TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データ連携(ETL/EAI)>DataSpider Servista>製品情報>ユーザ会レポート2017大阪

DataSpider Servista

ユーザ会レポート2017大阪

今回は、メーカであるセゾン情報システムズ社より「DataSpiderの最新事例とロードマップのご紹介」、アシストから「アシストの『超サポ』でDataSpiderを120%活用いただく方法」、そしてユーザ様同士で交流をして頂く「座談会」の3本立てでユーザ会を実施しました。

セッション1


画像2
株式会社セゾン情報システムズ HULFT事業部 脇野 寛洋様

2017年夏にリリースされたDataSpider4.1の新機能とDataSpiderの今後のロードマップについてご講演頂きました。
まずV4.1は「IoT連携プラットフォーム」というコンセプトのもと、「開発工数削減」に繋がる機能を中心に強化したとの説明からスタートしました。
その上で、「見積支援」「開発支援」「テスト支援」の3つについて新たに追加された機能を詳細にご説明頂きました。スクリプトのバージョン間の差異を確認できる機能、Mapper内でのログ出力機能、テスティングフレームワーク機能などは興味をお持ちのお客様も多かったようです。また、今後のロードマップについてもお話頂きました。
お客様からは、「V4.1の新機能が理解できてよかった」「テスティングフレームワークについて参考になった」といった感想を頂きました。

セッション2


画像3
株式会社アシスト 情報基盤技術統括部 技術3部 課長 小林 良平

まずアシストの「超サポ」のコンセプト、実績、体制をご紹介した上で、サポート契約に含まれるサービス内容(技術サポート、バージョンアップ版の提供、技術情報配信など)についてご紹介しました。

Webでログイン可能なAWSC (Ashisuto Web Support Center)についてもご紹介し、よくお問い合わせされる内容をまとめた「FAQ」検索が可能である点や、最近よくある問合せとして「マウント機能」「メモリ設定」を例にあげて、解決方法についてご説明しました。

お客様からは、「アシストサポートセンターはメール・電話だけだと思っていたが、FAQがあるのは知らなかったので活用したい」といった感想も頂きました。

ユーザ会セッション 情報交流会(座談会)


画像4

4グループ18名の皆様で、各社のDataSpiderの活用方法や苦労したポイントなど、実際の業務利用シーンでの実体験について、ユーザ様同士で聞いてみたいことを上げて頂き、ざっくばらんに意見交換して頂きました。

まずは自己紹介から開始しました。この1年で導入頂いた方、スクリプト開発を担当されている方からDataSpiderで構築されたシステムの運用を引き継いだ方まで多種多様な携わり方をされている皆様にお集まり頂きました。
続いてお1人ずつ紙とペンをお渡しし、実際にDataSpiderをどのように使われているか、図を描いて頂きました。皆様、とても絵がお上手で、いろいろな使い方をご紹介頂きました。
更に、参加者の皆様に事前にお伺いしていたアンケート項目の「他社に聞いてみたいこと」で頂いていた質問に、その場で回答を作成頂きました。
「どのような場面でDataSpiderをご利用頂いているか」については、EDIシステムとの連携や、kintoneと社内の各システムとの連携、Notesとの連携、基幹システムと受発注システムとの連携など、様々な利用シーンにおいてDataSpiderを活用頂けており、特にExcel読み取り/書込みやメール機能を有効活用頂いているケースが多いように見えました。
「どういった方がDataSpiderで開発をしているか、何名程度か」という質問に対しては、2~3名程度のIT部門の方が内製で開発をしているケースが最も多く、一部のお客様では入社1年目の方がDataSpiderで開発しており、多くのスクリプト開発をしているものの特に問題は発生していないといった声もありました。
また「再起動のタイミング」については、「定期的に再起動」「年数回のメンテナンスのタイミング」といった方もいれば「1日1回」という方までバラバラでした。Javaで稼働するため再起動が必須と思われている方もいたようですが、実際には再起動を頻繁にしなくても安定稼働している方が多いようです。
その他の意見としては、「開発標準作成の重要性」や「性能を更に改善するには?」といった議題を挙げられている方もおられ、限られた時間ではありましたが皆さん活発に意見交換されていました。


画像5

その他、エンハンスの要望もいくつか頂きました。

・Studioが遅いケースがあるので、何とかして欲しい
・Sharepoint連携が出来るようにして欲しい
・PDF変換機能があると便利
・JSON形式の変換をもう少しだけシンプルに出来ると嬉しい

メーカーの開発担当者も同席している場での意見交換で、様々な要望を頂き、アシストとしても次の機能拡張に向けフォローしてまいります。 また来年も第3回DataSpiderユーザ会を実施する予定ですので、今回都合が合わずご参加頂けなかった方にもぜひご参加頂き、より有益な情報を得て帰って頂けるような場を提供できればと考えております。

画像6






ページの先頭へ戻る