TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Database>セミナー

Oracle Database

Oracle Databaseは、高い性能と信頼性を誇る業界標準のRDBMS(リレーショナル・データベース管理システム)です。アシストでは1987年にOracle Databaseの取り扱いを開始し、35年以上に渡ってお客様のデータベース構築/運用を支援しています。

ウェビナー(ライブ配信)

これで安心!Oracle Databaseのクラウド移行で検討すべきポイントとは

Oracle Databaseのクラウド化。クラウドサービスの選定にあたっては何を根拠にどう選択すればいいのでしょうか。検討ご担当の方は、プロジェクトの中で選定の理由を明確に説明し、コンセンサスを得られるでしょうか。

本ウェビナーでは、エンタープライズシステムで重要なポイントについて、PaaS利用を前提にOracle CloudとAmason RDS for Oracleの違いを整理してご説明します。

・「可用性」
・「性能」
・「運用」
・「コスト」
・「セキュリティ」

自社のOracle Databaseに最適なクラウド選択の勘所を知りたい方は必見のウェビナーです!


このような方におすすめ

以下のような情報システム部門責任者の方、プロジェクト管理者の方に最適な内容です。
・現在Oracle Databaseを利用中で、クラウド移行を控えている
・Oracle Databaseのクラウド化にあたり、どのクラウドサービスが適切か調査検討している
・保有しているOracle Databaseライセンスの適正かつ効率的活用を検討している
・Oracle Database、およびOracle CloudやAWSの支援実績を数多く持つ、頼りになるパートナーを探している

参加された方のご感想(抜粋)

・OCIとAWSの違いがよく分かった。
・OracleにもAWSにも偏っておらず、比較した形式なので、全体像がつかみやすかった。
・ライセンスの考え方、クラウドで利用できるリソースが一覧化され、とても分かり易かった。
・Amazon RDSのコアライセンスの考え方がOCIと違う点やBYOLでも違う点が理解できた。

基幹データベースのクラウドリフトはExadata Cloudで実現する!

~エンタープライズシステムに最適なExadata Cloudを徹底解剖~

ミッションクリティカルシステムをクラウド化する企業が増えてきています。
しかし基幹系DBのクラウド化には性能や可用性、価格感、パッチ適用、NWレイテンシ、サービス提供者と利用者の責任範囲など、オンプレミスとの相違点を理解し、事前に検討・確認しておくべき点がいくつかあります。

本セッションでは「あらかじめ確認しておけばよかった」をなくすため、基幹系DBをExadata Cloudへ移行した豊富な経験を持つ講師がノウハウおよび検証結果を基にクラウドへリフト&シフトするための現実解をご紹介します。


このような方におすすめ

以下のような情報システム部門責任者の方、プロジェクト管理者の方に最適な内容です。
・ミッションクリティカルなデータベースのクラウド化を検討中の方
・現在オンプレミスでOracle Exadataを利用中で、クラウドシフトを検討中の方
・セキュリティ、性能、可用性など基幹システムに必須の要件を満たすクラウドサービスを検討している方
・Oracle Database、Oracle Exadataのクラウド移行の支援実績を数多く持つ、頼りになるパートナーを探している方

参加された方のご感想(抜粋)

・Exadata Cloudについて体系的に学べた。
・オンプレとの違いがわかりやすく説明されていた。
・OCI上での運用が理解できた。
・情報が整理されており、とても分かりやすかった。

いま知っておきたい、Oracle Cloudにまつわる“おカネ”の話

~Oracle Databaseをクラウドでも使い続けたい方必見!~

Oracle Databaseのクラウド化検討にあたり、次のような疑問はありませんか?
・Oracle Databaseを使い続けながらクラウドではTCOを削減したいけど、どうすればいい?
・Oracle Databaseをクラウド化した際のライセンスコストはどう考えればいい?
・最適なクラウドサービスを選択するためには何を判断基準にすればいい?

本ウェビナーでは、Oracle Cloudを検討中の方に向けてOracle Cloudの「おカネの話」をお伝えします。
Oracle Cloudの課金体系を分かりやすく解説し、ライセンスコストとクラウドサービス利用料金の両面からポイントをお伝えします。

Oracle Databaseのクラウド化をご検討中の方は必見のウェビナーです!


このような方におすすめ

以下のような情報システム部門責任者の方、プロジェクト管理者、データベース管理者の方
・現在Oracle Databaseを利用中で、クラウド移行を控えている
・Oracle Databaseのクラウド化にあたり、どのクラウドサービスが適切か調査検討している
・保有しているOracle Databaseライセンスの適正かつ効率的活用を検討している
・Oracle Database、およびOracle CloudやAWSの支援実績を数多く持つ、頼りになるパートナーを探している

参加された方のご感想(抜粋)

・テーマにつきとても分かりやすく説明いただけた。話も明瞭で聞きやすかった。
・OCIについて情報収集を始めたところであり、基礎的な内容から学べてよかった。
・コストに絞った内容で、勉強になった。
・OCIにおけるOracle Databaseのライセンス体系がわかりやすく説明されていた。
・体系立てて理解ができた。

Oracle Database SEユーザー必見! 次に選ぶべきデータベース基盤とは

Oracle Database Standard Edition(SE)は初期投資を抑えてシステム構築できることから、多くの企業で利用されています。しかし、ミッションクリティカルなシステムに必要な処理性能、可用性、セキュリティ、運用効率などの面で最適化しようとすると、利用可能な機能が制限されることから行き詰まることも出てきます。

本ウェビナーでは、SEユーザーの悩みどころや次に考えられる複数の選択肢を整理しながら、その中でアシストのお客様の多くが実際に選択しているオンプレミス基盤をご紹介します。


このような方におすすめ

以下のような情報システム部門責任者の方、プロジェクト管理者の方に最適な内容です。
・現在Oracle Database Standard Editionを利用中で、システム更改を控えている
・Oracle Database Standard Editionの次の選択肢を、オンプレミスを前提に検討している
・システム更改における基盤選定・設計・構築を最短で実現できる選択肢を検討している
・Oracle Databaseの支援実績を数多く持つ、頼りになるパートナーを探している

ウェビナー(オンデマンド配信)

誰でもわかるOracle Cloud

~Oracle Cloudとはなにか、図解や簡単な言葉でわかりやすく20分で解説~

今注目のOracle Cloudとは?初めての方にもサクッとポイントがわかるようにまとめた動画です。
Oracle Cloudがなぜ選ばれているか、事例も交え、その魅力も説明しています。
どうぞご活用ください。

視聴後のアンケートに回答いただけますと、セッション資料を進呈いたします。

このような方におすすめ

・これから初めてOracle Cloudを利用される方
・Oracle Cloudの採用をご検討中の方
・Oracle Database基盤のクラウドシフトをご検討中の方

視聴された方のご感想(抜粋)

・短時間でOracle Cloudの概要が理解できた。
・入門としてわかりやすかった。
・他社クラウドと比較した際のOracle Cloudのメリットがわかりやすかった。

クラウド時代のデータベースセキュリティ: 基本とクラウドならではのセキュリティ対策とは

企業の最重要な資産のひとつであるデータベースをクラウドに移行する際、セキュリティで押さえるべき基本とは?
以下のポイントを押さえながら、クラウドならではのセキュリティ対策の活用法をお伝えします。

・クラウドコンピューティングのサービスモデル(IaaS、PaaS、SaaS)の違いと責任分界点
・クラウド環境の堅牢性は何で示されるか
・クラウド環境ならではの脅威
・Oracle Cloudに備わるデータベースセキュリティ

データベースセキュリティの基本を理解したい方、これからOracle Databaseのクラウド化を検討される方など、セキュリティ対策を担当する方にオススメです!

視聴後のアンケートに回答いただけますと、セッション資料を進呈いたします。

このような方におすすめ

以下のような情報システム部門責任者の方、プロジェクト管理者の方
・企業のデータ保護を含むセキュリティ対策全般を担当している
・オンプレミスのデータ保護とクラウド上でのデータ保護の共有なところ、異なるところを知りたい
・Oracle Databaseのクラウド移行先として、堅牢で最適な基盤を探している

視聴された方のご感想(抜粋)

・クラウドだからセキュリティが必要というより、オンプレミスでもセキュリティを考慮する必要があることがよくわかった。
・要件のみで非常に短時間で参加しやすい
・データベースのセキュリティも状態遷移を考えるべきという新たな知見となった。
・Oracle Cloudにあまり触れたことがなく、このセミナーでいくつかの機能を知ることができた。
・多層防御の考え方を知れた。


Oracle Database研修

Oracle Databaseを導入されている方や、今後導入を検討されている方のために、入門レベルから上級レベルまで幅広い研修コースをご用意しています。

アシスト会場で開催する定期コース、日程や会場をお客様のご要望にあわせて開催するオンサイトコースのほか、テレワークや時短勤務でも無理なく受講可能なオンデマンド研修の3つの受講形態からから、お客様のご要件にあわせてお選びいただけます。

コース、受講形態、お申し込み方法は、こちらのページで詳しくご案内しています。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る