TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>データベース仮想化>Delphix>セミナー

Delphix

Delphixは、本番データベースの過去から現在に至る任意のタイミングのデータを瞬時に生成し、開発/テスト/品質保証/マイグレーション/レポーティングなど様々な目的で利用できるデータベース仮想化ソリューションです。

Delphixハンズオンセミナー

Delphixが体感できる無料ハンズオンセミナー実施中

「Delphixってどんなもの?」「『簡単に』『瞬時に』って言っても実際は?」というお客様にDelphixを実際に体感いただけるよう、アシストがオリジナルで用意したOracle Databaseを使ったハンズオンセミナーです。

本番データの開発・テスト・情報活用での利用など、今までは考えられなかったことを実現するDelphix。その操作を実際に行ってみることで、活用イメージやアイデアが具体化します。

ぜひ実際に触れて、その簡単さ、便利さを実感してください。

プログラムの内容


Delphixハンズオンセミナー セッション1

Delphixの基本的な機能(Provision、Rewind/Restore、Refresh)と用語についての説明、ならびにハンズオンセミナーについての概要と環境についてご説明します。

Delphixハンズオンセミナー セッション2

Delphixを使った開発環境作成の工程を確認します。Oracle Databaseの機能(Recovery Manager)とDelphixの機能(Provision)を使った場合の環境作成工程を比較します。また、Delphixを使用してインフラ担当者による開発者への環境の引き渡し、開発者自身によるデータ巻き戻しポイントの保存を実際に体験します。

Delphixハンズオンセミナー セッション3

データを任意の時点に巻き戻す操作を実施します。プログラム改修を行う際に繰り返しデータを戻す作業が発生しますが、Oracle Databaseの機能(Export/Import)とDelphixの機能(Rewind/Restore)の作業工程を比較し、開発者自身でデータを巻き戻す操作を体験します。

Delphixハンズオンセミナー セッション4

本番環境のデータをもとに開発環境を作成する際、データのマスキングを行うケースがあります。Delphixのマスキング機能を使って実際に開発環境のデータがマスキングされることを確認します。

Delphixハンズオンセミナー セッション5

本番DBで発生した障害をすばやく復旧させたり、原因を調査するためにDelphixを活用できます。実際に発生した障害への対処も含め、活用例をご紹介します。

Delphixハンズオンセミナー Q&A

  • 前提条件 : Oracle Databaseの操作、運用経験のある方(必須)、Linuxの基本操作ができる方(必須)

開催概要

アシスト本社(市ヶ谷)の地図

  ■開催日時:
   1218日(火)        
    13:30-17:30(受付開始:13:00

  ■主  催:
   株式会社アシスト

  ■参加費用:
   無料 (事前登録制)

  ■会  場:
   株式会社アシスト本社
   102-8109 東京都千代田区九段北4-2-1
         市ヶ谷東急ビル

  ■アクセス: 
   都営地下鉄新宿線、東京メトロ有楽町線・南北線市ヶ谷駅A4出口より徒歩約1分
   JR総武線市ヶ谷駅」より徒歩約4分

  ■お問い合わせ:
   株式会社アシスト セミナー事務局
   TEL:03-5276-3653


開催日を選択してお申し込み

Delphixハンズオンセミナー9月12日(水)

Delphixハンズオンセミナー10月10日(水)

Delphixハンズオンセミナー11月14日(水)

Delphixハンズオンセミナー12月18日(火))


イベント/セミナー開催報告

Delphixをご紹介したセミナー/イベントの開催報告や記事をご覧いただけます。

データ・プラットフォームの改革で年間の開発費5億円、ストレージコスト10億円の削減に成功

2018/5/25 日経xTECH「超高速開発&エンタープライズアジャイル 2018」

2018年5月25日開催の日経xTECH主催「超高速開発&エンタープライズアジャイル 2018」にて、「4年間で急成長の米国医療サービスを支える超高速開発基盤とは」と題した講演を行いました。

米国モリーナ・ヘルスケア社で2011年から2017年まで6年間CIO(最高情報責任者)を努めたリック・ホプファー氏が来日、同社に破壊的変革をもたらしたソリューションとその驚くべきROIを発表しました。

◎詳しい開催報告はこちら

データ活用の「攻め」と「守り」の摩擦解消がビジネススピードを加速する

2018/3/16 ガートナー主催「ガートナー エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2018」

2018年3月15日、16日開催のガートナー・ジャパン主催「ガートナー エンタープライズ・アプリケーション戦略&アプリケーション・アーキテクチャ サミット 2018」にて、「ダイナミック・データ・プラットフォームがこれからのデジタル変革を支える」と題した講演を行いました。

多くの企業がデータの「攻め」と「守り」のジレンマに悩まされ、積極的なデータ活用を推し進められずにいます。そのジレンマの解消のヒント、またその解消がもたらすビジネス効果をご紹介しました。

◎詳しい開催報告はこちら

テストデータをすぐに用意し、開発の手戻りを減らして迅速なリリースを支援

2017/12/6 アイティメディア主催「AI/IoT時代のソフトウェア開発~ITとOTの出会う場所~」

2017/12/6開催のアイティメディア主催「AI/IoT時代のソフトウェア開発~ITとOTの出会う場所~」にて、「素早く価値を届けるために ~Delphixによるテストデータ・マネジメント~」と題した講演を行いました。

プロジェクトが遅れる大きな要因のひとつである『手戻り』をいかに減らすかが工期やコストを削減するポイント。Delphixの活用で「テストデータマネジメント」の観点で『手戻り』の課題を解決する方法についてご紹介しました。

◎詳しい開催報告はこちら (アイティメディア社サイトへ移動します)

さらば ダミーデータ!超高速開発を実現するテストデータ活用

2017/11/29 アシストテクニカルフォーラム2017

2017/11/29開催の「アシストテクニカルフォーラム2017」にて、「さらば ダミーデータ!超高速開発を実現するテストデータ活用」と題した講演を行いました。

本番データをセキュアな状態で高速に複製することができるDelphix。従来の複製方法との比較や、実例に基づく活用例を紹介し、Delphixがどのように、これまで膨大な時間・コストをかけていたテストデータ準備の課題全てを解決するかをご紹介しました。

◎アシストテクニカルフォーラム「開発・テスト」トラックの開催報告はこちら

「Time to Market」短縮のシンプルな解は、適切なテストデータマネジメントにあり

2017/9/1 日経SYSTEMS/日経コンピュータ主催「Enterprise Development Conference」

2017/9/1開催の日経SYSTEMS/日経コンピュータ主催「Enterprise Development Conference」にて、「テストデータを変えるだけでシステム全体の品質が向上!開発プロジェクトに革新をもたらすシンプルな解とは」と題した講演を行いました。

Delphixを導入し、アプリケーションのリリースサイクルを月次から日次へと大幅に短縮することで、モバイルアプリからのチケット購入を30%向上させたオンラインチケットサービス企業の例を交えながら、Delphixがどのように「Time to Market」の短縮を実現するかについてご紹介しました。

◎詳しい開催報告はこちら (日経BP社サイトへ移動します)

アプリケーションリリースサイクルを短縮化し、市場に素早く価値を届けるための最後の鍵とは

2017/5/22 日経コンピュータ主催「超高速開発&エンタープライズアジャイル」

2017/5/22開催の日経コンピュータ主催「超高速開発&エンタープライズアジャイル」にて、「素早く価値を届けるために ~Delphixによるテストデータ・マネジメント~」と題した講演を行いました。

ソフトウェアのデリバリプロセスを短縮するために唯一手付かずで残されてきたボトルネックを、Delphixがどのように解決するかをご紹介しました。

◎詳しい開催報告はこちら

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る