TOP>製品/サービス>課題から探す>BIシステムのリプレース

BIシステムのリプレース

従来のBI課題

システム開発/管理部門の課題

  • 複雑なデータ設計が必須
  • 性能はデータベースに依存し、パフォーマンス設計も必要

利用部門の課題

  • データを活用できるようにするまでのタイムラグが大きい
  • 高度なITスキルがないと使いこなせない

最適なBIツールの選定が必要

BIは導入目的によって適切なアーキテクチャと要件の重要度が変わります。

ビジネスディスカバリー
膨大なデータから答えを探索するための自由で高速な仕組み

重要度の高い要件

  • 事前に分析軸を決めなくてもよい
  • ユーザの思考が途切れない高速なレスポンス
  • ユーザがひらめいたタイミングで自由に分析軸を追加、変更
  • 様々な角度で分析するための【確定した】データ(非リアルタイム)
  • ユーザ部門主導の迅速な導入

オペレーショナルBI
「正しい」データを共有し、現場のアクションに役立つ仕組み

重要度の高い要件

  • トレーニングが不要で、社員の誰もが日常業務の一環でデータ活用
  • 社内にとどまらず、顧客やパートナーにもシステムを公開できる
  • 日常の業務用語を使った利用者にやさしいアプリケーション開発
  • ERPや業務システム、データウェアハウス・データマートなど幅広いデータソースへのアクセス
  • IT部門主導のデータを中心としたアプローチ

お客様それぞれに最適なカタチを提案する情報活用ソリューション

アシストは、40年にわたり、お客様の情報活用を支援してきました。
さまざまな業種/業態のお客様の情報活用の仕組み作りのお手伝いをするなかで培ったノウハウをぎっしり詰めたもの、それが「AEBIS」です。

お客様にとって最適な情報活用のカタチをご提案いたします。
ぜひ、お気軽にご相談ください。

活用事例

株式会社ファミリーマート

POSデータの情報分析システムを再構築!WebFOCUSのInfoAssistの非定型分析でコンビニエンスストアの店舗経営に活用。

丸美屋食品工業株式会社

膨大なデータ処理がわずか数秒で完了。扱えるデータが拡大し、経営・事業を側面から協力に支援。

関連製品/サービス

WebFOCUS

WebFOCUSは、社内外のユーザに情報を届け、情報活用を定着させるBIプラットフォームです。現場のビジネスユーザから経営者、顧客やパートナーまで、あらゆる人がいつでも、どこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる“オペレーショナルBI”をベースコンセプトに、ユーザが“使いやすい”情報活用環境を実現します。

  • 全社での情報活用を可能にする「オペレーショナルBI」
  • 社内外問わず誰もが簡単に使える操作性
  • さまざまな業種/業態での事例を公開中

詳細へ

QlikView

QlikViewは、大量データを簡単な操作で自由に分析できるインメモリBIツールです。従来のBIとまったく異なる革新的な分析ツールとして、世界中で注目を集めています。

  • 大量のデータから問題解決の糸口を見つける「発見型BI」
  • 独自の連想技術であらゆるデータを自由に分析
  • 今すぐ使えるフリーバージョンもダウンロード可能

詳細へ

お求めの情報は見つかりましたでしょうか

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

情報活用に関するその他の課題

ページの先頭へ戻る