TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース>Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineは、あらゆるアプリケーションで優れたパフォーマンスを発揮する唯一のデータベース・マシンで、きわめて高速なトランザクションのレスポンス時間と高いスループットを実現します。

Oracle Exadata Database Machineとは

Oracle Exadata Database Machineは、業界標準のx86サーバとストレージ、InfiniBandスイッチなどのハードウェアと、DB性能のボトルネックになりやすいI/Oを効率化するExadata専用ストレージソフトウェア、Oracle Databaseソフトウェアを組合せた事前構成済みのデータベース専用マシンです。

Oracle Exadata Database Machineでは、あらゆるアプリケーションの要件に対応できるよう、低価格でお求めやすい1/8ラックから、1/4ラック、1/2ラック、フルラックと4つのモデルから選択でき、さらに1/4ラック構成をベースにDBサーバおよびストレージサーバを柔軟に増設可能となりました。これにより、要件の変化に応じて簡単に拡張することが可能です。

Oracle Exadata Database Machineの特長

Oracle Databaseに最適化されたOracle Exadata Storage Serverには、大容量のExadata Smart Flash Cach が搭載され、Oracle Exadata System Softwareによって「I/O」が徹底的に効率化されています。

更に、InfiniBandにより、サーバとストレージ間を高速、広帯域なストレージネットワークで接続しています。そのため、あらゆるデータベース・ワークロードに最速のパフォーマンスを発揮します。

導入効果

高速処理で、5時間→8分

パフォーマンスの向上で、処理時間が劇的に短縮され業務の効率化が実現できます。
これまで5時間程かかっていたバッチ処理が8分弱に短縮でき、最大1ヶ月かかっていたデータ抽出の作業が2~3時間で完了した事例もあります。

TCO削減で、15ラック→1ラック

サーバ台数、ラック数を大幅に削減することが可能で、DWH専用アプライアンス、情報系サーバ、DBサーバ、汎用機など15ラック相当を1ラックに統合した事例もあります。既存システムのOracle Database ライセンスを流用することも可能です。

リアルタイム分析

パフォーマンスの大幅向上により、従来は不可能だった勘定系データベースの直接参照や、複雑な横串の検索なども可能です。情報精度・鮮度が向上し、迅速な意思決定や顧客アプローチの高度化を実現します。

簡単運用

インデックスやデータマートが大幅に削減可能で、チューニング作業が不要になり、運用や開発コストを削減します。これまでのOracle Database のスキルで運用が可能なため、技術者の確保も容易です。

DODAI + Oracle Exadata Database Machine

Oracle Exadata Database Machineを詳しく知りたいお客様へ


お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る