TOP>研修>受講形態

受講形態

アシストの研修は、受講者のニーズに応じて様々な受講形態をご用意しています。受講予定の研修がどの受講形態を選択できるのかは、各研修コースの詳細ページにてご確認ください。また、研修コースへのお申し込み方法は受講形態により異なるため、各受講形態の詳細ページにてご確認ください。
アシストの研修には、大きく分けて「集合形式」と「ウェブ形式」の2つの受講形態があります。

集合形式

集合形式の研修には、アシストの研修会場を利用して定期的に開催する定期研修 と、お客様のご要望の日程と会場で開催する一社向け研修 があります。

定期研修 アシストの研修会場で、講師が直接講義を行う一般的な研修です。
実習付きの研修の場合、一人1台の実習マシンが用意されています。また、講義中あるいは休憩時間等、講師に自由にご質問いただくことができます。
研修に集中できる環境で知識習得を促したい、講師とコミュニケーションをとりながら学びたいというお客様にぴったりです。

対応している研修:
Oracle研修、EDB(PostgreSQL)研修、データモデリング研修、JP1研修、WebFOCUS研修
Qlik研修、DataSpider研修、DMExpress研修、NOREN研修、AWS認定研修
一社向け研修 アシストからお客様先に講師を派遣し、一社向けに開催する研修です。
研修の日程、実施場所、受講者数などを自由に設定したり、研修内容をニーズ合わせてカスタマイズしたりできます。
ご希望の日程や場所、カスタマイズした研修内容で受講したいというお客様におすすめです。

対応している研修:
すべての研修

ウェブ形式

インターネットを利用して受講する形式の研修には、ライブ配信研修 (旧:オンライン研修)、オンデマンド研修 リモート型研修 があります。

ライブ配信研修 ライブ配信される研修をオンラインで受講できる研修です。
ライブ配信されるので、講師による講義をリアルタイムで聞いたり、講師に質問したりできます。また、クラウド上の実習環境で演習や操作体験も行えるため、オンラインでもしっかり学べます。
定期研修の内容を場所を選ばずに受講したいというお客様におすすめです。

対応している研修:Oracle研修の一部のコース、JP1研修とAWS認定研修の全コース
オンデマンド研修 ストリーミング配信される動画を視聴しながら学ぶ自習タイプの研修です。
単元ごとに短く構成された講義動画を見ながら学習できるため、都合の良い時間に手軽に学習できます。また、講義とテストがセットになっているため、繰り返し受講と知識定着が図れます。
日程や場所の問題で定期研修を受講できないお客様や、自分のペースや時間、受講場所を選ばずに学びたいというお客様にぴったりです。

対応している研修:Oracle研修の一部のコース
リモート型研修 研修テキストとクラウド上の実習環境で学習する自習タイプの研修です。
研修テキストで実習の操作手順やポイントを確認しながら、自分のペースで学習できます。また、研修テキストの内容を繰り返し試せる受講期間があるため、知識が定着するまでじっくり学ぶことができます。
日程や時間、場所の問題で定期研修を受講できないお客様や、受講場所を選ばずに、自分のペースでじっくり学びたいというお客様にぴったりです。

対応している研修:Qlik研修、WebFOCUS研修
一社向け研修 アシストとお客様先をインターネット経由でつなぎ、一社向けに開催する研修です。
研修の日程や受講者数などを自由に設定したり、研修内容をニーズ合わせてカスタマイズしたりできます。
インターネット経由の研修をご希望の日程やカスタマイズした研修内容で受講したいというお客様におすすめです。

対応している研修:
Oracle研修、EDB(PostgreSQL)研修、データモデリング研修、JP1研修、WebFOCUS研修
Qlik研修、DataSpider研修、DMExpress研修、マイクロフォーカス製品研修、AWS認定研修
※ご希望コースの実施可否については、弊社研修受付までご相談ください。


ページの先頭へ戻る