TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>情報漏えい対策>秘文>製品情報>5分でできる、標的型攻撃リスク診断【エンドポイント編】 診断結果

5分でできる、標的型攻撃リスク診断【エンドポイント編】 診断結果

重要データへのアクセス制御の強化がおすすめです。マルウェアが侵入し、情報が流出するリスクがあります。

重要データへのアクセス制御:ゲートウェイでの対策以外にも、最終的にデータが流出しない多重の対策を

ゲートウェイでマルウェア対策を行っていても、日々亜種が発生し、巧妙化する標的型攻撃から完全に侵入を防ぐことは困難です。
+αで対策を考える場合、マルウェア検知率を上げることに注力するのではなく、最終的にデータが流出しない対策をおすすめします。

最終的にデータが流出しない多重の対策

インターネット接続環境と業務ネットワークを完全に分離できれば良いですが、大掛かりになる上、業務効率にも影響を与えかねません。
そのため、ネットワークを分離せずに、たとえマルウェアが社内ネットワークに侵入してしまったとしても、マルウェアには重要データにアクセスさせない、あるいは、社外に情報を持ち出させない、重要データ保護対策がおすすめです。

詳細な対策方法は、以下をご覧ください。


マルウェアが重要データへアクセスするのを防止するには?
秘文 Data Encryptionで対策できます。
インターネット接続環境を分離したい場合は?
ダブルブラウザ・ソリューションが有効です。
ページの先頭へ戻る