TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Database>セミナー

Oracle Database

Oracle Databaseは、高い性能と信頼性を誇る業界標準のRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)です。アシストは国内で初めてOracle Databaseの販売/サポートを開始し、30年以上に渡ってお客様のデータベース構築/運用を支援しています。

ウェビナー(ライブ配信)

今さら聞けないOracle Databaseライセンスのルール

~基本の考え方から仮想化環境、クラウドでの利用について~

Oracle Databaseを利用するための基本中の基本、Oracle Databaseライセンスについて正しく理解していますか?

利用する仮想化環境やクラウドサービスの種類ごとに細かく設定されているライセンスルールを、正しく理解することこそが、ライセンスの有効活用、さらにはコスト適正化の鍵です。
しかし、そのライセンスルールの全体像を学べるセミナーや書籍はなかなか存在しないのも事実。

そこで、様々な環境でOracle Databaseを利用されているお客様をご支援しているアシストが、最新のライセンスルールをわかりやすくご紹介します。
この機会にぜひご参加ください。

次回配信:2020年6月23日(火)14:00~14:50

お申込みはこちらから

Oracle Databaseでサーバ仮想化は最適解か?

~事例から見るOracle Engineered Systemsの活用ポイント~

物理サーバの集約率を高める手法としてクラウド化や仮想化が一般的ですが、Oracle Databaseの利用者にとっては少し事情が異なります。集約率とコスト、両面での最適解は、果たしてサーバ仮想化なのか?

本ウェビナーでは、データベース視点での仮想化環境の課題とOracle Database ApplianceやOracle Exadataのお客様事例からOracle Databaseライセンスの活用の実践法をご紹介します。

次回配信日が決まり次第こちらでご案内いたします。
ぜひ本ページをブックマークしてご活用ください。

◎次回配信のご案内をご希望の方は、こちらのフォームからお知らせください。
 Oracle Databaseに関するご相談/ご要望フォーム

"クラウド戦国時代"を生き抜くために

~Oracle Cloud採用を成功に導く4つのポイント~

各社クラウドサービスがそれぞれの強みを展開している今、まさに「クラウド戦国時代」。
もはや「どのクラウドでも同じ」ではなく、自社の要件に最適なクラウドを選択して活用する時代です。

本ウェビナーでは、大手クラウドとOracle Cloudの違いを中立的な視点からご紹介しながら、Oracle Cloudが最適なケースは何か?や、Oracle Cloudの使いこなし方をご紹介します。
クラウド、オンプレミスともにOracle Databaseでの豊富な実績を持つアシストでなければ聞けないTipsが満載です。

クラウドサービス検討中の方にも、すでにクラウド利用中の方にも楽しんでいただける50分間。
ぜひご参加ください。

次回配信:2020年5月26日(火)14:00~14:50

お申込みはこちらから

リソースを無駄なく効率的に活用!マルチテナントによるDB統合の勘所とは

複数のOracle Databaseを1つのインスタンスに集約できるマルチテナント機能。
Oracle Database Applianceなどのアプライアンス製品との相性も良く、 導入・活用の事例も増えてきています。

本ウェビナーでは、これまでのお客様支援を通して蓄積したマルチテナントの構成・ 運用のノウハウを余すことなくご紹介します。

次回配信:2020年6月2日(火)14:00~14:50

お申込みはこちら

Oracle DB SEユーザーのための、ワンランク上の性能監視

データ量やユーザー数の増加に伴い、頭を悩ませる性能問題。弊社サポートセンターにも多くのお客様からお問い合わせをいただきます。

本ウェビナーでは、Oracle Database性能診断ツールとして広く利用されている「Statspack」について、SEユーザーも知って得するワンランク上の活用方法と実際の運用での注意点をご紹介します。

次回配信:2020年6月9日(火)14:00~14:50

お申込みはこちら

なぜ、Oracle DB SEユーザーはODAを選択するのか? Oracle Cloud はOracle DB SEユーザーの選択肢となりえるのか?

Oracle Database専用アプライアンスOracle Database Appliance(ODA)。
Oracle Database ApplianceはOracle Database Enterprise Editionを低コストで利用することができ、Oracle Database Standard Editionからの移行がOracle Database Appliance採用ユーザーの約40%を占めています(アシスト調べ)。

本ウェビナーでは、検討が増えつつあるOracle Cloudにも焦点を当て、それぞれどのような観点で選択すべきか、事例も交えて考察します。

次回配信:2020年6月16日(火)14:00~14:50

お申込みはこちら


ウェビナー(オンデマンド配信)

視聴イメージ


これまでの常識が変わる! Oracle Database In-Memory【3】

これまでの常識が変わる! Oracle Database In-Memory【2】検証結果編

これまでの常識が変わる! Oracle Database In-Memory【1】入門編

SQLパフォーマンス・チューニング

Oracle Database 12c マルチテナント・データベースの真価

実践!Oracle Databaseパフォーマンス・チューニング

ここからはじめる、Oracle Database入門

Oracle Database 12c

Oracle Database Appliance

※ Oracle Database ApplianceのWebセミナーにつきましては、X3-2にて解説が行われています。
  ハードウェアやソフトウェア、ライセンス等につきましては随時更新が行われますので、
  Oracle Database Applianceのページもご参照下さい。

Oracle Enterprise Manager

バックアップ・リカバリ

講師紹介

株式会社アシスト 
データベース技術本部

Oracle Databaseの導入支援を行うフィールド・エンジニア。
教育部隊でSQLトレーニングの講師を勤めていた経験があり、SQLだけで3日は喋り続けることができる。
現在はOracle Database Applianceの関連支援を担当しながら、セミナー講師の活動を行なっている。

株式会社アシスト 
データベース技術本部

Oracle Databaseのフィールドエンジニアとしてデータベースの構築やサポート、セミナー講師を経験。
その後、構築ノウハウを体系化したDODAIフレームワークの整備に従事。現在はOracle Databaseを広く知っていただくようWEBセミナー作成や定例セミナー講師の活動を行っている。

Oracle Database研修

Oracle Databaseを導入されている方や、今後導入を検討されている方のために、入門レベルから上級レベルまで幅広い研修コースをご用意しています。

アシスト会場で開催する定期コース、日程や会場をお客様のご要望にあわせて開催するオンサイトコースのほか、テレワークや時短勤務でも無理なく受講可能なオンデマンド研修の3つの受講形態からから、お客様のご要件にあわせてお選びいただけます。

コース、受講形態、お申し込み方法は、こちらのページで詳しくご案内しています。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る