JP1サポート技術者ブログ

JP1サポート技術者ブログ>【JP1/IM2】フィルターや自動アクションを設定する時の便利機能

  • 統合管理
2019.05.29

【JP1/IM2】フィルターや自動アクションを設定する時の便利機能

【JP1/IM2】フィルターや自動アクションを設定する時の便利機能

JP1/IM2 - ViewでJP1イベントを参照する際、「このイベントはフィルタリングしたい」と思ったり、「このイベントを自動アクションの対象にしたい」思ったりすることがありますよね。
そんな時、対象のJP1イベントの条件を自動で入力できる機能をご存知でしょうか?
この機能を使えば、「設定する条件のメッセージが間違っていた!」などのミスも防げますし、条件をコピー&ペーストする手間も省けます。


設定方法(共通除外条件の場合)

この機能は、どの設定を行う場合でも、対象のJP1イベントを選択した状態で作業を行います。
共通除外条件の場合の設定方法をご説明します。

1.除外対象のJP1イベントを選択した状態で、共通除外条件の設定画面を開きます。

2.[選択イベント条件入力]を押下します。

3.選択したJP1イベントの条件がすべて入力されました。

4. 不要な条件のチェックを外し、必要に応じて条件も編集 してください。

5.[OK]にて設定を反映させてください。


その他の設定箇所

共通除外条件以外でも、上記機能は利用可能です。
それぞれ設定箇所は以下のとおりです。

自動アクションの場合

※クリックして拡大

イベント取得フィルターの場合

※クリックして拡大

ユーザーフィルターの場合

※クリックして拡大

表示フィルターの場合

※クリックして拡大

重要イベント定義の場合

※クリックして拡大

繰り返しイベント条件の場合

※クリックして拡大

重大度変更定義の場合

※クリックして拡大

表示メッセージ変更定義の場合

※クリックして拡大

注意事項

本機能では、選択したJP1イベントの すべての条件 が自動入力されます。
そのため、指定する条件として ふさわしくないもの が含まれている場合があります。

例えば、ログファイル監視のメッセージ内容に日時が含まれている場合、日時を含んだ条件を指定しまうと、条件に合致するものがなくなってしまいます。
また、メッセージの文字列だけで条件を指定したいのに、発生元ホスト名も条件に指定してしまうと、選択したJP1イベントが発生したホストしか条件に合致しません。

設定する条件はよく吟味した上でご利用ください。



ブログ執筆者からひとこと

令和になり、平成6年生まれのJP1も元号を跨ぎました。

IT業界に勤めていると普段はあまり意識しない元号ですが、今回はおめでたい日として5月1日を迎えた方も多いのではないでしょうか。
JP1と同じく平成生まれの私はというと、いつもと変わらぬ5月1日を迎えましたが、やはりはじめての元号改正がこのようなおめでたいこととして迎えられたことを嬉しく思っておりました。

令和も、JP1とJP1技術者ブログをよろしくお願いいたします。


製品正式名称/略称標記 および機能対象バージョン

JP1/Integrated Management-Manager :JP1/IM
JP1/Integrated Management-Manager2 :JP1/IM2


JP1ブログをご覧いただいているみなさまへご案内

いつもJP1サポート技術者ブログをご覧いただきありがとうございます。

アシストとJP1保守契約を締結されている方は、Webサポートセンター「AWSC」をご利用いただけます。本ブログサイトではご紹介しきれない3,000件以上のFAQを公開していますので、是非ご利用ください。
また、アシストではJP1ユーザ企業様向けの無償セミナーや支援サービスを多数ご提供しています。JP1の潜在リスクを洗い出す診断サービスや、バージョンアップ時のノウハウをご紹介するセミナーなどご用意していますので、貴社の課題解決へとお役立てください。アシストと保守契約を締結されていないお客様にもご参加いただけます。詳細は、下記リンクよりご確認ください。



執筆者情報

栗山 綾美

2012年、株式会社アシスト入社。セキュリティ製品を担当後、2013年より
JP1の顧客サポートを担当。「JP1認定シニアコンサルタント」の資格保有者。
サポートの経験を活かしたブログを目指します。

趣味は、夢と魔法の国(と、冒険とイマジネーションの海)に行くこと。

関連している記事

  • 統合管理
  • ジョブ管理
2019.04.19

【JP1/IM2】【JP1/AJS3】別環境のジョブネット同士の接続性を表示

JP1 Version 12では、別環境のジョブ同士の接続性を表示する機能が実装されました。『システムが複数あると障害がすぐに検知できない…』と困っていた方は必見!対応時間の大幅な短縮が期待できます。

  • ジョブ管理
  • 統合管理
  • パフォーマンス管理
  • ネットワーク管理
  • 資産管理
2019.02.07

【JP1】Version 12の新機能一覧

2019年1月22日、統合システム運用管理製品「JP1」から3年ぶりとなるメジャーバージョン「Version 12」がリリースされました。新製品に実装された機能を紹介します。

  • 統合管理
  • ネットワーク管理
2018.12.27

【JP1/NNMi】【JP1/IM】重要なインシデントを見逃さないためには?

JP1/NNMiやJP1/Cm2/NNMiが障害発生時に発行するインシデントを漏れなくチェックできていますか?今回は、このインシデントの見逃しを防ぐための「NNMiとJP1/IMの連携方法」を紹介します。

【JP1/AJS3】JP1からだとバッチが実行できない!? 【JP1/AJS3】ジョブがキューイングする5つの原因と対処方法 【JP1/NNMi】SNMPトラップを受信するための4つの条件 【JP1/NNMi】【JP1/SSO】監視対象(エージェント)追加時に見落としがちな3つのチェックポイント 【JP1/AJS3】複雑なジョブネットを見やすくする方法(関連線の強調表示)

ページの先頭へ戻る