TOP>在庫・物流・ロジスティクス

在庫・物流・ロジスティクス

在庫・物流・ロジスティクス

在庫・物流・ロジスティクス

在庫や物流などのロジスティクス分野では、増え続けるデータのうち利活用されているデータの割合が低く、データを活用した改善やイノベーションが期待されています。
複雑化するロジスティクスの課題を解決するには、集積されたデータを複合的に可視化することでQCDバランスを最適化し、データドリブンなアプローチで改善や強化を推進できます。



在庫・物流・ロジスティクスの
BIツールの活用シーン


在庫分析

在庫分析
拡大して開く
入出庫をリアルに可視化し物流品質を向上

入出庫状況をリアルタイムに確認して、納期遵守率を向上。
在庫管理を自動化することで、棚卸業務を効率化できます。

~BIツール活用のメリット~
・各倉庫の在庫をリモートで瞬時に確認し、適正在庫を実現
・現在庫と適正在庫の相関をチャートで確認し、在庫超過/在庫不足を軽減

ユーザー部門主導でグローバルSCMの実現をした事例はコチラ

予算進捗管理

予算進捗管理
拡大して開く
売上までの進捗を見える化し改善ポイントをピックアップ

生産計画数や受注状況、納期遵守率、廃棄率など、入庫から出庫までのプロセスを一覧で確認できます。
稼働状況や原価、納期がチャートでわかりやすく表現されるため、詳細まで確認することができます。

~BIツール活用のメリット~
・「保管料」「作業料」「荷役料」を一元的に可視化することで現場意識を向上
・計画どおりであるかデータに基づいて正確に把握し、物流品質を向上

倉庫から取得したデータを時系列で比較し、業務効率化や判断の高度化を実現した事例はコチラ

トレーサビリティ

トレーサビリティ
拡大して開く
製品/工場/倉庫/出荷先/輸送手段など様々な視点から追跡

製品・工場・倉庫・出荷先に関するデータを一元管理することで、
様々な視点からトレースが可能に。
ステータス管理もできるため、サポート品質を向上します。

~BIツール活用のメリット~
・輸出入の経路を地図データと照らし合わせて確認したり、
 地図上で選択したデータをドリルダウンで明細まで確認
・出荷先の実績管理だけでなく、不良品の追跡や影響範囲の確認も容易




在庫・物流・ロジスティクスの
BIツールの活用事例

「在庫・物流・ロジスティクス」の、データの可視化/業務改善のお客様事例です。
 BIツールでビジネス課題をどのように解決されたのかをご紹介します。

川崎汽船株式会社

導入から15年間進化を続けたWebFOCUS システム。
現在も社内標準のBI基盤として徹底活用。

導入のポイント
1.全社の情報活用基盤として社内に浸透
2.社内/社外(顧客向け)に最新情報をタイムリーに提供
3.定型検索から汎用検索まで幅広くニーズをカバー


川崎近海汽船株式会社

基幹システムのリプレースを機に情報活用基盤を整備。
WebFOCUS DataSpider でスピーディな情報分析に活用。

導入のポイント
1.業務の変更やユーザからのリクエストに迅速に対応できる情報活用基盤を構築
2.異なるシステム間のデータ連携により、データの見える化を実現
3.ユーザ自身がデータを情報として活用できる環境を整備


長崎自動車株式会社

路線バスの乗降データを可視化!
運賃改定シミュレーションやKPI測定で、地域密着型のバス運行を支える

導入のポイント
1.運行統計レポートを月次から日次へ。ウェブから参照して迅速にKPIを測定(WebFOCUS
2.1便単位の乗降データから顧客動向を把握。路線分析や運賃シミュレーションでデータ分析(QlikView
3.オープン化で分散したデータをつなぐ連携基盤を構築。分析データの集約と加工にも活用(DataSpider


日本特殊陶業株式会社

ユーザー部門主導でグローバルSCMの実現へ!
データの自由度とスピード感を向上させたQlikView

導入のポイント
1.ユーザー部門が主導して、グローバルなSCMシステムを開発
2.手作業を自動化することで毎月2.5日かかっていた処理が半日となり、精度も向上
3.データを自由に・瞬時に見える化。会議での要望にその場で柔軟に対応でき、説得力が向上


浜松倉庫株式会社

視点を「点」から「線」へ
念願だった時系列データの分析をQlik Sense で実現

導入のポイント
1.専門知識がないユーザーでも、スピーディーで直感的なデータ分析を実現
2.サービスのクオリティをデータで裏付け、営業力を強化
3.分析レポートの作成工数を削減し、分析作業そのものに注力できるようにリソースをシフト



BIツールはどうやって選べばいい?
資料をダウンロード





そのほかのBIツール活用シーンを見る



このページで紹介したBIツールはこちら



ページの先頭へ戻る