TOP>製造現場の知識伝承を効率化する具体策とは

製造現場の知識伝承を効率化する具体策とは

製造現場の「知識伝承」を効率化する具体策

製造業における業務課題の1つとして、昨今の労働力減少を背景とした「生産指標の共有」や「事象の定量把握・対処方法の共有」といった「知識伝承」が挙げられます。ところが、具体的な解決策がわからず現状維持にならざるを得ない、といった企業も多いのではないでしょうか。そこで本ページでは、「知識伝承」に関するよくある課題と、それを解決する方法「Qlik Sense」についてご紹介します。

◎このページの目次




製造現場における「知識伝承」の3つの問題

生産指標を共有できない

改善会議等で必要な生産指標をその場で直ぐに表示できないことはありませんか?「レポート」という管理方法の古さが原因です。

事象を定量把握できない

言葉で記録された設備停止等の事象を定量把握できず、改善に役立てられないことはありませんか?言葉を単語に分解して、集計できていないのが原因です。

事象への対処方法を共有できない

事象への対処方法をベテランから新人へ伝えるのに苦労してはいませんか?定量・定性データから連想される対処法を見る方法がないのが原因です。



これら、知識伝承に関する3つの問題は「Qlik Sense」で解決できます。

矢印

3つの問題を解決する「Qlik Sense」とは

Qlik Sense は、会議の場で必要な生産指標を工程・時間・製品の軸ですぐに確認できるツールです。また、事象説明文を単語に分解したデータを読み込み、定量評価する事が可能です。さらに、その事象への対処方法も「連想技術」で自動的に表示できます。

3つの問題を解決するQlik Senseとは




3分でわかる!「Qlik Sense」の紹介動画はこちら




ここからは、知識伝承に関する3つの問題を
Qlik Senseでどのように解決するのかご紹介します。

矢印

Qlik Senseで「生産指標を共有できない」を解決!



現状でも、生産指標レポートを作成されているかと思います。しかしそれでは、改善会議中に話題となった部分がすぐに表示できず、過去の推移が把握しづらいのではないでしょうか。その結果、ベテランから新人へ生産指標を共有する時間もかかり、質も低下しかねません。

Qlik Senseなら、全てのデータをメモリーへ格納する独自技術によって、数千万件からの生産指標計算がわずか数秒で完了します。会議中に必要となった生産指標を瞬時に表示し、参加者同士で共有できます。

Qlik Senseで「事象を定量把握できない」を解決!



現状でも、設備停止等の事象を記録簿に残されているかと思います。しかしそれでは、各担当者がそれぞれの言葉で表現するため定量的に把握しづらいのではないでしょうか。仮に、言葉を単語単位に分解できたとしても集計が大変です。

Qlik Senseなら、独自の連想技術によって単語を辞書で分類し、その集計結果を生産指標と組み合わせて画面に表示させ、事象を定量把握できます。

Qlik Senseで「事象への対処方法を共有できない」を解決!



現状でも、事象に対する対処方法をベテランから新人へ文書で伝えられているかと思います。しかしそれでは、文章量も多く適切な対処を見つけるのに時間がかかります。

Qlik Senseなら、連想技術によって、事象から連想される対処方法を即座に表示します。さらに関係する生産指標も同時に連想されますので、ベテランから新人に対して事象への対処方法を生産指標を踏まえて共有できます。


Qlik Senseによる「知識伝承」のメリット

知識伝承のツールにQlik Senseを使うと、以下のメリットが得られます。

3つの問題が本当に解決できるのか事前に判断できます

製造現場における3つの問題(生産指標を共有できない・事象を定量把握できない・事象への対処方法を共有できない)が本当に解決できるのかは、重要な観点です。現在、改善会議等で利用されているデータがあるかと思いますが、それらのデータが理想通りに可視化でき、業務に役立つかどうかの判断は実際に試してみなければわかりません。Qlik SenseはDesktopという無償評価版とオンラインマニュアルをご用意しています。現在ご利用されているパソコン上でもお試しいただけるため、貴社のデータを実際に取り込み、知識伝承のインフラとしてQlik Senseが活用できるかどうかを事前に確認いただけます。



新たな問題へも柔軟に対応できます

製造現場の問題は、日々変化します。この変化へ適合するには、文字・数値・画像等のデータを適材適所のシステムで処理しなければならず、各システムのデータを簡単に統合できる柔軟さが求められます。加えて、知識伝承に必要な分析要件の変化に応じて、視点を変える柔軟さも必要です。Qlik Senseなら、連想技術によって、「簡単に統合できる」と「視点を変える」という2つの柔軟性を実現します。


オープンソースとの連携でスモールスタートできます

知識伝承に役立つオープンソース系のソフトは多数存在し、進化し続けています。例えば、言葉で書かれた事象を単語単位で分解(形態素解析)するソフトもオープンソースで提供されているため、導入当初はスモールスタートで開始し、導入効果を見ながら徐々に運用範囲を広げていくことも可能です。


知識伝承の課題を解決する「Qlik Sense」のセミナー・ダウンロード資料のご案内

セミナーへ申し込む


『Qlik Senseを活用したIoTデータ分析体験セミナー in名古屋』

製造業の生産性や品質の向上には、増え続けるIoTデータの分析が不可欠です。

そこで本セミナーでは、1億件のセンサーデータの傾向を判断して、異常値を見つけ出す過程を体験いただきます。大量のデータでも瞬時に値を集計できるQlik Senseを是非実機でご確認ください。

※PC台数に限りがあるため、1社2名様までのお申込みとさせていただきます

Qlik Sense体験セミナー

資料をダウンロードする

『視覚化による知識伝承の方法
 Qlik Sense実践デモンストレーション資料』



製造現場の知識伝承という課題をQlik Senseでどのように解決するのか、製品概要から活用イメージまでをまとめた資料です。どなたでもご自由にダウンロードいただけますのでご利用ください。

資料の内容について、直接貴社に伺ってご説明することも可能です。

ダウンロード資料

問い合わせをする


製造業の「知識伝承」の課題を解決するQlik Senseに関して、以下の要望がありましたら問い合わせフォームよりお気軽にご連絡ください。

□ 製造業の事例がもっと知りたい
□ Qlik Senseの製品概要、費用感が知りたい
□ Qlik Senseの無料評価版が欲しい
□ Qlik Sense活用相談会を開催して欲しい
□ とにかく直接会って相談にのって欲しい


問い合わせ



Qlik製品は多くの企業様にご採用いただいています


株式会社千代田グラビヤ

株式会社千代田グラビヤは、Excel依存のデータ活用から脱却し、情報の可視化や情報共有を強力に推進する新たな情報分析プラットフォームが不可欠であると判断してQlik Senseを採用されました。

株式会社千代田グラビヤ

日本ウォーターシステム株式会社

日本ウォーターシステム株式会社は、お客様先で稼働する透析用水作製装置のログデータを分析し、予防保全の強化への取り組みのためにQlik Senseを採用されました。

日本ウォーターシステム株式会社

ページの先頭へ戻る