TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ディシジョンオートメーション>Progress Corticon>Progress Corticon 機能

Progress Corticon

Progress Corticon 機能

Corticonの特徴

ひとは目や耳など人間機能により認知した情報に対し、どのように行動すべきか知能で処理しています。

Progress Corticonは、ひとの知識をモデル化し、認知情報に対するアクションを自動化するためのAIです。

企業に於いては、蓄積された業務ノウハウや順守すべきルールをCorticonに「宣言」すれば、いとも簡単にその業務を自動化することができます。

Corticonの特徴

特徴1.誰にでもわかりやすい、直感的な操作性「Corticon Studio」

  • 業務語彙で知識を表現。誰が見てもわかる
  • フローとエクセルライクな表で、認知情報に対する処理の仕方を表現
  • フローで処理順序を整理。知識はルールとして事実のみ「宣言」

特徴1

特徴2.知識を様々な視点で自動評価「論理チェック」

  • ルールの欠損を自動検知し、抜け漏れのない完全なルールを作成
  • 気づきにくいルールの論理矛盾を自動検知し、曖昧性を排除したルールを作成
  • 判断要素間の関連性を自動検知し、正しい実行順序でアクションを実行

特徴2 - 01


特徴2 - 02


特徴2 - 03

特徴3.モデルの妥当性確認を即実行できる「テスト」

  • 画面やデータベースがなくとも、即モデルのテストが可能
  • ルールシートの単体テスト、複数のルールシートを包括したフローの統合テストが可能
  • 想定される出力と実際のテスト結果の差分を出力

特徴3

図:Corticonテスト画面

外部テストデータの利用や回帰テストには、 Best tools for Corticonが便利です。

特徴4.プログラミングなしに即構築できるAI実行環境「Corticon Server」

  • プログラミングなしにAI実行環境を即構築
  • 知識を表で管理、即反映を実現するAIシステム
  • 1コアで約50同時多重処理を実現するDETIテクノロジー

特徴4

図:Corticonシステム概要図

1,サーバ環境
 Corticon Serverは、J2EEまたは.NETサーバ上で稼働するアプリケーションです。

動作環境はこちらをご覧下さい。

2,標準プロトコル(REST/SOAP)採用
 Corticon Serverへの情報認知は、シンプルな標準プロトコルまたはインプロセスで実施します。JAVA、PHP、VB.NETやパッケージソフトなど、標準プロトコルをサポートする言語やパッケージソフトとの容易な接続を実現します。

インプロセスのの技術解説は、こちらをご覧下さい。

特徴5.データベースへの透過的アクセスを実現する「Enterprise Data Connector」

  • ディシジョンとデータを統合し、情報認知からアクションまで一連の処理をモデルとして管理
  • メジャーなデータベースをサポート
  • SQL言語レス

特徴5

図:Corticon Enterprise Data Connector(EDC)概要

Corticonならば、ディシジョンとその入出力となるデータを結合し、一連の処理を「モデル」として表現することができます。これにより、ディシジョンとデータは分離されず、データベースの入出力処理やチェック機能の散在といった今までのITシステムの弱点が一気に解決され、AIシステムのメインテナンス性が大幅に向上します。

Corticon Enterprise Data Connector(EDC)の技術解説はこちらをご覧下さい。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る