TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>品質強化対策>Unified Functional Testing>事例>Adobe Flex環境のテストもUnified Functional Testingで対応!

Unified Functional Testing

Adobe Flex環境のテストもUnified Functional Testingで対応!

RIA(Rick Internet Application)の代表的な技術の1つである、「Adobe Flex」にフォーカスし、機能テストツールUnified Functional Testingの対応状況、操作性についてご紹介します。

Flex環境におけるUnified Functional Testingの優位性

Flex 開発環境である、Flex Builder には、Unified Functional Testingのアドイン(Flex アドイン)が付属された状態で Adobe 社より提供されています。
この点からも Flex 環境における機能テストにおけるUnified Functional Testingの優位性が見受けられます。

設定/スクリプト作成/メンテナンス性に対する利点

Flex アドインを使用することで、HTML ベースのアプリケーション等と同等の視認性、及び拡張性の高いテストスクリプトを作成できます。

Unified Functional Testingスクリプト画面(クリックで拡大します)


また、Flex コンポーネント(部品)は、Flex オブジェクトとして管理されるため、アプリケーションのバージョンアップやオブジェクトの移動などが発生した場合も、スクリプトを修正/再作成する必要はありません。
他の開発環境と同等の操作性、メンテナンス性を維持できます。当然、検証項目(Unified Functional Testingチェックポイント)の設定も同様です。

検証項目(チェックポイント)設定画面(クリックで拡大します)


このように、Unified Functional Testingは次々に業務アプリケーションとして採用される新技術に追随する開発体制をとっています。ぜひ今後の動向にもご注目ください。


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る