JP1サポート技術者ブログ

JP1サポート技術者ブログ>【JP1/IM】既知のエラーを自動で「対処済み」に変更する

  • 統合管理
2017.05.31

【JP1/IM】既知のエラーを自動で「対処済み」に変更する

【JP1/IM】既知のエラーを自動で「対処済み」に変更する

「対処不要の既知のエラー」を毎回確認して「対処済み」にするのは大変ですよね。
今回は、そんな面倒な作業から解放される自動的に既知のエラーを「対処済み」に変更する方法をご紹介します。

重要イベントに「既知のエラー」が表示されると紛らわしい

JP1をご利用の皆様は、JP1/IMコンソールの「重要イベント」タブに表示される「エラー」などのイベントを、必要に応じて「対処済み」に変更しているでしょう。

ランプが点滅すると緊急対応の可能性もあり、原因を調べないといけません。ただし、それが緊急対応不要な 「既知のエラー」 だった時は、安心すると同時に確認の手間が惜しい感じることもあることでしょう。

このような事態を回避する方法として、JP1/IMコンソールの機能を利用して 「既知のエラー」 を自動的に対処済みにする方法をご紹介します。この設定により日々の運用の負荷軽減を図れます。

自動アクションに、エラーを「対処済み」にする設定を入れる

自動的に対処済みにする手段として、JP1/IMコンソールの「自動アクション機能」を利用します。

自動アクション

JP1/IMコンソールに表示されたJP1イベントを条件として、アクションを自動的に実行する機能

自動アクションは、JP1/IMコンソールの[オプション]→[自動アクション設定…]から設定します。コンソール上では以下の箇所です。

自動アクションの設定に「対処済み」に変更するコマンドを組み込み自動化させます。

対処済みに変更するコマンド

[Windowsの場合] jcochstat.exe -k PROCESSED -n $EVSEQNO
[UNIX系の場合] /opt/jp1cons/bin/jcochstat -k PROCESSED -n $EVSEQNO
※PROCESSEDは「対処済み」にすること。$EVSEQNOは「イベントDB内通し番号」のこと。

実際の例として、リモートデスクトップを利用してWindowsサーバに接続した際に、エラーとしてWindowsのイベントログとして出力されてしまう以下のメッセージが出力された際に、対処済みにする方法をご紹介します。

自動アクション設定画面の「実行条件」の箇所で「メッセージ」を選択しWindowsイベントログに出力されているメッセージを入れてください。

自動アクション設定画面の「実行内容」の「アクション」で、対処済みにするコマンドを指定します。

設定した条件を「OK」ボタンで保存し、アクション設定画面で「適用」することで、出力されて「既知のエラー」を自動的に対処済みにすることができます。

まとめ

JP1/IMには「運用コンソール」としてのメイン機能に加え、日々の運用を効率的に且つ快適に行えるような「お役立ち機能」が豊富に揃っています。
今後も当ブログでそのような機能をご紹介して参りますのでご期待ください。


製品正式名称/略称表記 および機能対応バージョン

JP1/Integrated Management-Manager :JP1/IM   Version 7.0 以降


JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない3,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

2007年アシストに入社し一貫してJP1の顧客サポートを担当。「JP1サポート技術者ブログ」の編集リーダー。「JP1認定シニアコンサルタント」の資格保有者。このブログでは、知って便利な情報を紹介したいと思います。

休みの日は、家族の食事を毎食作り、子どもの世話をしています。

本田 祐次

関連している記事

  • 統合管理
2019.05.29

【JP1/IM2】フィルターや自動アクションを設定する時の便利機能

JP1/IM-ViewでJP1イベントを参照する際、「このイベントはフィルタリングしたい」「このイベントを自動アクションの対象にしたい」思った時は、対象のJP1イベントの条件を自動で入力できる機能が便利です!

  • 統合管理
  • ジョブ管理
2019.04.19

【JP1/IM2】【JP1/AJS3】別環境のジョブネット同士の接続性を表示

JP1 Version 12では、別環境のジョブ同士の接続性を表示する機能が実装されました。『システムが複数あると障害がすぐに検知できない…』と困っていた方は必見!対応時間の大幅な短縮が期待できます。

  • ジョブ管理
  • 統合管理
  • パフォーマンス管理
  • ネットワーク管理
  • 資産管理
2019.02.07

【JP1】Version 12の新機能一覧

2019年1月22日、統合システム運用管理製品「JP1」から3年ぶりとなるメジャーバージョン「Version 12」がリリースされました。新製品に実装された機能を紹介します。

ページの先頭へ戻る