TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>デスクトップ仮想化/アプリケーション仮想化>Citrix XenDesktop / XenApp>製品情報>構成イメージ

Citrix XenDesktop / XenApp

構成イメージ

バージョン7.0からシステム構成が大きく変わった

XenDesktop/XenAppは、バージョン7.0でアーキテクチャが統合されました。

Citrix社が提供するAvalonプラットフォームにより、複数のWindowsサーバOSやアプリケーションを1台のサーバ(コントローラー)で管理・配信することができるようになったのです。7.0以前のバージョンでは、XenDesktopとXenAppは異なるアーキテクチャで動作していました。データベースや管理コンソールも別々で、システム管理者は製品によって運用方法を使い分ける必要がありました。そのため、今回のアーキテクチャ統合は、システム管理者の管理工数や運用負荷の軽減に役立つといえます。

バージョン7.0以降の各製品コンポーネントおよび周辺機能との連携は、以下の図の通りです。



Citrix製品コンポーネントおよび周辺機能との相関図


 Citrix製品コンポーネントおよび周辺機能との相関図

XenDesktop/XenAppの稼働基盤として、オンプレミスだけでなくクラウド(Amazon Web Serviceや、Citrix Cloud Platform等)環境も利用することができるようになりました。

また、社外からXenDesktop/XenApp環境へアクセスする際は、VPNもしくはSSL-VPNが必要です。
Citrix社は、SSL-VPNとしてNetScalerシリーズ(AccessGatewayやSecureGatewayの後継製品)を提供します。
NetScalerには以下の製品ラインナップがありますが、アシストは「NetScalerGateway VPX(仮想アプライアンス版)」のみ取り扱っています。NetScaler Gateway VPXは、XenServer、VMwareESX、ESXi、Hyper-Vなどのハイパーバイザー上で動作するため、専用のハードウェアは不要。導入コストの削減はもちろん、管理負荷の軽減をも実現します。

  • NetScaler MPX
  • NetScaler VPX
  • NetScaler SDX
  • NetScaler Application Firewall
  • NetScaler Gateway(※アシスト取り扱い製品)

Citrixについて詳しく知りたい方へ

gaiyo

Citrix XenDesktop/XenAppの違い、アシストの実績・サポートについてご覧いただけます。

seihin

Citrixの構成図、エディション、システム要件、サポート情報等をご覧いただけます。

jirei

Citrixの導入実績についてご覧いただけます。

trial

Citrixの無料評価版のお申し込みはこちら

seminer

関連セミナーのお申し込みはこちら




中途社員募集

募集要項のほか、仮想化ビジネス責任者挨拶や先輩中途社員インタビューをご覧いただけます。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る