TOP>セミナー/イベント>開催報告>ワークスタイル変革を支えるITソリューション

ワークスタイル変革を支えるITソリューション

株式会社電算システム 
主任
小川 陽祐 様

ワークスタイル変革セミナー資料ダウンロード

ダウンロードいただき、回覧の際などにお役立てください。

電算システムにおける G Suite を駆使した働き方

私の所属しているクラウドインテグレーション事業部には約50名が在籍しておりますが、全員が G Suite と Chromebook™ をフル活用しています。私は営業職ですから、基本的に社外が仕事場です。社内関係者とコミュニケーションを取る必要がある場合は、 社外から ハングアウト を使ってビデオ会議をしながら、ドライブ で提案書や見積書を共有するといったように、オフィスに帰らずに仕事ができています。

速い、安い、安全な Chromebook

Chromebook は基本的には利用できるのはブラウザのみです。Webベースのアプリや一部のAndroid™ アプリを Google Play™ からインストールすることもできますが、 G Suite はブラウザさえあれば利用できます。
弊社が独自に実施した Chromebook の導入企業約100社に対する調査では、今後 Chromebook を外出、出張、そして在宅勤務用で使おうとおよそ半数の企業さんが考えていらっしゃいます。

Chromebook はインターネットにつながれば使える、セキュリティもしっかりしている、というデバイスですので、社外用の端末として期待が高いことがうかがえます。

Chromebook の特徴は「速い」「安い」「安全」です。

<Chromebook の特徴:起動が速い>
まず Chromebook は起動が速く、開くと約7秒でChrome OS™ が起動します。これであれば移動中のスキマ時間も活用し易いのではないでしょうか。

<Chromebook の特徴:価格が安い>
Chromebook 本体は約4万円程度。管理用ライセンスをつけても合わせて約6万円です。
Windowsの場合は、端末本体、Windows OS、Officeのライセンス、業務用アプリケーション、アンチウィルス等のセキュリティソフト、資産管理ツールやMDM等、ADやWSUS等の管理サーバ、積み上げていくと端末1台あたり軽く10万円は超えてしまいます。

<Chromebook の特徴:安全>
Chromebook は次のような特徴で安全に使うことができます。

・Chrome OSは自動更新されるので、常に最新のセキュリティパッチがあたった状態で利用できます。
・普通のプログラムはインストールできないので、マルウェア感染リスクを抑えられます。
・Chromeブラウザ自体がタブ単位でサンドボックス化されているため、他のタブに影響を及ぼしません。
・OSのコードレベルで改ざんが加えられたとしても、起動時に改ざんを検知し、改ざんされていないバージョンを起動
 します。Chromebook の内部ストレージ領域は暗号化されており、ドライブを抜き取って他の端末で読み出すことも
 できません。ユーザがアクセスサイトのドメインを評価し、フィッシングサイトの危険がある場合は注意喚起してく
 れます。

便利で強力な Chrome管理コンソール

Chromebook の管理は Chrome 管理コンソール で行います。200項目以上の管理項目を駆使してクラウド上から Chromebook を一元管理できます。例えば、 Chromebook を紛失した場合、 Chrome 管理コンソールから端末を無効化すれば、 Chromebook はロックされ、一切使えなくなります。キッティングも1台ずつやる必要はありません。例えば、営業部の Chromebook で接続するWi-Fiのアクセスポイントを Chrome管理コンソール で指定すれば、対象の Chromebook 全てがそれ以外のWi-Fiにはアクセスできなくなります。

Chromebook の弱点を補完するEricom AccessNow

このような特徴を備えた Chromebook ですが、Web以外のWindowsアプリケーションは利用できません。そこでアシストさんが提供しているEricom AccessNowを利用します。AccessNowを使えば Chromebook からWindowsアプリケーションを利用できるようになります。WindowsにリモートアクセスするときにはRDP(リモート・デスクトップ・プロトコル)を利用しますが、AccessNowはこのRDPをHTML5に変換することができます。HTML5はブラウザで読むことができますので、Chromebook でも使えるという仕組みです。AccessNowを使うには Chromebook 側にインターネットや設定が一切不要なので、既に Chromebook を導入済みでもすぐに使い始めることができます。

こちらのサイトから皆さんのブラウザからでも今すぐWindowsのデスクトップとアプリケーションが使えることを確かめていただけます。

Chromebook とEricom AccessNowの事例

・経理系企業様
こちらのお客様は某鉄道グループの経理業務を引き受けられています。必要な情報への社内外からのアクセス、社内会議のペーパーレス化の課題に対し、弊社から G Suite 、Chromebook 、AccessNowをご提案し、ご導入いただきました。経理業務を行う関係上、社内ではデスクトップ型パソコンを使用しているため、以前は会議でExcelシートを大量に印刷していましたが、現在は会議室に常備された共有の Chromebook から ドライブ のドキュメント参照や、自席のWindowsパソコンにAccessNow経由でリモートアクセスしてExcelを操作するといったことが可能になりました。

・某IT企業様
こちらのIT企業様では、モバイルワーカーや客先で常駐をする社員の方向けに Chromebook を導入いただきました。以前はWindowsのノートパソコンからRDPで社内のサーバデスクトップ環境につなげて社内システムを利用していましたが、画面の反応が遅く使いづらいという課題がありました。また、常駐先で貸与されているパソコンからデータを一切残すことなく社内システムにアクセスしたいというご要望がありました。そこで、端末にデータを残さないシンクライアントとして利用できる Chromebook と、Chromebook から社内Windows環境に快適にアクセスするためAccessNowを採用いただきました。今後、Chromebook を800台規模に拡大する計画もお持ちです。

Chromebook の無償貸出、AccessNow体験のお知らせ

電算システムでは Chromebook をご検討中のお客様に Chromebook の評価機を2週間無償でお貸し出ししています。 Chromebook からAccessNowのデモサイトも合わせて利用できますので、お問い合わせお待ちしております。

本セッションでご紹介した製品についての問い合わせ先

株式会社電算システム クラウドインテグレーション事業部
URL:https://www.dsk-cloud.com/service/chromebook/index.html
TEL:03-3206-1778 Mail:ci-inquiry@densan-s.co.jp

開催報告のPDF版ダウンロード

ワークスタイル変革セミナー資料ダウンロード

ダウンロードいただき、回覧の際などにお役立てください。

本セミナーのその他のセッション

AccessNowの詳細が知りたい方へ、資料プレゼント中!

本セミナーで紹介された、クライアント仮想化製品「Ericom AccessNow」の関連資料を無料でダウンロードいただけます。
AccessNowの事例集をはじめ、Ericom製品の概要・機能・構成・事例などが網羅的に紹介された資料、3つの導入規模別にまとめた価格/システム構成資料、標的型攻撃対策「ダブルブラウザソリューション」の紹介資料など、多数ご用意しています。
貴社のご検討状況に合わせて、お気軽にお申し込みください。

関連コラム

ChromeBookからAccessNowを使ってWindowsを利用するメリットについて詳細をご紹介します。

ページの先頭へ戻る