TOP>企業情報>会社情報>沿革

沿革

1971年 システム開発(株)(東京都渋谷区、社長 永妻 寿)のソフトウェア・プロダクト部として発足、「ASI-ST」を販売開始
1972年 (株)アシスト(東京都港区西新橋)を創立し、汎用機用パッケージ・ソフトウェア販売の専門商社として活動を開始
1976年 情報検索/アプリケーション開発ツール「EASYTRIEVE」を販売開始
1978年 大阪営業所を開設
1981年 異業種ユーザの情報交換の場として「アシストサロン」を発足
エンドユーザ向けソフトウェア「FOCUS」を販売開始
1982年 名古屋営業所を開設
1985年 東京都港区虎ノ門に本社移転
1987年 データベース・ソフトウェア「Oracle」を販売開始
福岡営業所を開設
1989年 「アシストカルク」をはじめ、パソコン用ソフトウェアを販売開始
1990年 パソコン用ソフトウェア「優しい文具シリーズ」が1989年日経優秀製品サービス賞優秀賞を受賞
札幌営業所、広島営業所を開設
1991年 「経済界大賞異色企業賞」を受賞
「アシストカルク」が「EYECOMベストヒット大賞 年間総合第1位」を受賞
1994年 高速ソート・ユーティリティ「Syncsort」を販売開始
1996年 アシストユーザ会「ソリューション研究会」を発足
1997年 ビジネス・インテリジェンス・プラットフォーム「WebFOCUS」を販売開始
北陸営業所を開設
1998年 統合システム運用管理ツール「JP1」を販売開始
2001年 東北営業所を開設
2002年 Webコンテンツ・マネジメント・システム「NOREN」を販売開始
2005年 東京都千代田区九段北に本社移転
2006年 サービス事業部(本社)が情報セキュリティマネジメントシステムの認証規格ISO27001を取得
2007年 東京、大阪に続き、山口県宇部市に、第3のサポート・センターを開設
内部統制対応ソリューション「監査れポータル」の販売開始
データベース基盤ソリューション「DODAI」の提供開始
2008年 株式会社アシスト本舗を設立し、100%子会社となる
2009年 連想型高速インメモリBIプラットフォーム[QlikView」の提供開始
オープンソースのリレーショナル・データベース「PostgreSQL」の支援サービスを開始
2010年 アシストが考える情報活用の仕組みを「AEBIS~Ashisuto Enterprise BI Suite~」として体系化
運用ナレッジ連携ソリューションを「縁(ENISHI)」として体系化
2011年 Ericom社のデスクトップ仮想化製品「PowerTerm WebConnect」を販売開始
エンタープライズ・データベース「EDB Postgres Advanced Server」を販売開始
タブレット端末向け電子フォームシステム「e.Form」を販売開始
2012年 第4のサポート・センターを名古屋に開設
2013年 製品サポート業務に特化したグループ会社、「株式会社アシスト北海道」を設立
ビジネス・ルール管理システム「Progress Corticon」を販売開始
2014年 Webコンテンツ・マネジメント・サービスと関連サービスの提供に特化した「株式会社のれん」を設立
2015年 標的型攻撃対策「ダブルブラウザ・ソリューション 」の提供開始
高速分析用データベース「Vertica」の提供開始
セルフサービス型分析プラットフォーム「Qlik Sense」の提供開始

ページの先頭へ戻る