アシストブログ「ファン!アシスト」

アシストブログ「ファン!アシスト」>在宅勤務中のランチ事情

  • ワークスタイル
2020.06.12

在宅勤務中のランチ事情

在宅勤務中のランチ事情


新型コロナの影響で3月末より在宅勤務生活となり、緊急事態宣言が解除となっても、アシストでは50%程度の出社率を目安とした勤務形態が続いています。

そこで地味に悩ましいのが、在宅勤務時の「お昼ご飯」!!
食は生活の基本とは分かっていますが、今まで会社近くのランチを日々堪能していた身としては、三食自宅飯はなかなか辛いものがあります。

ということで、今回はアシスト社員の日常を覗いてみようと、リレー形式で在宅勤務中のランチについてレポートしました。

ランチで炎上、おにぎりパーティで回避。
(マーケティング・広報課 仲谷 靖洋さん)


当初は家族揃っての食事を楽しんでいたのですが、休校になって家にいる子供たちと、徐々にメニューで折り合わないという課題が発生。例えば、「暑いから、冷やし中華だな」「えー、オムライスが食べたい」「天ぷら蕎麦は?」「んじゃ、ハンバーグ」「……」など。そんな不満を口にしたところ、「毎日三食のメニューを考えて作る方がよっぽど大変じゃー!(怒)」と奥さんを炎上させました。そりゃそうでした。

というわけで、「各自、好みの具材を好きなだけ入れておにぎりを作って食べようぜー」と提案してみたら、イベント要素もあってなかなか楽しめました。ちなみに具材の一番人気は、ふるさと納税の返礼品で届いた北海道白糠町の「いくら」です。マイブームは「コンブ+焼タラコ」です。

当日、せっかくの「イベント」なので、衝動買いで届いたルクルーゼでご飯を炊いたら思いのほか美味しくて、「もう炊飯器には戻れない!」とチームのチャットルームで呟いてみたら、課のメンバー(福岡の越智さん)が一言、「大丈夫ですよ。どんなにおいしくたって、そのうち炊飯器に戻ります。経験済みw」。はい、その通りでした。というわけで、鍋での炊飯はさておき、おにぎりパーティはおススメです!

おにぎりパーティ


お次は、お茶目でキュート、素敵なランチを紹介してくれそうな名古屋の大石さん、お願いします!

ランチは時間と味が勝負!週末も利用して下準備!
(中日本支社 技術部 大石 佐代さん)


我が家は夫婦そろってアシスト社員。子供は4歳。保育園も登園自粛となり、 毎日3食3人分作り続け…… 5月に入った頃、ようやくこの生活リズムも確立されてきました!

\ポイント/
・ ランチは、時間と味が勝負!12:00から15分でお昼を用意します。(お湯は11:55から沸かしておきます。)
・週末に献立ノートをつけて、買い物→材料は切って冷凍保存しておきます。(これは同僚からのアドバイスです)

\我が家のテレワークランチ Top 3/
1位:3食そぼろ丼
お弁当気分で子供が確実に完食!
 
2位:マルちゃん正麺醤油味+モヤシ炒め
5月、スーパーでは常にマルちゃん正麺醤油がすぐ売り切れました。トッピングが豪華です。

3位:トマトソースのバターパルミジャーノ
トマトジュースで作るパスタ。「ラ・ベットラ」落合務シェフの本の通りに作るだけ。簡単なのに、ものすごぉく美味しい。落合シェフ、ありがとう!!
テレワークならでは!? ニンニク使い放題! ベランダのバジルも入れられます。

\ランチタイムの楽しみ/
時々、Zoomランチをするのも楽しみの1つでした。お互いの子供同士が顔をあわせられるのもテレワーク期間ならではのランチタイムですね。

3食そぼろ丼

マルちゃん正麺醤油味


お次は、いつも元気なバレリーナ、東京の立山あきさんお願いします!

女子の要望を満たしてくれるお手軽BBQランチ
(東日本技術本部情報基盤技術統括部 プログレス推進部 立山 あきさん)


私は完全テレワークでしたが、主人はほぼ毎日出社だったので、ランチタイムは毎日思春期真っただ中の中学生の娘と2人。2人分とはいえ、お昼休みの1時間で準備して、食べて、後片付けまで完了するというのはかなり大変です。我が家には食器洗浄機もないのですから。

「準備や片付けには手間かけず、食べる時間をしっかり確保し、楽しいランチ時間を過ごせるにはどうすれば良いか?」を考えた結果、思いついたのが「ベランダでホットプレートランチ」。

ベランダにバーベキュー用のテーブルと折り畳み椅子を出して、延長コードでホットプレートをつないで、お肉や野菜を焼くだけ。朝のうちに野菜は茹でておき、お肉も薄切りにすれば火の通りも早いので、すぐに食べられます。ノンオイルなので、「カロリーの高い食事は嫌」という思春期女子の要望も満たしてくれる、我ながらナイスアイデア!

ホットプレートランチ

特別なメニューでもなく、場所を外に変えただけですが、やっぱり太陽の下でごはんを食べるって楽しいね!と普段より娘との会話も盛り上がった気がします。

「ベランダご飯、またやりたいね。でも日焼けしたくないからパラソル欲しいね。」
これは思春期女子、アラフォー女子共通の要望です。

おしゃれなランチとは真逆と思われる、ザ・関西人の山本良之さんにつなぎます!どんなランチタイムを過ごしているのか、コワいけどのぞいてみましょう。

40代独身男のランチ事情なんてだれが興味あんねん!!
(西日本支社営業統括部 山本 良之さん)


「40代独身男のランチ事情なんてだれが興味あんねん!!」って突っ込まれるのは承知で紹介します。

せっかくのテレワーク、ステイホームに加えてステイヘルシーも意識して、ランチ休憩の40分間は散歩するように心がけております。
食事については、もっぱら散歩帰りに立ち寄るコンビニメニューです。
(広報にも念押ししましたよ!コンビニ弁当の自分でほんまにいいの?!って!)

ってことで、お薦めコンビニメニューベスト3です。

1位:コスパ最高「海苔弁当」
2位:たまには食べたくなる「カップ麺」、特に「カップ焼きそば」
3位:せっかくの散歩を台無しにしないために「豆腐そうめん」&「ささ身サラダ」

<追伸>
散歩する機会が増え、「花を愛でる心」が自分にあることに気づきました。
皆様もテレワークにより、新たな自分に出会えることを願っております。

コンビニ

お次は、九州の変わり者、川上さんにつなぎます。奇想天外なメニューが見れるかも!

最後はやっぱりコレしかない……
(西日本支社技術統括部 九州技術部 川上大さん)


食に対して特別な関心がない私ですが、この期間中だからこそ色々なモノにチャレンジしました。

まずはよく聞く「自炊」を始めてみましたが、才能がない事を理由に挫折。
次に、味を求めて「宅配」を試しましたが、すぐに食べれないストレスから断念。
手軽さを求めて「コンビニ弁当」にするも、昼時の人混みでの買い物は面倒。

それから色々とありましたが、今では、ストックも出来、手軽に食べれて、安心感のある味の「カップ麺」に救われています。中でも「日清食品 カップヌードル」は偉大だなと改めて思いまして、今ではそればかりを食べています。たまに、レトルトカレーを一緒に食べるランチ時間に小さな幸せを感じています。

カップヌードル


“食”を愉しんで!


ランチの定番を作ったり、特別なランチを楽しんだり、それぞれのこだわりが見える紹介でしたね。先日、広報部でもカップヌードルが話題に。シーフード味にカレー粉を入れるのがおいしいよ!、トマトチリにモッツァレラチーズもはずせないです、とちょい足しで盛り上がりました。

アシストでは、社員および社員の家族に食べ物の大切さを知ってもらい、健康な生活を送るために「農業部検討プロジェクト」を発足していたりと、“超サポ愉快”であるために健康は欠かせないと考えています。

栄養バランスなども考える必要はありますが、それ以上に食は楽しむことが一番!

まだまだ在宅と通勤を併用しての勤務が続きますので、無理なく好きなものをおいしく、時にはちょっとの愉しさをプラスして、これからくる夏も乗り越えていきましょう!

関連している記事

  • ワークスタイル
2020.06.08

コロナで外出自粛、営業はどう動いたのか?

新型コロナの影響で働き方の転換が急務となった「営業」の仕事。アシストも例外ではありません。そんなとき、営業はどう動いたのでしょうか……?

  • ワークスタイル
2020.06.02

お客様と社員を守る!アシストの新型コロナ対策

アシストでも、“超サポ愉快”であるために、お客様と全従業員の安全、感染拡大防止を最優先に考え対応してきました。今回は、緊急事態宣言解除までアシストがどのような対策・取り組みを行ってきたのかご紹介したいと思います。

  • ワークスタイル
2020.05.20

リモートでもチーム力。オンライン飲み会やってみました!

チームプレーをモットーとするアシスト。緊急事態宣言発令からテレワークが続く状況で、コミュニケーション機会が激減!皆、どうしてるの?ストレスたまってない?たまには何でもない雑談を楽しみませんか?ということで、「オンライン飲み会」やってみました!

ページの先頭へ戻る