JP1サポート技術者ブログ

  • 資産管理
2021.06.28

【JP1/ITDM2】MacもWindowsもJP1でまとめて資産管理!

【JP1/ITDM2】MacもWindowsもJP1でまとめて資産管理!

JP1/IT Desktop Management 2(以下、JP1/ITDM2と表記)およびJP1/IT Desktop Management 2 - Operation Director(以下、JP1/ITDM2 - Operations Directorと表記)は主に社内PCの資産管理を行うツールですが、一部機能制限はあるものの、実はMac用のエージェントもリリースされています。
Mac版エージェントを導入することで、WindowsPCと同様の資産管理が行えます。本記事では、Mac版のJP1/ITDM2-Agentについてご紹介します。


第1章 JP1/ITDM2-Agentの対応OSについて

JP1/ITDM2 V12のJP1/ITDM2-Agentでは、以下のMacOSに対応しています。

OS X 10.10/OS X 10.11/macOS 10.12/macOS 10.13/macOS 10.14
★macOS 10.15、macOS 11は2021年9月にリリース予定のバージョンで対応予定です。

2021年6月時点の対応状況となります。最新の対応状況につきましてはサポートセンターへお問い合わせいただくか、弊社AWSC内のJP1ユーザサイトにて、OS対応状況ページをご確認ください。


第2章 Windows版とMac版のJP1/ITDM2-Agentの機能差異

Mac版JP1/ITDM2-Agentでは、主に以下の機能が利用できます。

・インベントリ取得
 →Windows版と同様、システム情報やインストールソフトウェア情報が自動収集されます。
・ソフトウェアのインストール
 →Remote Install Managerを使用した配布が可能です。
 ※JP1/ITDM2のみ利用可、JP1/ITDM2 - Operations Directorでは未サポート
・リモートコントロール接続
 →RFB接続によるリモートコントロールが可能です。

操作ログの取得およびデバイス制御については未対応です。


第3章 JP1/ITDM2-Manager側での準備

Mac版のJP1/ITDM2-Agentを導入する場合、事前にJP1/ITDM2-Manager側で下記手順を実施してください。

<JP1/ITDM2-Manager側での作業>

1. 下記confファイルをテキストエディタで開きます。
(JP1/ITDM2 Manager導入パス)¥jp1itdm¥mmgr¥conf

2. 末尾に赤文字部分を追記します。
------------------------------------------------
#
# property
#
# Example:
# Port_Manager=31000
#
# Report_Data_MakeTime=23:00
# Report_Digest_MakeTime=06:00
# DB_MentenanceTime=05:00
# ChangeHistory_GetTime=00:00
# OpLog_DB_DeleteTime=01:00
# DeviceAutoMaintenanceTime=23:00
UNIX_Software_Manage=YES
Expand_LinuxSoftwareInformation=YES
------------------------------------------------

3. JP1/ITDM2-Managerのサービスを再起動します。
 3.1 [プログラム]→[JP1_IT Desktop Management 2 - Manager]→[コマンド]から
    コマンドプロンプトを起動します。
 3.2 サービス停止コマンドを実行します。
    >stopservice.exe
    KDEX4011-I IT Desktop Management 2 - Managerを停止しました。コマンド名=stopservice
 3.3 サービス起動コマンドを実行します。
    >startservice.exe
    KDEX4015-I IT Desktop Management 2 - Managerを開始しました。コマンド名=startservice

上記手順を実施いただくことで、JP1/ITDM2の管理画面にMac版Agentのインストールソフトウェア情報が表示されます。


第4章  Mac版Agentのインストール手順

Mac側でのJP1/ITDM2-Agentを導入作業は、次の手順で実施してください。

1. Mac 標準のテキストエディタで、設定ファイル(ファイル名:RDSSETFL.TXT)を作成します。
------------------------------------------------
ManagingHost xxx.xxx.xxx.xxx
WorkstationType END
------------------------------------------------
※JP1/ITDM2-ManagerのIPを指定します。

2. 同様にMac 標準のテキストエディタで、動作環境設定用ファイル(ファイル名:profile.txt)を作成します。
------------------------------------------------
INVENTORY_UPLOAD_INTERVAL=1
------------------------------------------------

3. 管理者権限を持つユーザでMacにログイン後、ターミナルを開き下記設定を行います。
  ・自ホストの名前解決
   >sudo vi /etc/hosts
   ------------------------------------------------
   192.168.x.x hostname
   ------------------------------------------------
  ・ポート番号の設定
   >sudo vi /etc/services
   ------------------------------------------------
   netmdmclt 31001/tcp
   netmdmw 31002/tcp
   ------------------------------------------------

4. 1.と2.で作成したファイルとインストールパッケージを同じフォルダにコピーします。

 ・設定ファイル(RDSSETFL.TXT)
 ・動作環境設定ファイル(profile.txt)
 ・インストールパッケージ(jp1itdm2_xxxx_macos.pkg)
  ※MAC用のJP1/ITDM2-Agentのインストールメディアに格納されています。

5. Finder上でインストールパッケージをダブルクリックし、画面表示に従ってJP1/ITDM2 Agent を
  インストールします。

​(参考)インストーラ起動時の画面

※インストール先の選択では「このコンピュータのすべてのユーザ用にインストール」を
 選択してください。

6. 下記画面が表示されればインストール完了です。

7. JP1/ITDM2管理画面の「機器一覧」へ、インストールしたMac端末の情報が表示されていることを
  確認してください。


尚、初回セットアップが正しく行われたかどうかは以下の方法でも確認いただけます。

■Mac OSエージェント製品ログの確認
 セットアップが正常に完了すると、製品ログ(/NETMRDS/rdsprm/MAIN.LOGF)にMac OS
 エージェントのプロセスが起動されたことを示すメッセージ(KDDM7030-I)が出力されます。
 KDDM7030-Iメッセージが出力されていて、かつエラーメッセージが出力されていないことを
 確認してください。

■設定ファイル(RDSSETFL.txt)の確認
 設定ファイル(RDSSETFL.txt)の内容に問題がなければ、/NETMRDS/rdsprm/RDSSETFL.bakへ
 リネームされます。
 内容に問題があった場合、/NETMRDS/rdsprm/RDSSETFL.errへリネームされ、
 /NETMRDS/rdsprm/MAIN.LOGFへエラー原因を示すエラーメッセージが出力されます。
 JP1/ITDM2管理画面の「機器一覧」へ、インストールしたMac端末の情報が表示されていることを
 確認してください。


まとめ

一般的な業務利用ではまだまだWindows端末が主流ですが、一部の部署などでMac端末を利用されているようなケースがあるかと思います。JP1/ITDM2またはJP1/ITDM2 - Operations Directorをお使いのお客様であれば、無償でMac版Agentを導入してご利用いただけます。

尚、Mac版AgentのインストールメディアにつきましてはWindows版のメディアには含まれていないため、別途手続きが必要となります。メディアをご希望のお客様は担当営業もしくはサポートセンターまでお問い合わせください。


製品正式名称(略称表記) および機能対象バージョン

JP1/IT Desktop Management 2 - Manager (JP1/ITDM2) 12-00以降
JP1/IT Desktop Management 2 - Operations Director

JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない3,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

2003年入社。JP1のフィールドエンジニアを経て2015年よりJP1サポートセンターにて勤務。
2020年9月より本ブログ記事を担当することになりました。JP1を利用されている方に少しでもお役に立てる情報を提供したいと思います。
奈良在住。最近は家庭菜園にハマっています。

関連している記事

  • 資産管理
2021.03.22

【JP1/ITDM2】JP1 V12.5新機能のご案内『資産管理製品編』

2021年1月21日にリリースされたJP1の新バージョン「Version 12.5」の新機能の中から、資産管理製品の新機能を厳選してご紹介します!

  • 資産管理
2020.11.30

【JP1/ITDM2】拠点ごとに!部署ごとに! 社内ポリシーに合わせて、柔軟に USBメモリの使用を制御する方法

社内ポリシーに合わせて、拠点や部署ごとに柔軟にUSBメモリの使用を制御する方法をご紹介します。

  • 資産管理
2020.07.27

【JP1/ITDM2】リモートコントロールを高速化! 遠隔操作時のネットワーク負荷を軽減する方法

JP1/ITDM2のリモートコントロール機能を利用した遠隔操作時に、PCから送信されるデータ量を削減することで、高速化する機能をご紹介します!

ページの先頭へ戻る