TOP>研修>研修コース一覧>AWS研修>Architecting on AWS

Architecting on AWS

Architecting on AWS

このコースでは、AWSでITインフラストラクチャを構築するための基礎を扱います。AWSの各サービスがクラウドベースのソリューションにどのように適合するかを理解してAWSクラウドを最適化する方法を学びます。さらに、AWSで最適な ITソリューションを設計するためのベストプラクティスと設計パターンを探り、演習でさまざまなインフラストラクチャを構築します。また、AWS認定ソリューションアーキテクトアソシエイト試験の準備にも有用です。


受講形態 講義・演習・グループワーク
日数 3日間
参加費 210,000円(税抜,請求書払)またはチケット21枚
お支払い チケットのご購入に関してはこちらをご確認ください。
請求書払いでのご受講に関しては、研修終了後に
請求書を発行しますので、銀行振込いただきます。
AWSトレーニングバウチャーをご利用いただくことはできません。
コース内容 1. AWSの主要な知識
2. 特徴的なストレージサービス(Amazon S3)
演習:静的ウェブサイトのホスティング
3. 仮想サーバ(Amazon EC2、AMI、Amazon EFS)
4. マネージドデータベース(Amazon RDS、Amazon DynamoDB、AWS DMS)
演習:AWS上でウェブアプリケーションをデプロイ
5. AWSでのネットワーク(パート1)(Amazon VPC)
演習:VPCの作成
6. AWSでのネットワーク(パート2)(AWS Direct Connect、AWS Transit Gateway、Amazon Route 53)
7. ユーザとアクセスコントロール(IAM、Amazon Cognito、AWS Organizations)
8. スケーリング、高可用性、モニタリング(Amazon CloudWatch、AWS CloudTrail、Auto Scaling)
演習:可用性の高い環境を作成する
9. オートメーション(AWS CloudFormation、AWS Systems Manager、AWS Elastic Beanstalk)
演習:AWS CloudFormation を使用したインフラ環境デプロイの自動化
10.キャッシュ(Amazon CloudFront、Amazon ElastiCache)
11.疎結合アーキテクチャの構築(Amazon SQS、Amazon SNS)
12.マイクロサービスとサーバレスアーキテクチャ(Amazon ECS、AWS Fargate、AWS Lambda、Amazon API Gateway、AWS Step Functions)
演習:AWS のマネージド型サービスを使ってサーバレスアーキテクチャを実装する
13.RTO/RPOとバックアップ/復旧の設定
14.最適化とレビュー
受講対象 ・AWS のアーキテクトおよびシステム設計をされる方、またはお客様へご提案される方
・クラウドインフラストラクチャとリファレンスアーキテクチャの設計を担当する方
受講前提 本コースは Cloud Practitioner Essentials およびAWS Practical Startup Workshop を受講済み、もしくは下記の知識をお持ちの方を対象としております。
・AWSの基礎知識
・クラウドコンピューティングの基礎知識
・分散システムの実務的知識
・一般的なネットワーキングの概念の知識
・多層アーキテクチャの実務的知識

※ライブ配信研修(オンライン)の受講にはお客様環境のご準備、ご用意が必要です。
 詳しくは受講要件 をご確認ください。
※弊社(AWSパートナー主催)研修ではトレーニングバウチャーをご利用いただくことができません。
 AWSトレーニングサイトにて、提供元が「Amazon Web Services」のコースであることを
 必ずご確認の上、ご利用ください。

投影スライドの一例

研修に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

右のボタンまたは下記までお問い合わせください。
TEL:0120-874-337 FAX:0120-874-437
メール:educ@ashisuto.co.jp

ページの先頭へ戻る