TOP>研修>研修コース一覧>Oracle研修>Real Application Clusters 12cコース

Real Application Clusters 12cコース

Real Application Clusters 12cコース

※Oracle Database 12c Release1(12.1.0.1)のみに対応したコースです。
高可用性システムに不可欠となったReal Application Clusters(RAC)に関して、重要なポイントをピックアップし、1日で説明します(インストールなどの環境構築に関しては参考資料をご提供しております)。短時間でRACの構造、運用ポイントを習得されたい方にお薦めです。

形態 講義
日数 1日間
※開催時間:10:00~17:00
チケット枚数 4枚
コース内容 ・RAC概要
RACを使用するメリット、RAC構成要素、RACデータベースへの接続、RACアーキテクチャ(キャッシュ・フュージョンの仕組み等)について

・Oracle Clusterware
Oracleが提供するクラスタソフトの特徴や構成要素、またOracle Clusterwareリソースの管理方法について

・障害対策と障害時の対応
バックアップ方法、ログ・ファイルとOracle Clusterwareリソースの監視、障害(インスタンス障害やノード障害等)発生時の対応について

・RAC環境のチューニング
RAC環境で発生しやすいパフォーマンス問題と、その解消のポイントについて
受講対象 RACデータベースの管理者の方。
受講前提 シングルデータベース環境の運用経験がある方。
「データベース・アーキテクチャ」を受講された方、もしくは同等の知識をお持ちの方。

※本コースのご受講には、上記コースに加え、「データベース・マネジメント」「バックアップ・リカバリ」「Oracleパフォーマンス・チューニング」を受講済み、もしくは同等の知識をお持ちであることを推奨します。
注意事項 ・Oracle Database 12c Release1(12.1.0.1)のみに対応したコースです。
・本コース内でOracle Clusterware、RACのインストール方法については触れておりません。
・本コースは、講義のみのコースです。


ページの先頭へ戻る