TOP>セミナー/イベント>開催報告>マイナンバー制度セキュリティ対策ソリューション展示会 出展報告

マイナンバー制度セキュリティ対策ソリューション展示会 出展報告

ESC 2015 SPRING 出展報告(Progress Corticon)

2月19日(木)に、株式会社イーセクターが主催する、ESECTOR SECURITY CONFERENCE 2015 SPRING に出展し、Progress Corticonのデモ展示とミニシアターでのプレゼンテーションを行ないました。

この展示会は、2016年1月から導入されるマイナンバー制度に対応するシステムの情報セキュリティ対策ソリューションを一同に集めた国内最大規模のプライベート展示会です。ビジネスルール管理システム(BRMS)Progress Corticonは、システム上で新規マイナンバー照合および既存システムの改修のための開発検証支援ソリューションのひとつとして出展しました。

ミニシアター風景

ミニシアター風景

マイナンバーなど法令で定めれたルールに対応するシステムの構築や改修は、早く、確実に、行わなければなりません。さらに、詳細の発表が施行の直前であったり、実施後のルール変更等も起こりえます。当日のミニシアターでは、そのような場合にビジネスルール管理システム(BRMS)が如何に有効かを、アメリカ医療保険制度(通称オバマケア)対応に多くの州で採用され、実績をあげているProgress Corticonを例にご紹介しました。

また、多くの来場者に、直前に控えているマイナンバー制度対応だけでなく、システムの高速開発に有効なProgress Corticonのデモを熱心にご覧いただきました。

アシストブース風景

関連製品/サービス

Progress Corticonは、世界各国500社以上で利用されているビジネス・ルール管理システム(BRMS)です。ビジネス・ルールの変更をコーディングレスでシステムに反映することができ、開発や変更に費やされる作業時間を90%も短縮します。

BRMSに関するその他の記事


Facebookで情報をお届けしています

Facebookでは、アシストの「今」を週3回のペースでお届けしています。「めげない、逃げない、あまり儲けない」を合言葉に日々頑張っておりますので、応援よろしくお願いします。



ページの先頭へ戻る