TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>情報漏洩対策

情報漏洩対策

アシストでは1985年、メインフレームセキュリティ対策製品の販売開始から30年以上に渡り、お客様の状況や課題に合わせた情報セキュリティ向上をご支援してきました。引き続き最新の外部脅威(標的型攻撃)や内部脅威(内部不正)に対し、情報漏洩対策として様々なレイヤーからセキュリティリスクへの対応をカバーしています。



(1)ゲートウェイ対策要お問い合わせ

(2)サーバ保護 アクセス制御、ログ取得 (CA Privileged Identity Manager)/ファイルサーバ暗号化 (秘文)/データベース保護 (PISO)(Oracle Database 12cセキュリティ機能

(3)クライアント保護 暗号化、持ち出し制御、ファイル不正流出防止、無線アクセスポイント制御 (秘文) /マルウェア検知・防御 (FFR yarai(要お問い合わせ))/仮想化 (Ericom

(4)ログ管理、分析 マルウェア監視 (BlackDomainSensor)/統合ログ管理(Logstorage)/ログのレポーティング(LogRevi)

(5)ID管理 特権ID管理、申請/承認ワークフロー (CA Privileged Identity Manager)/ID棚卸 (ID棚卸キット)/統合ID管理(LDAP Manager )

(6)IT資産管理 IT資産管理 (JP1資産管理) (Hitachi IT Operations Director)/運用自動化 (HPE Operations Orchestration)/テスト自動化(HPE Unified Functional Testing)

取り扱い製品/サービス一覧

秘文

秘文は、様々な場面における情報漏洩リスクから企業を守るセキュリティ・ソフトウェアです。情報を暗号化し、不正な利用を防止する紛失・盗難対策をはじめ、各種デバイスやメール添付ファイル、Webアップロードなどによる情報の持ち出しを制御します。

  • 実績豊富なセキュリティ対策 (暗号化/持ち出し制御)
  • PC、メール、Webからスマートデバイスまで幅広く対応
  • 1ライセンスから購入可能なライセンス体系

詳細へ

CA Privileged Identity Manager(旧 CA ControlMinder)

CA Privileged Identity Managerは、OSユーザのアクセス管理を行なう製品です。アカウント管理、アクセス制御、アクセスログの取得などにより、重要なデータやアプリケーションを保護します。

  • OS機能では不可能な特権IDのアクセス制御を実現
  • 監査対応に有効な詳細で解りやすいアクセスログ
  • 特権/共有ID管理を低コストで実現

詳細へ

Hitachi IT Operations Director

Hitachi IT Operations Directorは、企業内のIT資産とPCのセキュリティを管理し、企業のコンプライアンス対応を支援する、オールインワンの簡単PC/セキュリティ管理ツールです。

  • マニュアル無しで使いこなせる操作性
  • シンプルでリーズナブルな価格体系
  • 90日間無料で使える体験版もダウンロード可能

詳細へ

PISO

PISOは、データベースのアクセスログを取得し、不正アクセスを即座に発見できるデータベース監査ツールです。パフォーマンスに影響を及ぼすことなく、正確なログを取得できます。

  • Oracle DBへのアクセスを記録・監査
  • 不正なアクセスに対する柔軟な警告
  • パフォーマンスに影響を与えずSQL全文を取得

詳細へ

情報漏洩対策についてのお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る