TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>Oracle DB運用管理>iDoctor監視サービス

iDoctor監視サービス

iDoctorはOracle Databaseの稼働状況を監視するサービスです。障害の徴候を事前検知し、アシストのサポートセンターが迅速な対応でお客様を支援します。

Oracle Databaseの安定運用を実現

iDoctorは、OracleDatabaseの稼働状況をツールによって監視し、リアルタイムに問題に対処するサービスです。障害及びその予兆が見られた場合にはこれを早期に検知し、お客様と当社サポートセンターへ同時に警告を通知します。警告を受けた当社サポートセンターは、その問題を調査し、適切な対処方法をお客様にご案内することで、障害の予防、問題の早期解決につなげます。

検知だけでなく、調査依頼や状況説明の作業を短縮することで、お客様の負荷を軽減し、データベース・システム全体の安定運用を実現します。

1. iDoctor専用のスクリプトが、Oracle Databaseを常時監視します。

2. 監視結果に異常が見られた場合、お客様と当社サポートセンタにE‐mailで警告を通知します。警告内容は3段階の重要度レベルに分けて(導入時に設定)通知されます。

3. サポートセンターにて通知内容を確認し、対処方法をお客様にお伝えします。

iDoctor監視サービスの3つの特長

データベース稼働状況のリアルタイム監視
iDoctorはOracle Databaseの稼働状況を常時監視し、障害またはその予兆が見られたときには即時E-Mailを送信する仕組みを提供します。お客様はOracle Databaseの稼働傾向や発生した問題や兆候をリアルタイムに把握することができます。

データベース運用管理コストの削減
OracleDatabaseで発生した問題は当社サポートセンターで調査を行いますので、お客様担当者の負担を軽減します。また監視や問題調査にはOracle Databaseのスキルがある程度必要になりますが、iDoctorが監視と問題調査の役割を担いますので、お客様はユーザ対応に注力することができ、人員や技術習得などの運用コストを下げることができます。

サポートセンターを利用した迅速な対応
当社サポートセンターは24時間365日対応しており、特に重要度が高い問題については即時にお客様担当者と連携し、問題対応に着手します。また年間30000件以上のお問合せに対応しており、豊富な経験と実績にもとづいた的確な対応方法を迅速にご案内致します。

監視サービスと対応フローの確立が早期復旧の鍵

万一、Oracle Database環境で何らかの問題や兆候が見られた場合、問題そのものの調査よりも、事象の検知や状況確認、調査依頼などの問題調査に至るまでのプロセスに時間と手間がかかるケースが多く見られます。このプロセスが短ければ短いほど問題解決までの工数が少なくなり、また影響度も最小限に抑えることができます。
iDoctorは、この検知から調査依頼までのプロセスを短縮し、問題調査をできる限り早めに着手する仕組みを提供することで、システムの早期復旧に導きます。

価格

iDoctor監視サービスは、データベース構成、及び監視対象となるインスタンス数などでサービス金額が異なります。以下は一般的な例となりますが、詳細はお問合せ下さい。

対象データベース環境 インスタンス数 金額(年額)
単一サーバ構成 1 ¥1,200,000 ~
Oracle RAC(Real Application Clusters)構成 2 ¥3,120,000 ~
Oracle DataGuard 構成 2 ¥3,120,000 ~

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る