TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Vertica>製品情報

Vertica

Verticaは、エンタープライズDWHとしてだけではなく、全社的なビッグデータ分析基盤として活用できる次世代型データベースです。様々なユーザのデータ分析要望をその圧倒的なパフォーマンスとスケーラブルな構成、Vertica独自の分析機能で強力に支援します。

特長

圧倒的な検索パフォーマンスを支えるVerticaの特長
膨大なデータを迅速かつ確実に管理し、ビジネスにおけるより良い意思決定にリアルタイムで貢献するVertica。圧倒的な検索パフォーマンスを支える特長をご紹介します。

列指向

列指向データベースであるVerticaは、列単位で物理的にデータを格納し、必要な列のブロックだけを読み込むため、ディスクI/Oを劇的に削減します。また、列指向に最適化されたDBエンジンを搭載しており、汎用的なリレーショナルデータベースに比べ、クエリを50~1,000倍高速化します。

Verticaの列指向データベース


データ圧縮

データの属性に応じた最適な圧縮アルゴリズムにより、データを90%圧縮します。さらに、圧縮した状態で内部演算処理をするため、物理ストレージの使用容量を更に削減します。

Verticaのデータ圧縮


超並列アーキテクチャ

シェアードナッシング方式により、リニアな性能向上を実現します。また、すべてのノードが同じ役割を実行するため、ノードの拡張時にオーバーヘッドが発生しません。

Verticaの超並列アーキテクチャ


高可用性

Verticaは、3ノード以上の構成でレプリカを保持することができます。また、自動レプリケーションにより、障害が発生した場合でも、サービスをそのまま継続させることが可能です。

Verticaの高可用性


自動チューニング

対話形式のGUIツール(Database Designer (略記:DBD))を利用することで、データ圧縮や列の並び替えなど、検索に最適なデータ配置を短時間で自動的に行います。

Verticaの自動チューニング


高速データロード

Verticaにデータをロードする場合は、 SQLを書かずにそのままディスクに書き込むバルクロードを使用することで、大量データを高速にロードすることができます。

Verticaの高速データロード


標準的なSQLインターフェース

業界標準「SQL99」に準拠し、JDBC/ODBC/ADO.netの各ドライバに対応しているため、BIやETLなどの製品群との連携もスムーズです。

Verticaの標準的なSQLインターフェース


GUIベースの管理ツール

GUIベースの管理ツール(Management Console)の利用により、クラスターのリソース状況やデータベースの管理、アクセスが集中する時間帯やサーバ負荷が高い時間帯のドリルダウン、重いクエリの発見やピークタイムの傾向分析などが可能です。

VerticaのGUIベースの管理コンソール


ビッグデータ分析

半構造化データの取り込みやHadoopなどのデータレイクとの連携、豊富な分析関数や機械学習アルゴリズムによる高度な分析など、IoT/ビッグデータ時代の分析を超高速に実行します。

Verticaのビッグデータ分析



システム要件

サポートOS
(64-bitのみ)
Red Hat Enterprise Linux 6.5、6.6、6.7、6.8、7.0
SUSE Linux Enterprise Server 11.0 SP3
Oracle Enterprise Linux 6.7
※Red Hat Compatible Kernelのみサポート
※unbreakable kernel (kernels with a uel suffix)はサポート対象外
Debian Linux 7.6、7.7、8.5
Cent OS 6.5、6.6、6.7、6.8、7.0
Ubuntu 12.04 LTS、14.04 LTS
ファイルシステム ext4
※OS領域を含め、非LVM構成

ソリューション


Verticaを詳しく知りたいお客様へ

製品情報

Verticaの特長や機能をご紹介します。

システム要件

Verticaのシステム要件をご覧ください。

支援サービス

Verticaをご購入頂いた後のサービスも充実しています。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る