TOP>研修>研修コース一覧>AWS研修>Amazon RDS for Oracle 特化コース

Amazon RDS for Oracle 特化コース

Amazon RDS for Oracle 特化コース

AWSのデーターベースサービスであるAmazon RDS for Oracleに特化したコースです。
各種機能やオンプレミスのOracle DBとの違いを学ぶことができます。

受講形態 講義
日数 1日間
受講費 70,000円(税抜,請求書払)またはチケット7枚
お支払い チケットのご購入に関してはこちらをご確認ください。
請求書払いでのご受講に関しては、研修終了後に
請求書を発行しますので、銀行振込いただきます。
コース内容
1.Amazon RDS for Oracleの概要
2.高可用性
3.バックアップ・リカバリ
4.モニタリング
5.パラメータ変更(パラメータグループ)
6.オプション追加(オプショングループ)
7.メンテナンスタスク
8.スケーリング
9.バージョン概念とアップグレード
※本コースではAmazon RDS Custom for Oracle については扱いません
受講対象 ・これから Amazon RDS for Oracleを利用する方
・オンプレミスのOracle DBとの違いを知りたい方
受講前提 本コースは Cloud Practitioner Essentials およびOracle入門 を受講済み、もしくは下記の知識をお持ちの方を対象としております。
・分散システムの実務的知識
・一般的なネットワーキングの概念の知識
・多層アーキテクチャの実務的知識
・クラウドコンピューティングの基礎知識
・Oracle DBの基礎知識
受講後の
おすすめコース
その他AWSサービスの知識を習得したい人は >> AWS Architecting on AWS

研修に関するお問い合わせ

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

右のボタンまたは下記までお問い合わせください。
TEL:0120-874-337 FAX:0120-874-437
メール:educ@ashisuto.co.jp

ページの先頭へ戻る