TOP>製品/サービス>カテゴリから探す>クラウド基盤>Oracle Cloud>支援サービス>コラム

Oracle Cloud

コラム

メディア掲載記事

世界初の自律型DBをアシストが独自の切り口で検証しました。その結果が様々なメディアに掲載されています。

ITR White Paper『自律化へと向かうデータベース管理 ~高度化が期待される今後のDBAの役割とは~』

Oracle Autonomous Databaseの自動チューニング vs 人間による性能チューニング。どちらが高性能をたたき出せるか実際に比べてみた

アシストが自律型DB「Oracle Autonomous Data Warehouse Cloud」を検証

高機能なPaaSを“手間なし”で使える自律型クラウドサービス「Oracle Autonomous Cloud Platform」のインパクト

世界初の自律型データベースの実力は?現役DBエンジニアがチューニング対決で検証

オラクルが自律型クラウドでAWS対抗、自動化で懸念されるパートナーの反発

Oracle Cloud徹底比較!ーアシストからの提言

これらの検証結果の発表後、アシストではこの自律型DBを観察しつづけました。
半年間で自律型DBは、どの程度「成長」したのか、ぜひアシストテクニカルフォーラムでご確認ください。


技術コラム

アシストのデータベース・エバンジェリストが執筆する技術コラムです。Oracle Cloudの最新情報はダウンロード資料でも提供しています。ぜひご活用ください。


Oracle OpenWorld 2017視察記

世界最大規模のITイベントOracle OpenWorld 2017が10月1日~5日で開催された。
例年通りOracle OpenWorldの開催期間中の会場付近はOracle社のコーポレートカラーである赤で埋め尽くされ、全世界から約6万人が参加し、アシストからも筆者を含めた技術6名、営業3名の計9名で参加した。
今年のテーマは『Your Tomorrow, Today』で、CloudからAI、チャットボットに至るまで最新のテクノロジーを取り揃えてきたOracle社の『未来に対するイノベーションを行うのは今日から』というメッセージがKeyNoteやセッションなど随所で伝わってきた。

Oracle Cloudの可能性

GoogleのEric Schmidtによってクラウドという言葉が生み出されてから、間もなく10年になります。最近はクラウドファーストの方針を採用する企業が増え、傍流か ら主流へとクラウドの役割が変化しています。本稿では、最後発のパブリッククラウドとして国内で本格展開が始まったOracle Cloudに焦点をあて、その特長と可能性について考察します。

早分かり!Oracle Database Cloud Service入門 Vol.2

Oracle Database Cloud Serviceは、Oracle Databaseの環境を数クリックでクラウド上に構築できるPlatform as a Service(PaaS)です。リリース以来様々なアップデートが行われており、今ではReal Application ClustersやData Guardといった定番の高可用性構成を簡単に構築できるようになりました。

早分かり!Oracle Database Cloud Service入門 Vol.1

Oracle Database Cloud Service は、Oracle Databaseの環境を数クリックでクラウド上に構築できるPlatform as a Service(PaaS)です。Oracle Cloudの中でも非常に注目度が高く、国内での利用例も続々と誕生しています。今回はそんなOracle Database Cloud Serviceについて、クラウド初心者の方にも分かりやすく解説します。
(全2回)

お求めの情報は見つかりましたでしょうか。

資料請求/お問い合わせはこちら(専門の担当者が確認し、ご対応します。)

お客様の状況に合わせて詳しい情報をお届けできます。お気軽にご相談ください。

ページの先頭へ戻る