TOP>アシストテクニカルフォーラム2017

アシストテクニカルフォーラム2017

アシストテクニカルフォーラム2017

市場の変化を素早くチャンスに変えるには。
現場でビジネスチャンスを生み出せる情報システム構築/運用のエッセンスを
特別講演と7つのテーマの技術セッションでお伝えします。


ご来場いただき、誠にありがとうございました。


特別講演と7つのテーマの技術セッション

特別講演

駒澤大学経済学部准教授 井上 智洋 氏

慶應義塾大学環境情報学部卒業、早稲田大学大学院経済学研究科博士課程単位取得退学。2015年4月から現職。博士(経済学)。専門はマクロ経済学。最近は人工知能が経済に与える影響について論じることが多い。AI社会論研究会共同発起人。著書に『新しいJavaの教科書』『人工知能と経済の未来』『ヘリコプターマネー』などがある。


人工知能が未来の経済をどのように変えるのかについてお話しします。

2030年頃に「汎用人工知能」の開発のめどが立つと言われています。
汎用人工知能は、人間の脳と同じように様々な知的振る舞いをこなすことのできる人工知能です。

もしそうであれば、2030年以降多くの仕事が急速に機械にとって代わられるようになります。
それでも残る仕事はあるのでしょうか?どんな仕事が残りやすいでしょうか?

他方、経済理論に基づいて分析すると、汎用人工知能を導入した国では経済成長率が絶えず上昇し続けます。
つまり「雇用なき爆発的な経済成長」がもたらされるのです。

なぜ、そんなことが起きるのでしょうか? 
その時どのような社会制度が必要となるのでしょうか?
分かりやすく丁寧にご説明したいと思います。


7つのテーマの技術セッション

さらに特別講演だけでなく、情報システムに関わる7つのテーマ、「最新技術」「BI/BA」「データベース」「開発・テスト」「セキュリティ」「運用管理」「ビッグデータ」から、最新情報が学べる技術セッションをお選びいただけます。

1.最新技術

今の潮流を踏まえた「デジタル・マーケティング」と究極のセキュリティ対策の一手「インターネット分離」。現場ですぐに役立つ具体的な活用方法や最新技術が学べます。

  • 【A-1】社内リソースを最大限に活かせ!デジタルマーケティングを成功に導く極意
  • 【A-2】インターネット分離にもう一つの選択肢 Ericomが新製品発表!

2.BI/BA

ビジネスに価値ある創造性をもたらすビジネスインテリジェンス(BI)とビジネスアナリティクス(BA)。目的に合った最適な情報活用の形が学べます。

  • 【B-1】ユーザ参加型BIで現場が変わる! データドリブンな意思決定を支えるBIとは?
  • 【B-2】データ活用を極める!Qlik Sense最新情報に学ぶBIトレンドの今!

3.Database

企業を支える情報システムの中核であるデータベース。Oracle Database取扱開始から30年以上の支援実績を持つ「データベースのアシスト」から、独自の検証結果と最新技術が学べます。

  • 【C-1】続・徹底比較!Oracle Cloud
  • 【C-2】オンプレミスの到達点!世界最速データベース「Exadata」の実力
  • 【C-3】実演!Oracle Multitenantはこう使う!!
  • 【C-4】マルチクラウドでDBaaSを実現するEDB Arkとは!?

4.開発・テスト

開発、テスト工程で期待できるシステムの品質向上や業務の効率化。自動化、高速化、データ連携や最新技術を駆使した実現方法が学べます。

  • 【D-1】マルチデバイス時代を支えるアプリケーションデリバリとは!?~テスト自動化のこれからを考える~
  • 【D-2】さらば ダミーデータ!超高速開発を実現するテストデータ活用
  • 【D-3】究極の業務効率化に向けて~RPA×推論型AI連携~
  • 【D-4】Salesforceにkintone! 更にはSAP! データをつないで最大活用!

5.セキュリティ

IT活用が進む中多様化するセキュリティ対策。今の脅威はどこにあるのか、それぞれの切り口から見直すべき課題と対策が学べます。

  • 【E-1】セキュリティを支えるEricom それを支える技術
  • 【E-2】シンクラだけじゃない!テレワーク導入のためのセキュリティ対策のコツ
  • 【E-3】ハイブリッドIT時代における『特権アクセス管理』のトレンド
  • 【E-4】統合ログ管理メーカが作ったSIEMを触ってみた! ~Logstorage-X/SIEM検証レポート~

6.運用管理

日々のシステム運用業務に役立つツールの活用方法と、これからの技術進歩の潮流、押さえておきたい考慮ポイントが学べます。

  • 【F-1】サポートのトップエンジニアが語る ワンランク上のStatspack 活用術!
  • 【F-2】Zabbixを上手に使いこなすために必要な10のポイント
  • 【F-3】そしてJP1はヒトになる!? ~JP1にAIのテクノロジーは取り込んでいけるのか~
  • 【F-4】コンテナ型仮想化のこれから。 ~どのように運用管理していくべきか~

7.ビッグデータ

クラウド、IoT、ビッグデータ時代の多様化する要件に応える実践的な方法を学べます。

  • 【G-1】本邦初公開!クラウドデータアクセスの最新事例
  • 【G-2】日本でも続々採用!データレイクの実践! ~スモールスタートから成功させるデータ処理開発~
  • 【G-3】ビッグデータ時代を勝ち抜く!Paxataを基盤としたデータ活用術
  • 【G-4】IoT×機械学習でリアルタイム予測!データベースでここまでできる

日時、主催、会場、セミナー資料について

虎ノ門ヒルズの地図
虎ノ門ヒルズの地図

日時 2017年11月29日(水) 13:00~18:00(受付開始 12:30)
主催 株式会社アシスト、株式会社のれん(アシスト100%子会社)
参加費 無料
会場 虎ノ門ヒルズフォーラム (会場受付5F)

<住所>
〒105-6305 東京都港区虎ノ門1-23-3 虎ノ門ヒルズ森タワー
<会場アクセス>
銀座線「虎ノ門駅」1番出口 徒歩約5分
日比谷線「神谷町駅」3番出口 徒歩約6分
三田線「内幸町駅」A3番出口 徒歩約8分
東京メトロ/都営地下鉄/ゆりかもめ/山手線/京浜東北線/東海道線/横須賀線 「新橋駅」烏森口出口 徒歩約11分

●セミナー資料について

アシストテクニカルフォーラムでは環境に配慮し、紙媒体でのセッション資料配布をいたしませんので、ご理解、ご協力をお願いします。各セッションの資料は、開催後に公開予定です。

昨年の「アシストテクニカルフォーラム2016」開催報告/ダイジェスト

昨年11月16日に開催された「アシストテクニカルフォーラム2016」には900名を越えるお客様にご来場いただきました。特別講演では『2045年問題 コンピュータが人類を超える日』『人類を超えるAIは日本から生まれる』の著者、松田卓也氏をお迎えし、「迫り来るシンギュラリティと人類の未来」をご講演いただきました。この特別講演や5つのテーマ「最新技術」「開発・テスト」「セキュリティ」「運用管理」「情報活用」、29セッションの内容については、以下ダイジェスト版よりご覧ください。

97%のお客様が「大変満足」「満足」




ページの先頭へ戻る