TOP>研修>研修コース一覧>WebFOCUS研修

WebFOCUS研修

WebFOCUSは、あらゆるユーザがいつでもどこでも、必要な情報をリアルタイムに活用できる環境を提供するためのBIプラットフォームです。
弊社ではWebFOCUSのアプリケーション開発者向けのコースをご用意しており、どのコースも実践性を重視した実習形式の研修となっております。
WebFOCUSを効率的にご活用いただくため、弊社WebFOCUS研修を是非ご利用ください。

対応バージョン

2018年4月まで:WebFOCUS 8.1.05
2018年5月以降:WebFOCUS 8.2.01

コース体系改訂のお知らせ

2018年5月開催分より、最新バージョンWebFOCUS 8.2.01の対応とあわせて、コース体系も改訂いたします。
開発系のコースは、内容を厳選し合計5日間から合計4日間のコースに集約します。
管理系のコースは、研修ではご紹介しきれなかった現場技術者の経験を集約し、管理者の方が実務に合わせていつでも参照できる1冊の「運用管理ガイド」にまとめ、技術支援とあわせてご提供する形に変更します。

WebFOCUS受講モデル

WebFOCUS研修 コース一覧 (2018年4月まで:WebFOCUS 8.1.05対応)

コース名 形式 日数 チケット 開催会場
WebFOCUSアプリケーション開発 入門 実習 1日 4枚 東京(市ヶ谷)、大阪
3枚 名古屋、福岡、札幌(サテライト)
WebFOCUSアプリケーション開発 応用 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、大阪
6枚 名古屋、福岡、札幌(サテライト)
WebFOCUSアプリケーション開発 実践 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)
6枚 名古屋、大阪(サテライト)
WebFOCUSサーバ管理 実習 1日 4枚 東京(市ヶ谷)
3枚 名古屋、大阪(サテライト)

WebFOCUS研修 コース一覧(2018年5月以降:WebFOCUS 8.2.01対応)

コース名 形式 日数 チケット 開催会場
WebFOCUSアプリケーション開発 入門 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、大阪
6枚 名古屋、福岡、札幌(サテライト)
WebFOCUSアプリケーション開発 応用 実習 2日 8枚 東京(市ヶ谷)、大阪
6枚 名古屋、福岡、札幌(サテライト)

WebFOCUS研修で学べること(2018年5月以降:WebFOCUS 8.2.01対応)

WebFOCUS研修は入門コース、応用コースの二段階で無理なくステップアップできます。
WebFOCUSでアプリケーションを開発するすべての方に、入門と応用の両コースのご受講をお勧めしています。

WebFOCUS研修コース内容

WebFOCUSアプリケーション開発 入門 WebFOCUSアプリケーション開発 応用
基本機能、基本操作 内容 実際の開発で必要になる機能やノウハウ
機能の使い方を題材にした実習
例:一時項目の機能を使用する
実習の題材 実際のユーザー要件を題材にした実習
例:年の値を年度の値(4月始まり)に変換する
四則演算と、集計値、平均値、最大値などの計算 演算 さまざまな関数を使用した演算
条件値の選択画面と、結果画面で構成される
アプリケーション
画面構成 エラーハンドリングや条件分岐のある
アプリケーション
GUIで作成可能なアプリケーション 作成方法 一部コマンドを使用したアプリケーション
・データベース接続
 (データアダプタ、シノニムの作成)
・レポート作成の基本
 (プロシジャの作成、並び替えと集計の指定、
 選択条件、Excel出力)
・複数テーブルの検索(JOIN)
・計算式の作成
 (平均、最大値等の計算、四則演算)
・ドリルダウン
・グラフ
・Webページ
実施内容の例 ・関数
 (文字列の加工、数値演算、日付演算、条件分岐)
・中間ファイルの作成(HOLD)
・データを加工する機能(APPEND、MATCHなど)
・ガイデッドアプリ
・変数の制御(-SET、システム変数、_FOC_NULL)
・エラーハンドリング
・レスポンス低下を防ぐコツ
・デバッグ(&ECHO、SQLトレース)


ページの先頭へ戻る