JP1サポート技術者ブログ

  • 資産管理
2020.11.30

【JP1/ITDM2】拠点ごとに!部署ごとに! 社内ポリシーに合わせて、柔軟に USBメモリの使用を制御する方法

【JP1/ITDM2】拠点ごとに!部署ごとに! 社内ポリシーに合わせて、柔軟にUSBメモリの使用を制御する方法

最近弊社サポートセンターでは、テレワーク急伸に伴い、特定の条件下でのみ社員にUSBメモリの利用を許可したい、というお問い合わせが増えてきました。

そこで本記事では、拠点や部署単位で、柔軟にUSBメモリの使用を制御する方法をご紹介します。

JP1/ITDM2によるUSBメモリの使用制御

JP1/ITDM2では、社員のデータ持ち出しによる情報漏えいを防ぐため、USBメモリの使用を制限できます。V11.5 からは、部署/設置場所/エージェントなどの条件に沿って、USBメモリの使用を制限できるようになりました。

設定手順

部署単位でのUSBメモリ使用制御

下図のように、総務部のUSBメモリを、総務部以外のメンバーのPCでは使用不可にする手順をご紹介します。部署単位で制御を行う場合、管理対象のPCに対して部署情報が設定されていることが前提となります。

1.JP1/ITDM2の[セキュリティ]画面にて、[セキュリティポリシー一覧]を開き、[追加]を押下します。

2.必要に応じて、セキュリティポリシー名を任意の名称に変更します。

3.[禁止操作]メニューを選択後、[有効にする]ボタンを押下し、[有効]にします。

4.[USBデバイス]にチェックを入れ、下記設定を行い、[OK]を押下します。

5.作成したセキュリティポリシーが、表示されていることを確認します。

6.[資産]画面の[ハードウェア資産]-[資産一覧]にて、事前に登録した対象のUSBメモリにチェックを入れ、[状態を変更]を押下します。

7.[資産状態]を運用中に変更し、[部署]で総務部を選択後、[OK]を押下します。

8.該当USBメモリの[部署]の値の追加を確認します。

  1. 9.作成したポリシーを機器に割り当てます。[セキュリティ]画面の[機器のセキュリティ状態]-[機器一覧(機器種別)]を開いた後、該当機器にチェックを入れ、[操作メニュー]-[ポリシーを割り当てる]を押下します。

10.[ポリシーの割り当て]画面にて、先程作成したセキュリティポリシーを選択し、[OK]を押下します。

  1. 11.該当機器に作成したセキュリティポリシーが割り当てられることを確認します。

以上で設定は完了です。

まとめ

今回は、V11.5 から追加されたUSBデバイスの制御機能についてご紹介しました。より柔軟にUSBデバイスの使用制限を行いたい方は、是非ご活用ください。

製品正式名称(略称表記) および機能対象バージョン

JP1/IT Desktop Management 2 - Manager (JP1/ITDM2) 11-50以降


JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない3,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

2013年、株式会社アシスト入社。Oracle製品を担当後、2015年よりJP1の顧客サポートを担当。「超サポとは感情に働きかけるサポート」を信念にお客様にご満足いただけるサポートを提供できるよう、奮闘中。

趣味は、バイクツーリングと筋トレ。

引間 康将

関連している記事

  • 資産管理
2021.06.28

【JP1/ITDM2】MacもWindowsもJP1でまとめて資産管理!

JP1/ITDM2は、Mac版エージェントを利用することでMacOSの資産管理が可能です。本ブログではMac版エージェントを利用するための事前準備や手順を解説します。

  • 資産管理
2021.03.22

【JP1/ITDM2】JP1 V12.5新機能のご案内『資産管理製品編』

2021年1月21日にリリースされたJP1の新バージョン「Version 12.5」の新機能の中から、資産管理製品の新機能を厳選してご紹介します!

  • 資産管理
2020.07.27

【JP1/ITDM2】リモートコントロールを高速化! 遠隔操作時のネットワーク負荷を軽減する方法

JP1/ITDM2のリモートコントロール機能を利用した遠隔操作時に、PCから送信されるデータ量を削減することで、高速化する機能をご紹介します!

ページの先頭へ戻る