TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineは、あらゆるアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮する唯一のデータベース・マシンで、きわめて高速なトランザクションのレスポンス時間と高いスループットを実現します。

Oracle Exadata Database Machineとは

Oracle Exadata Database Machineは、業界標準のx86サーバとストレージ、InfiniBandスイッチに、大容量のメモリと低価格のディスクを搭載しOracle Databaseソフトウェアを組合せた事前構成済みのデータベース専用マシンです。

Oracle Exadata Machineでは、あらゆるアプリケーションの要件に対応できるよう、低価格でお求めやすい1/8ラックから、1/4ラック、1/2ラック、フルラックと4つのモデルから選択でき、さらに1/4サーバ構成をベースにDBサーバおよびストレージサーバを柔軟に増設可能となりました。これにより、要件の変化に応じて簡単に拡張することが可能です。

Oracle Exadata Database Machineの特長

Oracle Databaseに最適化されたOracle Exadata Storage Serverと高性能InfiniBandスイッチ、大容量のExadata Smart Flash Cacheで構成され、あらゆるデータベース・ワークロードに最速のパフォーマンスを発揮します。

システム性能のボトルネックになりやすい「I/O」を徹底的に効率化し、データ活用における革新的な高速処理を実現します。

導入効果

高速処理で、5時間→8分

パフォーマンスの向上で、処理時間が劇的に短縮され業務の効率化が実現できます。
これまで5時間程かかっていたバッチ処理が8分弱に短縮でき、最大1ヶ月かかっていたデータ抽出の作業が2~3時間で完了した事例もあります。

TCO削減で、15ラック→1ラック

サーバ台数、ラック数を大幅に削減することが可能で、DWH専用アプライアンス、情報系サーバ、DBサーバ、汎用機など15ラック相当を1ラックに統合した事例もあります。既存システムのOracle Database ライセンスを流用することも可能です。

リアルタイム分析

パフォーマンスの大幅向上により、従来は不可能だった勘定系データベースの直接参照や、複雑な横串の検索なども可能です。情報精度・鮮度が向上し、迅速な意思決定や顧客アプローチの高度化を実現します。

簡単運用

インデックスやデータマートが大幅に削減可能で、チューニング作業が不要になり、運用や開発コストを削減します。これまでのOracle Database のスキルで運用が可能なため、技術者の確保も容易です。

DODAI + Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineを詳しく知りたいお客様へ


Oracle Database 関連セミナー/イベントのご案内

アシストテクニカルフォーラム開催!

アシストの技術者が独自の視点で最新技術情報をお届けする「アシストテクニカルフォーラム」が今年も開催されます。
今年は特別講演に『2045年問題 コンピュータが人類を超える日』の著者 松田卓也氏を迎え「迫り来るシンギュラリティ」としてご講演いただくほか、データベース系セッションも目白押しです!
どのセッションも満席が予想されます。ぜひ早めにお申込みください。

先日米国サンフランシスコで開催されたOracle OpenWorld 2016で正式発表されたばかりのOracle Database 12c R2。その最新情報と独自の検証結果をご報告します。

【A-1】 Oracle DB 12c R2 最新技術~進化したOracle Database In-Memory~
【A-2】 Oracle DB 12c R2 最新技術~今後のスタンダード Oracle Multitenant~
【A-3】 Oracle DB 12c R2 最新技術~新たに実装されたSharding~

システム品質を高めるための情報を様々な切り口でお届けする「開発・テスト」トラックでは、Oracle DB 12c R2へのバージョンアップを題材にOracle RATをご紹介。また、テストでの本番データの利用を阻むセキュリティや時間の課題を解決するDelphixのご紹介もぜひ併せてご参加ください。

【B-5】 Oracle Real Application Testing~DBバージョンアップは怖くない~
【B-6】 Delphixによる圧倒的な生産性~生産性、品質を5倍に向上させる魔法~

「運用管理」のトラックでは、Oracle Cloud環境の監視をオープンソース監視ツールで実現する方法や、これまで2,000件以上のサポート対応を経験し、現在は重要なシステムのトラブルを中心に対応する現役のサポートエンジニアがV$ビューを使った調査手法をご紹介します。

【D-1】 ZabbixによるOracle Cloud環境の監視の実現
【D-3】 DBA必見!V$ビューの活用方法!~転ばぬ先の杖 トラブル発生に備えて~


ハンズオンセミナー

「処理速度が100倍速くなり、”業務の常識を変える!”」と言われているOracle Database In-Memory。その速さを実感できるセミナーです。インメモリの設定からパフォーマンスの測定まで、一連の操作をハンズオン形式で体験することで、処理が何倍速くなるのか、導入検討時のポイントは何かなど、インメモリの世界がより深く理解できます。
ハンズオン環境にはOracle Cloud上のDBインスタンスを使用します。Oracle Cloudの活用もイメージいただける内容です。

開催日程とお申込み


効率的かつ効果的なテストを可能にするRAT(Real Application Testing)。
バージョンアップやパッチ適用後のSQL性能劣化を事前に発見することで、本番切り替え後のトラブルを未然に防ぐことが可能です。

本セミナーでは、Oracle Cloud × RATで、バージョンアップテストが簡単に実施できることを体感いただきます。参加者ひとりに Oracle Database 11gとOracle Database12cの2つのインスタンスとEnterprise Manager用のインスタンスをご用意し、11gから12cへのバージョンアップを想定したSQL単体テストを行っていただきます。RATの利用でテスト効率がどの程度向上するかを是非体感してださい。

開催日程とお申込み


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る