する「働き方改革」は、労働人口の減少や長時間労働は国を挙げて解決すべき問題であるとして、業種・業界を問わず様々な企業の取り組みを求めています。中でも「長時間労働の是正」は最優先課題とされ、その要因となる業務の属人化や非効率さ、標準化の遅れなどが問題視されています。その解決方法として定型作業の自動化が挙げられますが、作業の自動化だけでは、業務の属人化を生み出す「判断の属人化」を解決することはできません。

 それを解決するのが「ROBOWARE」がもたらすソフトウェアロボット化による手作業の自動化と、推論型AIによる判断の自動化です。推論型ルールエンジン「Progress Corticon」は、データベース化された情報(ビジネスルール)に基づき、人間がある基準に従って行う意思決定まで自動化するため、「ROBOWARE」との組み合わせにより、業務プロセス全体の効率化に大きく貢献し、真の意味での「働き方改革」を実現します。

 今後両社は、「RPA」にさらなる付加価値を提供する本協業を積極的に推進します。

 本協業の詳細情報は下記URLをご参照ください。
https://www.ashisuto.co.jp/product/theme/bi/aedan_rpa.html

 また、来る2017年10月27日に『ひとの「手」と「脳」の再現による業務の完全自動化 ~ RPAと推論エンジンで実現するデジタルレイバーの世界 ~』と題したセミナーにて、本リリースにある「RPA」ソリューションを紹介します。

開催日時:2017年10月27日(金) 15:00~17:15
会場:株式会社アシスト 本社セミナールーム(東京・市ヶ谷)
主催:株式会社アシスト
協賛:株式会社イーセクター
URL:https://mp.ashisuto.jp/public/seminar/view/8256

「Progress Corticon」について


Progress Corticonは、ディシジョン・オートメーション・プラットフォーム「AEDAN(えいだん)」の要素技術として位置付けているディシジョン・オートメーション・エンジンです。ビジネスルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができ、開発や変更に費やされる作業時間を大幅に短縮します。

「ROBOWARE」について


ROBOWAREは、コンピュータでの操作をソフトウェアロボット化させるフレームワークソフトウェアです。各企業や組織に特有の独自業務処理を、その環境に合わせて自動化します。

ニュースリリースに関するお問い合わせ


株式会社アシスト 広報担当:田口、岡部
TEL:03-5276-5850
URL:https://www.ashisuto.co.jp/contact/press/

株式会社イーセクター 管理グループ 担当:春日井
TEL:03-5789-2443
E-Mail:ESrabbit@cec-ltd.co.jp

本協業に関するお問い合わせ


株式会社アシスト 情報基盤技術統括部 担当:小林誠、遠藤
TEL:03-5276-3653
Progress Corticon概要:https://www.ashisuto.co.jp/corticon/

株式会社イーセクター セキュリティ事業グループ 担当:小村
TEL:03-5789-2443
E-Mail:ESECinfo@cec-ltd.co.jp



※記載されている会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。
※ニュースリリースに記載された製品/サービスの内容、価格、仕様、お問い合わせなどは、発表日現在のものです。
 その後予告なしに変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



上記リリースのPDF版は、以下のリンクよりダウンロードいただけます。


ページの先頭へ戻る