TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>インターネット分離>Ericom Shield

Ericom Shield

Ericom Shieldは、インターネットWebコンテンツの実行を100%エンドポイントから分離し、Web経由のマルウェア感染を防止します。ブラウザから利用できるため、ユーザーの使い勝手が変わりません。

◎このページの目次

新世代リモートブラウザ分離ソリューション「Ericom Shield」とは

IPAの調査によると、組織ネットワークにとってインターネットは一番のマルウェア感染源であり、8割以上のマルウェア感染がインターネット経由で発生しています。組織のサイバー攻撃対策の現状は、様々な検知型セキュリティソリューションを積み重ね、侵入時、実行時、実行中、または感染後にマルウェアを検知して止めるというアプローチとなっています。しかし、この対策はランサムウェアや様々なサイバー攻撃に対して、有効に機能しているとは言い難い状況です。

そこでサイバー攻撃のおおもとであるインターネットと、内部ネットワークを分離し、分離時のユーザー利便性低下を防止するリモートブラウザ分離(アイソレーション)ソリューションが登場しました。

「Ericom Shield」は、強固なセキュリティとユーザビリティを両立した新世代のリモートブラウザ分離ソリューションとして、現存する様々なセキュアブラウジングソリューションの課題を克服した理想的なソリューションです。

ガートナーのブラウザ分離に関する調査レポートでEricom Shieldが紹介されました

  • リモートブラウザ分離(アイソレーション)は、攻撃防止のための適応型セキュリティアーキテクチャにおいて、重要な予防的戦略である。
  • 2022年までに、リスクの高いインターネットブラウジングと、メール内のURLへのアクセスを分離(アイソレーション)することで、組織のエンドユーザシステム侵害に至る攻撃を70%減らすことができる。
  • リスク回避を志向する組織は、2018年にリモートブラウザソリューションを検討し、財務担当などリスクの高いユーザーに対して、メール内のURLを表示するといった使い方を評価するべきだ。
  • 2017年時点では企業の1%に満たないが、2022年までは25%が、一部のリスクの高いユーザーやリスクの高いブラウジング向けにブラウザ分離(アイソレーション)技術を採用するだろう。

出典:『Innovation Insight for Remote Browser Isolation』 アナリスト:Gartner, Neil MacDonald氏

原文は こちら (Ericom社のプレスリリース)

Ericom Shieldの受賞情報

アメリカのITセキュリティの専門誌「Cyber Defense Magazine」が毎年発表しているアワード『InfoSec Awards 2019』のおいて、今年は2部門受賞の快挙を達成しました!
<受賞部門>
・「アンチマルウェア部門」の今注目の会社として
・「エンドポイントセキュリティ部門」の先進技術を持つ会社として

InfoSec Awards 2019

受賞の詳細はこちら 「InfoSec Awards 2019 – Winners!」(英語サイト)

Ericom Shieldを利用するメリット

エンドユーザーにとってのメリット

今までと変わらないブラウザ体験を提供します。

  • ユーザーはエンドポイントに一切ソフトウェアをインストールする必要がありません。
  • 標的型メールやフィッシングメール、水飲み場型攻撃に怯える必要がありません。
  • 今使っているブラウザからブラウジングできます。
  • 印刷、コピー&ペースト、ローカルデバイスの文字入力、お気に入りの利用ができます。


経営層・CIO・CISOにとってのメリット

経営リスクであるサイバー攻撃から大切な情報を守ります。

  • 検知型ソリューションを積み重ねるよりも高いセキュリティ投資対効果を実現します。
  • 従業員の業務効率と満足度を落とさずに効果的なセキュリティ対策ができます。
  • 内部ネットワークのマルウェア感染被害を8割以上削減します。
  • ランサムウェアへの感染を防止し、IT資産を守ります。
  • マルウェアの不正通信を防止し、機密情報や顧客情報が盗まれるのを防止します。


IT担当者・セキュリティ担当者にとってのメリット

組織内ネットワークにマルウェアが侵入する可能性が極小化します。

  • 組織内ネットワークの資産へのセキュリティパッチの適用やバージョンアップを計画的に行う余裕ができます。
  • 「感染したかもしれない」という問い合わせや、感染端末の復旧対応が激減します。
  • 既に導入済みのセキュリティ対策ツールと競合しません。


セキュリティ対応組織(CSIRT/SOC)にとってのメリット

セキュリティインシデント数が激減します。

  • 組織内ネットワークから発せられるセキュリティアラート数が激減します。
  • 戦略的に使える時間が増えることで、新たな脅威への対策等、より予防的な対策のための時間を確保できます。

セミナー/イベント情報

セミナー情報

標的型攻撃対策の決定版「インターネット分離(Web分離)」の疑問解消!!

詳細・お申し込みは、上のバナーをクリック

日時: 2020年3月6日(金)15:00~17:00 (受付開始 14:30~)
場所: アシスト市ヶ谷本社 6F セミナールーム

ーーーーーー

本セミナーでは、各種のインターネット分離ソリューションの特徴を整理・比較することで、貴社に最適な製品・ソリューション選定のポイントをお伝えするとともに、アシストが提案する2つのソリューション(Ericom Shieldとダブルブラウザ・ソリューション)をご紹介します。

株式会社アシストは、新型コロナウイルス感染症の日本での感染拡大リスクが高まっていることから、 ご参加の皆様および関係者の健康面を考慮し、誠に残念ではございますが、 3月6日に開催を予定しておりました本セミナーの中止を決定いたしました。 参加をご予定くださっていた方には心よりお詫び申し上げます。


イベント情報

下記イベントに登壇・ブース出展をいたします。詳細は各Webサイトをご確認ください。

Security Days 2020 Tokyo
2020年2月6日(木)12:25~13:05 [E2-05] セッション に、弊社青木が登壇します。

RSA Conference 2020
2020年2月24日(月)~28日(金)に米国・サンフランシスコで開催される
​RSA Conference 2020に、Ericom社がブース出展します。

FINANCE FORUM
2020年2月26日(水)東京:JA共済ビルカンファレンスホール にブース出展します。

FIT名古屋
2020年3月12日(木)~13日(金)ミッドランドホール にブース出展します。


Ericom Shieldの関連コラム

1.技術者コラム

2.セミナー開催報告

もう一つのインターネット分離ソリューション「ダブルブラウザ」とは

アシストが最初に取り扱いを始めたインターネット分離ソリューションです。自治体や金融機関を中心に、100社20万ユーザー(2018年12月現在)に利用されています。
アシストでは、ダブルブラウザとEricom Shieldの2つのインターネット分離ソリューションを扱っているため、お客様のニーズに応じたご提案が可能です。

ダブルブラウザ・ソリューション



Ericom中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

インターネット分離の関連製品/サービス

セキュリティに関するその他の課題

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

Ericom Shieldに関するご質問や、製品の詳細説明・デモンストレーションなどあらゆるご相談に対応いたします。

ページの先頭へ戻る