TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>ID管理>LDAP Manager>機能>メタディレクトリのメンテナンス

LDAP Manager

メタディレクトリのメンテナンス

メタディレクトリ内のユーザ情報管理には、人事異動や組織変更などの際に、一括で処理する場合(一括処理)と、日々発生する個別の変更に対応する場合(個別処理)があります。一括処理の場合には、マスター・データの取込み機能で対応が可能です。個別処理のためには、管理者用、エンドユーザ用のそれぞれのメンテナンス機能があり、使い勝手を重視した専用のWebベースGUIを用意しています。

管理者用メンテナンス機能

管理用GUIから、メタディレクトリ内のユーザおよびグループ情報の追加、更新、削除ができます。

  • テキストボックス、コンボボックス、チェックボックス、参照項目、非表示項目、パスワード etc.

管理者用Webメンテナンス画面

LDAP Manager管理者によるメタディレクトリ管理イメージ

メタディレクトリ管理イメージ

管理権限設定例

管理権限設定例

エンドユーザ用メンテナンス機能

エンドユーザ自身が、Webブラウザからパスワードや登録情報を変更することができるため、管理者の管理負荷が軽減されます。また、パスワード・ポリシー・チェックを適用することにより、高いセキュリティを維持することができます。

エンドユーザ用メンテナンス画面

エンドユーザ用メンテナンス画面

エンドユーザによる登録情報変更イメージ

エンドユーザによる登録情報変更イメージ

パスワードの有効期限警告機能イメージ

パスワード有効期限が近づいたユーザに、メールで通知することができます。

  • 設定日(期限何日前)にメールで警告。メール文中にURLを記載し変更をナビゲート。
  • ユーザWebメンテナンス画面よりパスワードを更新LDAP Managerが有効期限を再設定。

Webオペレーションログ機能

各種Web画面の操作に関してより詳細な操作ログを自動取得できるようになります。
例えば、「管理者があるユーザの情報を画面に表示したり検索結果をCSVファイルに出力した」という、メタディレクトリに登録されているデータを変更しない操作も記録出来るようになります。

  • 対象となるWebツールは下記になります。
     ●管理者メンテナンスServlet
     ●利用者プロファイルメンテナンス
     ●管理者ポータル
     ●IDワークフロー
     ●操作ログオプション

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る