TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Exadata Database Machine>製品情報

Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineは、あらゆるアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮する唯一のデータベース・マシンで、きわめて高速なトランザクションのレスポンス時間と高いスループットを実現します。

機能

脅威のパフォーマンスの秘密

システム性能のボトルネックになりやすい「I/O」を効率化し、データ活用における革新的な高速処理を実現します。

Exadata Storage Serverの革新的な技術

特別なチューニングは不要で、ハードウェア・リソースを最大限に有効活用します。

ボトルネックのないスケーラビリティ

CPUのボトルネックはデータベースグリッドでスケールアウトします。また、I/Oのボトルネックはストレージグリッドでスケールアウトすることが可能です。

  • サーバを並列稼働
  • 高い可用性
  • リニアなスケーラビリティ
  • 拡張性
  • ストレージを並列稼働
  • 高い耐障害性
  • 高いI/O性能
  • 拡張性/管理性

システムを安全に統合できるシステム・リソース調整機能

業務ごとに区切ってサーバ・リソース、ストレージ・リソースをそれぞれ割り当てることが可能です。

スペック情報

Oracle Exadata Database Machine X8 ラインナップ

1/8ラック、1/4ラック、1/2ラック、フルラックの4つの標準ラインナップから選択でき、さらに、1/4ラックをベースにDBサーバやストレージサーバを柔軟に増設できます。
また、オールフラッシュストレージを搭載したExtreme Flash(EF) Storage Serverを選択することで、OLTP、DWH、およびOLTPとDWHの両方の処理特性を持つMIXEDワークロードなどの様々なシステム特性と規模に合わせた柔軟な構成を組むことができます。

Oracle Exadata Database Machine X8-2 仕様サマリ

Eighth Rack
(1/8)
Quarter Rack
(1/4)
Half Rack
(1/2)
Full Rack
Exadata Database Machine サーバ台数 2 2 4 8
CPUコア数 48
(CoD最少16)※1
96
(CoD最少28)※1
192
(CoD最少56)※1
384
(CoD最少112)※1
実装メモリ(GB)
()内オプション装着時最大
768(1,536) 768(3,072) 1,536(6,144) 3,072(12,288)
InfiniBand スイッチ台数 2 2 2 2
Management Ethernet スイッチ台数 1 1 1 1
Exadata Storage Server ※2 サーバ台数 3 3 7 14
CPU コア数 48 96 224 448
Extreme Flash(EF) モデル デバイスサイズ ※3 Flash Cache 76.8 TB 153.6 TB 358.4 TB 716.8 TB
Disk - - - -
High Capacity(HC)モデル デバイスサイズ ※3 Flash Cache 38.4 TB 76.8 TB 179.2 TB 358.4 TB
Disk 252 TB 504 TB 1,176 TB 2,352 TB
  • 1 CoD(Capacity-on-Demand):搭載コアのうち有効コア数を制限することで、Oracle Databaseのライセンスコストを抑制できる機能。適宜コアの追加も可能。
  • 2 Exadata Storage Server は、EFモデルかHCモデルの選択になります。
  • 3 記載は標準構成、非多重化時の容量です。多重化時の実効容量はお問い合わせください。

価格

Oracle Exadata Database Machine Eighth Rack (HCモデル) ハードウェア参考価格:¥29,040,000 (税別)

  • 2019年8月時点の価格です。
  • 輸送費、Oracle Databaseライセンス/保守、構築費用などの諸経費が別途必要です。
  • 正確な費用については別途お問い合わせの上、正式なお見積もりが必要です。

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る